戦国武将メシ缶詰

戦に勝ちたば押すがよい! ご購入ページへ

戦国武将メシ缶詰シリーズとは?本邦初!缶詰付きマガジン発売!

戦乱の日本を駆け抜けた武将たちのメシを、1冊1武将ずつ、
史実に基づき“缶詰”で戦国徹底再現!豪傑屈強な武将たちの好んだ“食”から
読み解くエピソードや歴史的背景をマガジンで楽しみながら武将メシ缶詰を食す!

有名武将の武将メシ缶詰+マガジン+コースターがセットになった!
 食文化史研究家永山久夫の監修と「缶つま」シリーズで話題の  国分の総力を得て徹底再現!<詳しくはこちら>

シリーズ第1弾第一弾は織田信長明智光秀の
2冊同時発売!

家紋&武将の名言入りコースター付き

  • [織田信長] 桶狭間の戦い出陣メシ
  • [明智光秀] 武士のもてなしメシ
  • 少数精鋭を率いて、桶狭間の地で休息する敵の総大将・今川義元を奇襲した信長。その出陣前に食べたとされる肉味噌を徹底再現!
  • 若き光秀が浪人だったとき「汁講」で客にふるまわれたという豚肉野菜煮。この料理には、光秀の妻・熙子(ひろこ)の献身と光秀への想いが込められている。
※現代の素材を使っている場合もあります
今後も有名武将の武将メシが勇ましく続”缶”予定
腹が減っては戦ができぬ! ご購入ページへ

マガジンの内容マガジンで武将メシの背景を知る

マガジンでは、食事の時代考証を展開。史料をもとに武将メシについて解説し、
「食から読み解く武将の性格」や「戦国の食こぼれ話」など、思わず共有したくなる内容を展開。
また、武将メシの「食し方指南」や「応用レシピ」など、缶詰を美味しく食べる楽しみ方も解説します。

  • 食から読み解く
    武将の性格

    せっかちだったと言われる
    信長が好んだ戦メシとは?!
    また、そんな信長の意外な
    好物とは?!

  • 戦国の食こぼれ話

    「食」=「戦うための
    エネルギー」だった過酷な
    戦国時代に凝らされた
    戦場飯の、驚きの工夫とは?!

  • 食し方指南

    武将の気分になりきって
    食すためのアドバイスを紹介。
    憧れの戦国武将に、俺はなる!

    気になる内容はマガジンで!

戦国武将メシ缶詰を楽しみ尽くす!家紋入りオリジナル風呂敷付きセット

各100セット限定!
織田信長、明智光秀の、家紋入り風呂敷の
セットがゲットできるのは、ウェブだけ!
渋い藍地にキリっと白の家紋が入った風呂敷は、食事のランチョンマットとして敷けば、一般家庭の普段の食卓が、織田家や明智家の風景イメージに早変わり。また、お弁当や缶詰を包んで、戦に出かけるもよし、ピクニックに出かけるもよし。
オリジナル風呂敷セットが購入できるのはウェブだけ!風呂敷サイズ:約39×39cm 日本製
  • 織田信長セット

    ≪織田信長≫家紋入り風呂敷1枚+缶詰4缶

  • 明智光秀セット

    ≪明智光秀≫家紋入り風呂敷1枚+缶詰4缶

武将メシ食って出陣じゃ! ご購入ページへ

歴史の徹底再現と、缶詰の確かな品質!食文化史研究家 永山久夫氏と、
あの「缶つま」シリーズの国分とコラボ!

戦国武将メシのレシピは、食文化史研究家の永山久夫氏が監修。
そして缶詰とは思えない味とクオリティで話題の「缶つま」シリーズの国分グループ本社株式会社の製造で、
確かな品質の缶詰を提供します!お酒のつまみにも最高の逸品です。

  • シリーズ監修食文化史研究家 永山久夫氏

    1932年福島県生まれ。食文化史研究家。
    食文化研究所、綜合長寿食研究所所長。
    平成30年度文化庁長官表彰を受ける。

    著書「歴史ごはん」(くもん出版)
    「武将めし」(宝島社)
    「絵で見る江戸の食ごよみ」(廣済堂出版)

    TV出演江戸の食文化がテーマでNHK「チコちゃんに
    叱られる」に出演

  • 共同開発国分グループ本社株式会社

    1712年(正徳2年)創業。食品総合商社として、食品流通の合理化、最適化の一翼を担う。また、「K&K」「tabete」など、ブランド商品の開発、販売も行う。
    お酒に合う肴を缶詰にしたこだわりのおつまみ「缶つま」シリーズは缶詰とは思えない本格的な味わいが人気を博している。

    缶つま倶楽部

簡単!激ウマ!お酒がすすむ!おかわりしたくなる!アレンジレシピ

戦国武将メシ缶詰を使って、
今夜すぐ用意できる一品おかずのレシピをご紹介。
材料を混ぜるだけ乗せるだけで、
ごはんも酒もすすむ、映えメシの完成。

武将メシを食べて勝て!みんなの勝負メシ エピソード集

武将メシを食べた経験談や
こんな時に食べたいという決意表明を募集しました。
武将達のパワーの源、武将メシを食べて毎日元気になろう!※先行試食していただいた方の声です。

  • (40代男性)

    織田信長が大勝利した、あの桶狭間の戦いの前に食べたという逸話にあやかり、ここ一番の勝負前に食べるとわたしも勝てる気がしてきます!

  • (30代男性)

    戦国時代の食事を再現ということで、これをおつまみに、ウンチク語りながら、大河ドラマを観ると、より一層楽しくなります(^^♪

  • (30代男性)

    上司の隣の席で明智光秀缶を開けたいです。来る日も来る日も明智光秀缶を隣で食べ続けたら、何か伝わるのではないかと思っています。

  • (50代男性)

    残業でヘトヘトになった日の晩酌のアテは、信長の肉味噌とキュウリが定番になりました。心のどこかで「明日のいくさには勝たせてくれよ」と祈っているのかも知れません。

  • (30代女性)

    テレワークが続き、曜日感覚がなくなってきたので、水曜日は缶詰を使って料理することにしました。缶詰ならある程度調理してあって簡単ですし、変わり種があっても面白いと思ったので。週の半ばで後半も頑張りたいときに武将メシを食べてみようと思います。

  • (30代女性)

    開けたらすぐに食べられる、食べきりサイズという点が忙しい朝にぴったりなので、朝ごはんのお供によく食べています。信長や光秀がこのメシを食べて士気をあげていたことを想像しながら食べると、気分がのらない月曜日の朝でも不思議と元気が出てきます!笑 肉を中心としたメニューなので食べ応えも十分です。

今すぐ申し込む &gt;
Pagetop
たいせつにしますプライバシー 10190770(05)Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.