必殺仕事人DVDコレクション

HOME > 必殺仕事人DVDコレクション > 最新号・バックナンバー

「必殺仕事人DVDコレクション」第38号

必殺仕事人DVDコレクション第38号

画像を拡大

発売中

商品概要

  • 新 必殺仕事人 第26話 主水仮病休みする 他

  • 号数:第38号
  • 発売日:2016-10-11発売
  • 通常価格:本体1,666円+税
  • お気に入りリストに追加
38

作品を紐解く

新 必殺仕事人 第26話 主水仮病休みする
【作品を紐解く】禁を犯しても入手したい、鯉の効能

将軍に献上された真鯉が飼われている不忍池で、鯉泥棒が出現。しかし同心たちは夜の見張りもむなしく、犯人を捕まえられずにいた。実は同心・島本と池番役人・支倉が犯人で、島本が他の同心を誘導した隙に盗みをくり返していたのだ。鯉は労咳に効くとされ、高値で売られていた。そんなある日、しじみ売りの少年・太市が島本らの犯行現場を目撃してしまう。


新 必殺仕事人 第27話 主水出張する
【作品を紐解く】西廻り航路で栄えた酒田

ある日、主水は同僚の恩地の家に招かれた。恩地には寝たきりの妻・日輪がいるが、最近世話をする者がいなくなったため奉行所の仕事にも精が出せないでいるという。同情した主水は、恩地に何でも屋の加代を紹介する。しかしまだ問題があった。恩地は跡取りがいないため、親戚筋の須藤信之丞を養子にするよう、本家の井川将監に強要されていたのだ。


新 必殺仕事人 第28話 主水弁解する
【作品を紐解く】装身具や薬に。珊瑚は貴重な輸入品

夜廻り中に珊瑚の簪を拾った主水は、6年前に召し取った女盗賊・お絹を思い出す。お絹はその後刑期を務め上げ、息子の清太郎と一緒に秀と同じ長屋で暮らしていた。過去を知らない秀はお絹母子を気にかけ、何くれとなく面倒を見る。その頃主水は浪人の連続自殺の探索を加代に命じていた。浮かび上がった札差・上総屋の正体は、お絹につながる盗賊だった。

江戸の仕事人たち

半襟屋 〜はんえりや〜
在庫無し
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 『隔週刊 必殺仕事人DVDコレクション』 特設ページへ


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑