HOME > 神社百景DVDコレクション > DVD一覧

DVD一覧

本誌号数 内容

創刊号

出雲大社
「平成の大遷宮」で生まれ変わった新たな本殿へ

須佐之男命の6世の孫神、大国主大神が鎮まる出雲大社。その周辺は、須佐之男命が降臨し八俣大蛇を退治したと伝わる船通山、大国主大神が天照大神に「国譲り」を行った地と伝わる稲佐の浜など、さまざまな神話伝承に彩られている。平成25年5月、出雲大社は60年に一度のご遷宮を迎えた。新たな装いとなった本殿へ、ナビゲーターの伊藤英明が特別参拝させていただく。

ナビゲーター:伊藤英明

第2号

伊勢神宮~神宮式年遷宮~前篇・後篇
20年に一度の遷宮で新たな装いとなった伊勢神宮

三重県伊勢市に鎮まる皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)からなる伊勢神宮の正式名称は「神宮」である。神宮とは、内宮と外宮の二つの正宮をはじめとし、別宮、摂社、末社、所管社を含めた125の宮社の総称である。平成25年(2013)、20年に一度の神宮式年遷宮が執り行われた。前篇で外宮、後篇で内宮の概要を紹介しながら、1300年もの間続いてきた式年遷宮の全貌を解説する。

ナビゲーター:伊藤英明

第3号

熊野三山 前篇・後篇
自然崇拝から起こった再生を約する祈りの霊場

紀伊半島南東部の本州最南端の地に位置し、世界遺産に登録されている霊場・熊野三山。熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社という3つのお宮は、それぞれに異なる自然崇拝を起源とするが、神仏習合の影響を受けて「熊野三所権現」として信仰されてきた。古くから多くの参拝者が訪れることから「蟻の熊野詣」と例えられ、「日本第一大霊験所」と呼ばれた熊野三山を紹介する。

ナビゲーター:堤真一

第4号

嚴島神社・弥山
自然と調和した海上社殿と背後にそびえる霊峰・弥山

「安芸の宮島」と称され、宮城県の松島、京都府の天橋立と並ぶ日本三景の一つとして知られる厳島。嚴島神社とその背後にそびえる弥山原始林は、平成8年(1996)にユネスコの世界遺産に登録された。弥山の緑と瀬戸内海の青と調和をなす朱の海上社殿は、平安時代の寝殿造の粋を極めた建築美で知られる日本屈指の名社。その周囲には、霊峰・弥山ほか往古より崇敬されてきた神の島ならではの聖域が広がる。

ナビゲーター:堤真一

第5号

北野天満宮 伏見稲荷大社
京の都を彩る「天神さん」と「お稲荷さん」

北野天満宮/全国の天満宮・天神社の総本社。福岡の太宰府天満宮、山口の防府天満宮と共に日本三大天満宮に数えられる天神信仰発祥の地であり、学問の神として知られる菅原道真公を祀る社として崇敬が篤い。
伏見稲荷大社/全国3万社を数える稲荷神社の総本宮。“お稲荷さん”と呼び親しまれる御祭神の稲荷大神は、五穀豊穣、商売繁盛ほか幅広い御神徳で信仰を集める。また、稲荷山の千本鳥居など独特の景観は世界的に有名である。

ナビゲーター:伊藤英明

第6号

出羽三山神社
神々が鎮まる山に受け継がれてきた修験道

山形県随一の米どころ、庄内平野を見下ろす出羽三山。西のお伊勢様に対し、「東の奥参り」とも称された出羽三山神社は、日本三大霊山の一つとされる格式高い神社である。神仏習合の聖地として1400年にわたり敬われてきた3つの山には、それぞれに月山神社、出羽神社、湯殿山神社が鎮まり、人々の信仰を集めている。蜂子皇子によって開かれた山々では、今も行者たちによって「羽黒派古修験道」が厳修されている。

ナビゲーター:伊藤英明

第7号

富士山本宮浅間大社・奥宮 前篇・後篇
浅間大神が降り立った霊峰・富士山と駿河国一宮

静岡県東部、富士山西南麓の富士宮市に鎮まる駿河国一宮、富士山本宮浅間大社。約1200年の歴史を誇る古社は、全国に約1300社ある浅間神社の総本宮と称えられる。また、富士山の8合目から山頂までは同社の境内地であり、山頂には奥宮が鎮座する。富士山がもたらす清らかな水と豊かな自然に恵まれた山麓の門前町は、霊峰への信仰と共に発展し、伝統と文化を育んできた。

ナビゲーター:堤真一

第8号

下鴨神社・上賀茂神社/八坂神社・平安神宮
桜が咲き誇る都の春古都の情緒を伝える名社

下鴨神社・上賀茂神社/京都市北部、賀茂川沿いに鎮座する2つの社は、京都最古の神社として知られる。豊かな自然が残る境内は、平成6年(1994)に「古都京都の文化財」の1つとして世界文化遺産に登録された。
八坂神社・平安神宮/かつて洛東と呼ばれた京都市東部には、今もなお雅な古都の面影が残る。祇園祭で知られる八坂神社と、京都復興のシンボルとして近代に創建された平安神宮は、洛東の歴史と今を代表する社である。

ナビゲーター:堤真一

第9号

大神神社・石上神宮
悠久の歴史を刻む大和の古式ゆかしき名社

大神神社/『古事記』や『日本書紀』にも記述が残る国内最古の神社と名高い社。かつて「国のまほろば」と詠われた大和国の一宮では、神の鎮まる三輪山を神体山として崇め、古代からの信仰を守り続けている。
石上神宮/大神神社と同様に国内最古の神社の一つとされる石上神宮。その創建は約2100年前に遡り、数々の神話が伝わる古社である。境内には明治時代まで本殿がなく、古代より禁足地とされた神域を祀ってきた。

ナビゲーター:堤真一

第10号

宗像大社 前篇・後篇
天照大神の神勅を受け宗像の地に降臨した三女神

福岡県宗像市本土に鎮まる総社・辺津宮、玄海灘に浮かぶ大島に鎮座する中津宮、そして島全体が国の史跡、天然記念物に指定されている沖ノ島の沖津宮。この三宮から成る宗像大社は、全国に約6,200社あるといわれる宗像神社、厳島神社、弁財天信仰の総本宮である。天照大神の三柱の御子神である三女神が降臨した宗像の地は、かつて大陸の先進文化を受け入れる窓口として栄えた。

ナビゲーター:伊藤英明
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み



Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑