必殺仕事人DVDコレクション

HOME > 必殺仕事人DVDコレクション > 最新号・バックナンバー

「必殺仕事人DVDコレクション」第46号

必殺仕事人DVDコレクション第46号

画像を拡大

発売中

商品概要

  • 新 必殺仕事人 第50話 主水金魚の世話する 他

  • 号数:第46号
  • 発売日:2017-01-31発売
  • 通常価格:本体1,666円+税
  • お気に入りリストに追加
46

作品を紐解く

新 必殺仕事人 第50話 主水金魚の世話する
【作品を紐解く】もはや芸術品、上見が基本の金魚

金魚すくいの店を始めた加代は、田子清三郎・おまき夫婦にみすぼらしい金魚を売りつけた。ところが2人が大事に育てた甲斐あってか、金魚は美しく成長する。その評判を聞きつけたのが、金魚づくり一筋の安蔵。安蔵は情婦のおつやと配下の信吉とともに、金魚の品定め会でライバルになりそうな金魚を殺しており、田子夫婦の金魚「羽衣」にも目をつける。


新 必殺仕事人 第51話 主水ビックリする
【作品を紐解く】次期将軍が控えた、江戸城「西の丸」

江戸の町医者、林緑斉・数馬親子は腕もよく、薬代も安いとあって連日患者が列をなしていた。そこへ丹波屋の娘・お春も診察に訪れる。お春は胸を患い、1年前から西の丸奥医師・佐伯道庵に診てもらっていたが、一向に病状がよくならないという。それもそのはず、道庵が処方する薬には中毒性の高い麻薬が使われていたのだ。


新 必殺仕事人 第52話 主水つゆ仕度する
【作品を紐解く】江戸っ子の梅雨時“マストアイテム”

ある日勇次のもとへ、旅先のおりくから三味線が飛脚便で届く。調べると中に四両の金と、品川宿の女郎・はまからの仕事の依頼が隠されていた。さっそく勇次が主水らへ繋ぎをとると、主水ははまに覚えがあるという。先ごろ主水は偶然、洲崎弁天町の女郎・はまが情人と女郎宿を抜け出すのを見かけたが、直後に男は殺され、はまも行方不明になっていた。

次号(第47号)から新シリーズに突入!

必殺仕事人Ⅲ、スタート
在庫無し
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 『隔週刊 必殺仕事人DVDコレクション』 特設ページへ


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑