HOME > F1マシンコレクション > コレクション一覧

コレクション一覧

各画像はクリックすると拡大します。

本誌号数 内容

第11号

トールマンTG184
ロリー・バーン設計のTG184は、ダブル・ウイングによるダウンフォースとグラウンドエフェクトを重視したデザインで、ハートの1.5リッター直列4気筒エンジンを搭載した。

第12号

ホンダRA300
RA273からの大きな変更点は、ジョン・サーティースのビジネス・パートナーであるエリック・ブロードレイが製作した新しいアルミニウム製モノコック・シャーシだった。

第13号

ロータス97T
シンプルかつ精巧な空力方式を採用したロータス97Tは、効率のいい走行性を発揮し、ポルトガルとベルギーではセナが優勝を飾った。

第14号

マクラーレンMP4-14
1997年にマクラーレンに移籍したデザイナーのエイドリアン・ニューウェイは、1998年のMP4-13を始めとして、機能的なデザインと輝かしい実績で魔術師と呼ばれた。

第15号

フェラーリ126 C2
ハーベイ・ポスルスウェイトは1982年、フェラーリのF1史上では初めてとなるモノコック・シャーシの126 C2を設計した。

第16号

マクラーレンM23
ゴードン・コパックがインディカー・シリーズ用のM16をベースに設計。1973年に世界選手権デビューした。

第17号

ウイリアムズFW11B
パトリック・ヘッドがシャーシのサイズとフォルムを重視して設計し、シーズンを席巻したシングルシーター。

第18号

メルセデスF1 W05 ハイブリッド
パトリック・ヘッドがシャーシのサイズとフォルムを重視して設計し、シーズンを席巻したシングルシーター。

第19号

マクラーレンMP4/8
フォード・コスワース製エンジンを搭載したマクラーレンMP4/8の特長は、ニール・オートレイにより高められた空力効率だった。

第20号

ルノーR25
リヤ周りをタイトにし、空力効率を最大化できるコンパクトで強力な、ルノー製V10エンジン(バンク角72度)を搭載していた。
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み



Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑