ただいま製作中

【全般】

ふくにゃこ

投稿日時:2018-12-18 02:39:32

布の裏表

同梱されている布は、基本的に外表になっている
って考えて良いですよね?
急に不安になりました。

【トピックス】 その他

ただいま製作中

【全般】

プケ

投稿日時:2018-12-05 14:48:22

はりねずみ?

SNS投稿コーナーではりねずみの刺繍が3点掲載されていました。
本のどこをさがしてもお手本はありません。
ツイッタ―ですか?
SNSは詳しくないのではりねずみがどうやったら出てくるのかわかりません。
教えてください。

【トピックス】 その他

返信No.1 投稿者:もちもちきなこ

投稿日時:2018-12-07 23:37:24

3点の投稿が出てきたとのことですが、同じ方の投稿ですので猫のポーチをハリネズミの図柄で挑戦して投稿されているのはお一人だけですよ。
その方のがま口ポーチ製作開始の投稿に、ご家族の意向で猫ではなくハリネズミに挑戦という趣旨のことが書いてありますから、図案はご自身で用意されたものだと思います。かわいい刺しゅうのテキストには載っていません。

私も拝見しましたがとてもかわいいハリネズミですよね。もし気になるようでしたら投稿された方にコンタクト取ってみるのもいいかもしれませんね。

返信No.2 投稿者:プチポアン

投稿日時:2018-12-09 16:02:00

ハリネズミはツイッターのある御方がそのお母様の希望でオリジナル刺繍をされている様です。

お助け質問

【1号】

mytk3298

投稿日時:2018-11-04 22:15:08

練習用の糸は?

こんにちは。超初心者の質問でお恥ずかしいのですが…
第1号でのアウトラインステッチの練習「L」をする時の刺繍糸はどれを使ったら良いですか?

小5の娘の分と二冊同時購入しましたが最初につまづいてしまってます。 どなかた教えていただけたら嬉しいてわす。
宜しくお願いします。

【トピックス】 材料/道具ステッチ技法刺しゅう

返信No.1 投稿者:もちもちきなこ

投稿日時:2018-11-05 11:14:43

見えないところでする練習ですし、特に指定がないのでどの色でもいいですよ。
私は1号についてきた紫でしましたが、その後作品のアルファベットを刺す際に何度かほどいてやり直していると紫が足りなくなりそうでした。なので、1号のクロスステッチ作品用の赤か紺の糸を使うといいのではと思います。おうちに刺繍糸があるならそれを使ってもいいと思いますよ。

お助け質問

【2号】

ニックネーム未登録 H3kzt

投稿日時:2018-10-04 21:55:26

AやFの刺す順番

現在2号のアルファベットを埋める作業をしています。
そこで疑問に思ったのですがAやFは刺す順番?が指示されていますが
これの解釈についてみなさまのご意見が聞きたいです。
例えばAなんかは「上側、左右、下側の順番に刺す」と書かれていますが
上側1回刺して次左を1回~としていくのか上側を刺しきってから
左を指すのか。どちらが正しいのか悩んでおります。
Fなんかも「左上、下、中央右端まで刺す。続けて右端まで刺す」とありますが、中央右端まで行ったあと糸処理をしてから右端の方へ
刺しだすべきなのかも悩んでおります。
Aは、もう自己解釈で「上を刺し切ってから左へ」という手法で刺したのですが正しいのか正しくないのか知りたくて投稿致しました。
読解力の無さを露呈するようで恥ずかしいのですが
皆さんの解釈をお聞かせくださると嬉しいです。

【トピックス】 季節の童話タペストリー

お助け質問

【3号】

ニックネーム未登録 U6nq0

投稿日時:2018-10-04 11:33:16

「わ」の刺しはじめ

糸端をわにして刺しはじめがよくわかりません。
WEBで何回も見たのですが、最後の「糸を残して切る」意味がわかりません。
表はどうすればいいのですか?
一本どりで刺繍すればいいのかなやんでいます。

【トピックス】 季節の童話タペストリー糸の始末

返信No.1 投稿者:TSUKINO

投稿日時:2018-10-09 16:32:57

お悩み部分は、動画『STEP4 糸端をわにする』の最後の一文「糸端を2~3mm残して切る」の所ですよね。
そこは明らかに間違いです。刺し始めの説明なのに、切ってしまっては表が刺せませんよね。
おそらく『STEP5 裏側の糸に結ぶ』の最後の一文を間違えてこちらにも入れてしまったのだと思います。
わにしての刺し始め場合は、糸を結んだら次は表の刺し始めの位置に針を出して刺繍をしていって大丈夫です。

それにしても説明動画に間違いがあるのは困りますよね。
負けずに頑張って下さいね。



Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑