• メイン画像
  • サブ1画像
  • サブ2画像
  • サブ3画像

絵の具12色セット (20mlx12)

  • 価格 本体 3,240 円+税
  • (注文コード:20252001)
お気に入り
リストに追加
  • 数量

仕様

●ターナー アクリルガッシュ12本(各20ml):ホワイト、ランプブラック、ローシェナー、バーントシェナー、パーマネントスカーレット、コバルトブルー、ブルーコンポーズ、パステルローズ、ライラック、ビリディアン、スプリンググリーン、ネープルスイエロー ●化粧箱入 ●日本製

特徴

ムーミンハウスを仕上げるために必要なアクリル絵の具をセットしました。厳選した12色のセットであなたのムーミンハウスの仕上がりをもっと素敵に!本誌でも使用している信頼のメーカー、ターナー製。本誌で紹介している混色と同じ色を作ることができます。大切なムーミンハウスには経年により退色しにくい高品質の絵の具をおすすめします。


本誌9号でも解説しています

アクリルガッシュ

仕上がりがツヤのないタイプのアクリル絵の具です。作り方の説明では、ターナーのアクリルガッシュを使っています。第5号付属のスターターキットのほかに、下記の12色を使ってよりリアルな質感に仕上げましょう!

   ホワイト[ WHITE ]
家具や下地色に。

   ランプブラック[ LAMP BLACK ]
混色や色の調整色(混色)として

   ローシェナー[ RAW SIENNA ]
家具・小物の色に

   バーントシェナー[ BURNT SIENNA ]
家具・小物の色に

   パーマネントスカーレット[ PERM. SCARLET]
屋根のアクセント色として

   コバルトブルー[ COBALT BLUE ]
外壁の補助色として

   ブルーコンポーズ[ BLUE COMPOSE ]
外壁の補助色として

   パステルローズ[ PASTEL ROSE ]
家具の着色に

   ライラック[ LILAC ]
家具の着色に

   ビリディアン(ヒュー)[ BIRIDIAN(Hue) ]
小物などのアクセント色に

   スプリンググリーン[ SPRING GREEN ]
オリジナル小物づくりに。

   ネープルスイエロー[ NAPLES YELLOW ]
オリジナル小物用に

※色は参考のためのものです。実際の色とは異なります。

アクリルガッシュの特徴

  • アクリル絵の具は、合成樹脂が使われた絵の具です。水彩絵の具と異なり、仕上がりの発色が鮮やかなのが特徴です。そのうち、ツヤのない仕上がりのものがアクリルガッシュです。
  • 水彩絵の具と同様に水で溶いて使いますが、乾くと耐水性になります。そのため、上塗りする際に下地の色の影響を受けにくく、きれいに仕上がるのが特徴です。

注意※アクリル絵の具は、服や家具などについて固まると、落ちなくなるので注意してください。

絵の具を塗る前に

絵の具を出したら、口に付いた絵の具を拭き取って、キャップをすぐに閉めます。口に付いた絵の具が乾くとキャップを開けにくくなります。

スポイトを使うと適量が出せて便利です。
絵の具のキャップをあけ、絵皿に適量を出したら、作り方の説明の割合を目安に水を加えます。色合いはお好みで調整してもOK。


筆を使って絵の具を水で溶きます。ダマが残らないようにし、濃さが均一になるまでよく混ぜるのが、きれいに着色するためのポイントです。

アクリルガッシュは乾くとツヤが少なくなり、色味も少し変わります。絵の具を混色する場合も含め、乾燥させてから色味を確認してください。
着色前に、不要な割りばしなどに試しに塗って濃さを確認するとよいでしょう。重ね塗りすれば濃くなるので、少し薄めにしておくとよいでしょう。
 
 
使った後のお手入れ

使った筆をそのままにしておくと、絵の具が乾いて固まり、洗っても落ちず、筆が使えなくなることも。使い終えたらすぐに、筆を水でよく洗います。

根元に残った絵の具もよく洗い落とします。
筆先の根元には絵の具が残りやすいものです。筆を傷める原因になるので、筆洗の縁などを使って根元の絵の具も洗い落としましょう。

筆はこまめに洗い、残った絵の具や水気を拭き取るのが重要です。
洗った筆はキッチンペーパーなどでふき、水気を切って保管しましょう。


よく洗ったつもりでも筆には絵の具が少し残っています。よりしっかり絵の具を落とすにはエコリムーバーがおすすめ。絵皿に必要な分だけ出して筆を洗いましょう。

絵の具12色セット (20mlx12)のご注文はこちらから

  • 絵の具12色セット (20mlx12)
  • 絵の具12色セット (20mlx12)
    価格 本体 3,240 円+税
    • 数量

Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑