作って学ぶモデリングガイド テンプレート一覧

立体物を出力するために必要な3Dデータ。
専用ソフトを使って3Dデータを作る方法を、実際にデータ作りをしながら学びます。
基本操作から始めて、操作に慣れながら少しずつステップアップしていきます。
作業するためのテンプレートデータも提供するので、初心者でも始められます。
操作手順は、専用ウェブサイトの動画で確認することもできます。

まずはソフトウェアをダウンロード!


Idboxドライバー

『idbox!』をパソコンについないで使用するには、『idbox!』に接続するのに必要な「idbox! ドライバー」と、『idbox!』に印刷(出力)の命令を出すための「Repetier-idbox」の2つのソフトが必要です。idbox! ドライバー、Repetier-idboxの順にダウンロードして、インストールしましょう(Macはドライバー不要です)。

[対応OS]

・Windows 10/8.1/8/7
※ いずれも32ビット版/64ビット版の日本語版
※Windows RT はサポートしていません

[ハードウェア環境]

・CPU: Intel Pentium 4 または AMD Athlon デュアルコア3.0GHz以上のCPU
・メモリ:2GB以上(4GB推奨)
・ディスプレイ: 1024×768 True Color(1600×1050 以上推奨)

ドライバーソフトのダウンロードはこちら
インストール方法

Repetier-idbox

[対応OS]

・Windows 10/8.1/8/7
※ いずれも32ビット版/64ビット版の日本語版
※Microsoft .NET Framework 4以上を搭載
※Windows RT はサポートしていません

・Mac OS X 10.8.5以上

Repetier-idbox Windows版

Repetier-idbox Mac版
インストール方法

idboxファームウエアのダウンロード

<<ファームウエア変更前に必ずお読みください>>
弊社ではソフトウエアのカスタマイズをご希望のお客様向けに、『idbox!』ファームウエアを開示しておりますが、変更はお客様の自己責任でお願いいたします。
ファームウエア変更に関するご質問、また変更によって生じた不具合のサポートは、弊社サポートセンターではお受けできませんので予めご了承ください。


idbox!のファームウェアはGPL v3ライセンスで公開しています。
GPL v3 https://www.gnu.org/licenses/gpl.html
非公式日本語訳 https://www.ipa.go.jp/files/000028332.html

idboxファームウエアのダウンロード

サンプル素材のダウンロード&解説ムービー

素材ダウンロード解説ムービー
第55号

小さなRobiを作ろう(5)

最終回は、Robi(ロビ)の脚を作成します。脚は全部で5つのパーツで構成されています。脚が作成できたら、これまで作成していなかった反対側の腕や脚のパーツを作成し、最後にパーツ全体を組み上げればRobiの完成です。

小さなRobiを作ろう(5)1/2
小さなRobiを作ろう(5)2/2

小さなRobiを作ろう(5)

第54号

小さなRobiを作ろう(4)

Robi(ロビ)の腕を構成するパーツを作成します。数が多いですが、じっくりと進めていきましょう。作成するのは右腕のみです。左腕はミラーコピーで作成してください。完成図は右腕のパーツを組み上げた図ですが、組み合わせは最終回に行うことにします。

小さなRobiを作ろう(4)1/2
小さなRobiを作ろう(4)2/2

小さなRobiを作ろう(4)

『idbox!』で出力しよう!

55号でついに『idbox!』が完成し、これまでモデリングしてきたオブジェクトを出力できるようになります。今号では実際に出力する方法を、基本的な流れに沿って紹介します。
※出力ソフト「Repetier-idbox」は55号発売時に本ページで紹介予定です。

第53号

小さなRobiを作ろう(3)

前回までで、Robi(ロビ)の頭部が完成しました。今回は胴体と首の作成をしていきます。胴体は胸と腰の2パーツ、それに首のパーツの合計3パーツで構成されています。作成するものが多いですが、がんばって作っていきましょう。

小さなRobiを作ろう(3)1/3
小さなRobiを作ろう(3)2/3
小さなRobiを作ろう(3)3/3

小さなRobiを作ろう(3)

第52号

小さなRobiを作ろう(2)

前号では、Robi(ロビ)の頭部の中心部分を作成しました。今回はこの中心部分に、耳や目、口、額といった部分の形状を作成していきます。側頭部の形状を作り込んだら、最後に胴体を取り付けるときの穴を作成してRobiの頭部の完成です。

小さなRobiを作ろう(2)1/2
小さなRobiを作ろう(2)2/2

小さなRobiを作ろう(2)

第51号

小さなRobiを作ろう(1)

5回に渡り、123D Designを使ってRobi(ロビ)のモデリングにチャレンジします。クレーン車のときと同様、パーツに分けて作成していき、最終的に組み合わせましょう。まずは頭部を2回に分けて作成します。

小さなRobiを作ろう(1)

第50号

2頭身キャラのフィギュア(5)

前号までで、頭部から体、さらに服などがほぼ完成しました。今号は頭部と胴体をつなげて一体化したあとに、髪の毛のモデリングをしていきます。最後に全体のバランスを調整し、フィギュアを完成させます。

2頭身キャラのフィギュア(5)

第49号

2頭身キャラのフィギュア(4)

前号までで、頭部を含む上半身がほぼ完成しました。今号では、脚の作成と服の造形を行い、髪の毛を除く部分を完成に近づけていきます。腰から脚部を伸ばすように作成して脚を作成し、その後、服装を造形していきましょう。

2頭身キャラのフィギュア(4)

2頭身キャラのフィギュア(4)

第48号

2頭身キャラのフィギュア(3)

耳や目、口などを作成し頭部を完成させます。また、腕や指を含む胴体を作成して、上半身のおおよその部分を完成させます。指などの造形が細かく、2頭身のバランスが案外難しいかもしれませんが、ここまでできるとかなり雰囲気が出てきます。

2頭身キャラのフィギュア(3)

2頭身キャラのフィギュア(3)

第47号

2頭身キャラのフィギュア(2)

前回作成した輪郭を使って、目や耳などを除く頭部全体にメッシュをはっていきます。 基本的には面をひたすらはる作業が中心です。細かいところが合うかよりも、全体的な面の流れと形ができているかどうかに注意をはらうようにしましょう。

2頭身キャラのフィギュア(2)

第46号

2頭身キャラのフィギュア(1)

5回に渡り、Blenderを使ってフィギュアのモデリングにチャレンジします。特殊なテクニックは使用しませんが、手数は多くなります。第1回目は、顔のモデリングに必要な輪郭線を、頂点と辺で作成していきます。

2頭身キャラのフィギュア(1)

2頭身キャラのフィギュア(1)

第45号

複数のパーツでできたクレーン車(4)

クレーン車にタイヤやフックなどを取り付けて完成させます。クレーンのフックはアームの先端を参照しながら作成しますが、タイヤは別ファイルで作成し、あとでクレーン車本体に挿入します。

複数のパーツでできたクレーン車(4)1/2
複数のパーツでできたクレーン車(4)2/2

複数のパーツでできたクレーン車(4)

第44号

複数のパーツでできたクレーン車(3)

今回は、クレーン車のアームを作成します。形状的には比較的簡単ですが、3つのパーツのはめ合わせや、車両本体の取り付け部分などに気をつけて作成しましょう。

複数のパーツでできたクレーン車(3)1/2
複数のパーツでできたクレーン車(3)2/2

複数のパーツでできたクレーン車(3)

第43号

複数のパーツでできたクレーン車(2)

今回は、前回作成したベースとなるパーツの上で稼働する、運転席やクレーンを取り付ける部分をモデリングします。複数のパーツの位置関係は重要なので、操作中に意図せずにほかの場所に動かしてしまわないよう、注意しましょう。

複数のパーツでできたクレーン車(2)1/2
複数のパーツでできたクレーン車(2)2/2

複数のパーツでできたクレーン車(2)

第42号

複数のパーツでできたクレーン車(1)

今回から、4回にわたって123D Designでクレーン車を作ります。これまで、2つ程度のパーツを組み合わせたモデリングはしてきましたが、今回は、もう少し多くのパーツを組み合わせたものを作成します。第1回は、クレーン車のベースを作成します。

複数のパーツでできたクレーン車(1)

第41号

犬のフィギュア(3)

最終回は、犬の胴体のモデリングです。全体のバランスを考えながら、モデリングを進めましょう。細かい部分をスカルプティングで仕上げ、毛並みも付けてみます。

犬のフィギュア(3)

第40号

犬のフィギュア(2)

犬の頭部のモデリングを完成させます。鼻の部分の形の完成から、額より後ろ、耳などを作成するほか、別オブジェクトとして目を作成します。さらに、今回は面の反転方法などの面の修正方法についても学びます。

犬のフィギュア(2)

第39号

犬のフィギュア(1)

今回から3回にわたり、Blenderで犬のモデリングに挑戦します。ポリゴンを犬の形に貼っていき、必要に応じて細かな造形にスカルプティングを利用します。第1回は、犬の目と鼻の周囲の顔の造形を行います。

犬のフィギュア(1)

第38号

Nゲージ用鉄道模型車両(5)

いよいよNゲージ用の鉄道模型車両のモデリングの最終回です。大きな形状のモデリングはなく、比較的細かな造形を行って車両の形を整えていきます。使用するスキルも特別なものはないので、じっくりとモデリングを進めてください。

Nゲージ用鉄道模型車両(5)

第37号

Nゲージ用鉄道模型車両(4)

電車の正面と背面の形状を作成したあとに、Mirrorコマンドを使って反対側の造形を行って、車両の基本形状の仕上げを行います。使用するテクニックとしては、特に難しいものはありませんが、細かいスケッチが続きます。

Nゲージ用鉄道模型車両(4)

第36号

Nゲージ用鉄道模型車両(3)

乗務員用のドアと、乗客用および乗務員室の窓を作成します。乗務員用のドアは、前回作成した乗客用のドアの断面を利用して作成し、窓は穴で表現します。

Nゲージ用鉄道模型車両(3)

第35号

Nゲージ用鉄道模型車両(2)

電車の側面に乗客が乗り降りするための乗降用のドアを作成します。ドアの造形は、基本的には側面との段差をつけることで、また、窓は貫通する穴で表現することにします。

Nゲージ用鉄道模型車両(2)

第34号

Nゲージ用鉄道模型車両(1)

数回に分けてNゲージ用の鉄道模型車両を作ります。1回目は車両の基本形状の造形です。必要なスケッチを作成し、おおまかな形状の造形を行い、中を抜くところまでを解説します。

Nゲージ用鉄道模型車両(1)

第33号

カッター付きのマスキングテープホルダー

123D Designによるモデリングに戻ります。まずは復習がてら比較的簡単にモデリングができるマスキングテープホルダーを作りましょう。単純なスケッチと押し出し、シェルなどを用いて基本形状を作るほか、パターンも活用していきます。

カッター付きのマスキングテープホルダー

第32号

首から下げるペンホルダー

胸ポケットのない服を着ているときにも、ペンを首から下げて持ち歩けるペンホルダーを作ります。まず板状のポリゴンで形を作ってから厚みを付け、本体の形を完成させます。最後に穴をあければ完成です。

首から下げるペンホルダー

首から下げるペンホルダー

第31号

ツリー型のリングホルダー

リングやちょっとしたストラップをぶら下げたり、トレーに置いたりして使えるリングホルダーを作ります。今回は新たに、テキスト機能を利用して文字を入れてみます。

ツリー型のリングホルダー

第30号

カメの形をした植木鉢カバー

植木鉢を入れて飾れる、カメの形をした植木鉢カバーを作ります。ポリゴンの編集で大まかな形を整えた上で、細分割曲面の適用やスカルプティングでの模様付けを行います。

カメの形をした植木鉢カバー1/2
カメの形をした植木鉢カバー2/2

カメの形をした植木鉢カバー

第29号

自動車の形をしたUSBスタンド

今まで、ある程度感覚的なモデリングを中心に行ってきました。今回は、それに加え、ショートカットと数値のキー入力を意識して、自動車の形をしたUSBを収納するスタンドを作ります。

自動車の形をしたUSBスタンド

第28号

骨型のコードホルダー

イヤホンなどのコードが絡まないようにするために使うのがコードホルダーです。犬が遊ぶオモチャの骨のような形のコードホルダーを作ります。比較的単純な形状なので、下絵を使わずに自分の自由な感覚で形状を作りましょう。

骨型のコードホルダー

第27号

葉っぱの形をした小物トレー

葉をモチーフにした小物トレーを作ります。頂点の編集や細分割曲面、そしてスカルプティングで仕上げます。サイズを変えれば、印鑑やキーホルダー、アクセサリー置きなど、いろいろな用途で使えます。

葉っぱの形をした小物トレー

第26号

ネコのティーバッグホルダー

ネコの形をしたティーバッグホルダーを作ります。使用後はティーバッグを置く小皿代わりにもなる便利なアイテムです。ネコの頭と両手は、プリミティブとその変形で作成します。

ネコのティーバッグホルダー1/2
ネコのティーバッグホルダー2/2

ネコのティーバッグホルダー

第25号

かわいいアヒルのスマホスタンド

デフォルメした愛きょうのあるアヒルを題材に、その形を利用したスマホスタンドを作ります。目と羽の部分は、スカルプティングで形を作ってみましょう。

かわいいアヒルのスマホスタンド

第24号

ワイングラスを利用したランプシェード

ランプシェードを作成します。小ぶりのワイングラスとLEDライトを組み合わせることで、オリジナルランプができあがります。

ワイングラスを利用したランプシェード

ワイングラスを利用したランプシェード

第23号

デザイン性に優れた椅子

デンマークの建築家・デザイナー ヤコブセンの椅子をモチーフにした作品を作ります。デザインが優れていて、モデリングの練習の題材として作成していても楽しいものです。

デザイン性に優れた椅子1/2
デザイン性に優れた椅子2/2

デザイン性に優れた椅子

第22号

柔らかな形状をもつイルカ(2)

前回に引き続き、イルカをモデリングします。作成したボディーに、ヒレを付け、目を入れれば完成です。頂点や辺の位置の調整は感覚的なものなので、自分なりのイルカが完成します。

柔らかな形状をもつイルカ(2)1/2
柔らかな形状をもつイルカ(2)2/2

柔らかな形状をもつイルカ(2)

第21号

柔らかな形状をもつイルカ(1)

基本となるポリゴンをベースにそれを増やしたり変更したりしながら、2回に分けてイルカのモデリングをします。左右対称のモデリングを行い、ヒレの周りのポリゴンの流れを意識しながら、動物のような柔らかな有機的な形状を形作っていきます。

柔らかな形状をもつイルカ(1)1/2
柔らかな形状をもつイルカ(1)2/2

柔らかな形状をもつイルカ(1)

第20号

下絵をもとに作成する剣

西洋の剣を作成します。左右対称の形状をした剣は、ミラーコマンドを使うことで効率的にモデリングできます。今回は下絵を読み込み、それをもとにしてモデリングを進めていきます。

下絵をもとに作成する剣1/3
下絵をもとに作成する剣2/3
下絵をもとに作成する剣3/3

下絵をもとに作成する剣

第19号

曲面に厚みを付けたワイングラス

ワイングラスのような曲面のあるものは、開いたポリゴンで形を整えてから、そこに厚みを付けるようにします。今回は、3Dプリンターでの出力も意識して単位の設定もしてみましょう。

曲面に厚みを付けたワイングラス1/2
曲面に厚みを付けたワイングラス2/2

曲面に厚みを付けたワイングラス

第18号

ポリゴンで作るシルクハット

シルクハットを作ります。比較的シンプルで、同じ手順を繰り返して作成していきます。ポリゴンでモデリングをしていくうえで大事なことを学びましょう。便利なキーボードショートカットも利用します。

ポリゴンで作るシルクハット

ポリゴンで作るシルクハット

第17号

デフォルメした猫の顔

今回から3D CGソフトであるBlenderを使ったモデリングを学習していきます。まずは簡単な猫の顔のモデリングにチャレンジしてみましょう。ちょっと下がふくらんだ顔にするなど、3D CGならではの操作を実感してください。

デフォルメした猫の顔1/2
デフォルメした猫の顔2/2

デフォルメした猫の顔

第16号

Nゲージのジオラマの家

鉄道模型でよく使われているNゲージに合わせた模型の家を作ります。一般的な形状の家であれば、ほとんどの場合には、Extrude(押し出し)コマンドで形を作ることができます。

Nゲージのジオラマの家1/3
Nゲージのジオラマの家2/3
Nゲージのジオラマの家3/3

Nゲージのジオラマの家

第15号

文字入りのブタの貯金箱

新規のコマンドText(テキスト)を利用して、文字入りのブタの貯金箱を作ります。Shell(シェル)コマンドで中をくり抜いたり、Revolve(回転)コマンドで形を整えたりし、貯金箱の形に添って文字を配置してみましょう。

文字入りのブタの貯金箱1/3
文字入りのブタの貯金箱2/3
文字入りのブタの貯金箱3/3

文字入りのブタの貯金箱

第14号

かわいいクマのクッキー抜き型

クマの形をした、クッキーの抜き型を作ります。単にクマの型で抜くだけでなく、表情をつけられる押し型も作ります。Mirror(ミラー)、Shell(シェル)、Press Pull(プレス/プル)などで形を整えていきましょう。

かわいいクマのクッキー抜き型1/2
かわいいクマのクッキー抜き型2/2

かわいいクマのクッキー抜き型

第13号

メッシュ模様の小物2点

規則的なメッシュの模様を利用したバスケットとブレスレットを作ります。規則性のある模様は、パターンを使うことで比較的簡単に作成することができます。

メッシュ模様の小物2点1/2
メッシュ模様の小物2点2/2

メッシュ模様の小物2点

第12号

背もたれのある椅子

前回作成した丸テーブルと一緒に使える椅子を作ります。新しく任意の線に沿って立体をコピーするPath Pattern(パス パターン)を利用します。

背もたれのある椅子1/2
背もたれのある椅子2/2

背もたれのある椅子

第11号

パーツを組み上げて作る丸テーブル

丸テーブルを作ります。テーブルを構成するパーツをいったんバラバラに作成してから、それをSnap(スナップ)コマンドやMove(移動)コマンドを使用して組み上げていきます。

パーツを組み上げて作る丸テーブル1/2
パーツを組み上げて作る丸テーブル2/2

パーツを組み上げて作る丸テーブル

第10号

組み立て式の携帯ハンガー

中央と左右が分離し、必要なときにはめ込んで使える携帯用のハンガーを作ります。折りたたみの機構などは特に組み込んでいないので、初心者でも比較的容易にモデリングが可能です。

組み立て式の携帯ハンガー1/2
組み立て式の携帯ハンガー2/2

組み立て式の携帯ハンガー

第9号

回転とくり抜きで作るティーポット

基本的な形が決まっていて比較的作りやすい形状なのがティーポットです。このティーポットを題材に、スケッチから立体を起こす操作を学びます。

回転とくり抜きで作るティーポット1/2
回転とくり抜きで作るティーポット2/2

回転とくり抜きで作るティーポット

第8号

円形状パターンで作る鳥かご

パイプやレール状の形を作るスイープ、円形状パターンを使って鳥かごを作ります。中には基本図形を使って作った小鳥を入れてみましょう。

円形状パターンで作る鳥かご1/2
円形状パターンで作る鳥かご2/2

円形状パターンで作る鳥かご

第7号

マイオリジナルなメガネを作ろう!

一見、作るのが難しそうなメガネですが、基本的にはExtrude(押し出し)だけで作ることができます。メガネは対称形なので、ミラーを使って完成させます。

マイオリジナルなメガネを作ろう!1/2
マイオリジナルなメガネを作ろう!2/2

マイオリジナルなメガネを作ろう!

第6号

iPhoneケースを作ろう!

iPhone 6用のケースを作ります。スケッチを元に立体をモデリングし、編集を加えていきましょう。SuicaなどのICカードが入るポケット付きのスマホケースです。

iPhoneケースを作ろう!1/3
iPhoneケースを作ろう!2/3
iPhoneケースを作ろう!3/3

iPhoneケースを作ろう!

第5号

携帯できる靴べらを作ろう!

前回学んだスケッチを利用して、靴べらを作成します。スケッチを自分で描き、それを元にして立体を作っていきましょう。難しそうに思える靴べらですが、意外と簡単なモデリングで作れます。

携帯できる靴べらを作ろう!

携帯できる靴べらを作ろう!

第4号

マトリョーシカ型小物入れを作ろう!

マトリョーシカを作成します。今回は、Sketchコマンドを利用し、実際に立体を作成するところから始めます。立体が作成できたら、中をくり抜いて空洞にし、小物入れにしましょう。

マトリョーシカ型小物入れを作ろう!

マトリョーシカ型小物入れを作ろう!

第3号

オリジナルペンスタンドを作ろう!

ペンスタンドの3Dモデリングデータを作ります。今回は、Extrude(押し出し)コマンドを利用して、箱をくりぬいたり、穴を開けるといった作業を学んでいきます。

オリジナルペンスタンドを作ろう!

オリジナルペンスタンドを作ろう!

第2号

おもちゃの飛行機を作ろう!

飛行機の3Dモデリングデータを作ります。今回は、物体の移動、配置を復習しつつ、形状を作る、形状を少し加工するといった作業を学んでいきます。

おもちゃの飛行機を作ろう!

おもちゃの飛行機を作ろう!

創刊号

雪だるまで遊ぼう

3次元の空間で物体を操作する感覚を体験しよう。                               

雪だるまで遊ぼう

雪だるまで遊ぼう

素材はマガジンが発売されるたびに更新されます。