タツノコプロオフィシャルプロダクト 週刊『マッハGOGOGO マッハ号をつくる』

2019年5月21日創刊

1/8scale 伝説の白いレーシングカー“マッハ号”を新時代の技術で徹底再現!

創刊号特別価格490円(消費税8%消費税込み) 第2号以降通常価格1,780円+税

創刊記念「特別DVD」第一弾付き!

週刊『マッハGOGOGO マッハ号をつくる』 創刊号特別価格490円(消費税8%消費税込み) 第2号以降通常価格1,780円+税 2019年5月21日創刊

1960年代のレーシングスピリッツを
受け継いだ夢のマシンを
新時代の最新技術で徹底再現!!

ホワイトボディにMマーク!ナンバー5のゼッケンが目に映える!!1967年にテレビ放映されレーシングカーアニメの火付け役となった伝説のマシンのビッグスケール・リモートコントロールモデルをあなたの手で組み立てよう!!
※シリーズは全85号で完結する予定です。

定期購読なら【売り切れ】【買い忘れ】の心配がありません♪

今お申し込みいただくと!

創刊号~第15号のご購読で 読者全員プレゼント!「オリジナルマッハ号ミニチュア(クリアケース付き)」

※デザイン・色・スペック等は変更になる場合がございます。ご了承ください。

ノスタルジックなシルエットと
洗練されたボディラインを両立した
マッハ号の決定版!!

アニメ設定にこだわったのはもちろん、最新レーシングカーのデータを積極的に反映!
その結果、既存キットを遥かに凌駕した完成度を誇る、唯一無二のマッハ号が誕生した!!

をクリックすると各部の詳細を表示します。

ホイール
メタルホイールとゴム製タイヤによる重量感が際立つ。もちろん取り外しも可能!
フロントガラス(風防ガラス)
ドライバーを風圧から守るフロントガラスは、滑らかな曲線でスピード感を演出!!
カラーリング
パールホワイトを基調にしたホワイトで車体を塗装。微妙な陰影が、マッハ号の特徴である優雅な曲線を浮かび上がらせてくれる!
マーキング
マッハ号の象徴である「M」マークやゼッケンを、アニメ同様、鮮やかに再現!
フロントノーズ
3基の鋭角が特徴的なフロントノーズを忠実に再現。設定に忠実な仕上がりに!!
パーテーションライン
パーツ分割を意識して、可能な限りパーテーションラインが目立たない構造を実現。接合面の精度も高く、素組みでも高い完成度を実現!!

スタイルだけでなくカラーリングや
重量感にまでこだわり、
圧倒的に
リアルなレーシングカーとして登場!!

TOP BOTTOM
三船剛のフィギュアもシリーズに付いてくる!

ドライバーシートを中央からやや後ろにレイアウトしたことで、特徴的なロングノーズを強調。1960年代に流行したレーシングカーのボディライン(ボトルライン/清涼飲料水の瓶をイメージした曲線)」と相まって、マッハ号らしいシルエットが完成した。さらに普段は目につきにくい車体下面も、アニメ設定を参考にして、可能な限り忠実に再現している。

FRONT REAR

レーシングカーらしく、できるだけ車高は低く抑え込み、実車感を強調。シンプルな形状ながらも、エンジンパートを挟みこむタイヤハウスの隆起がマッハ号に秘められた力強さをイメージさせる。

秘められた7つの機能を
リモート・コントロールで再現!! (一部、手動)

サーキットを走るのはもちろん、道なき道を走り、水中を突き進み、上空高くジャンプする!
劇中でもおなじみの7 つの特殊機能を、この模型では限界まで再現することに成功した!!
勝利を約束するギミックの数々を、あなた自身の手で動かしてみよう!!

7つの機能の全貌を動画でチェック!
マッハ号専用コントローラー

特殊機能の操作に使うのはステアリング型の専用リモート・コントローラー。両手に収まるコンパクトサイズながら、アニメさながらの臨場感を味わうことができる!※一部の機能は手動で操作します。

165ミリ

1/8スケールだから実現できた、
緻密な機能と精巧なパーツ!!

特殊機能だけでなく、レーシングカーらしいギミックとインテリアについてもマッハ号は超一流!
1960年代に実際のレースシーンで活躍したマシンの意匠を盛り込むことで、
現実に存在していてもなんら遜色のない完成度を実現することに成功している!!!

GOV12エンジンも細部まで再現!
スピナー&ディスクブレーキ

前後ともシングルディスクを採用。スピナーを回してタイヤを外せば、ブレーキディスクが出現。

シートベルト

60年代当時から採用されていた4点式シートベルトを取り付けることができる。

サスペンション

当時のレーシングカーの多くがそうであったように、リアのサスペンションには板バネを使うことで時代感を演出している。

トレッドパターン

路面をがっちりつかむタイヤにはオリジナル・トレッドパターンを採用。実車さながらのリアルさを追求した。

をクリックすると各部の詳細を表示します。

実車さながらの車内インテリア

各種メーターやボタン、ペダル等のインテリアはアニメ設定を忠実に再現している。インパネ上のメーター類はヘッドライトと連動して点灯する。

ステアリング

リモコン操作で左右に切れると同時に、フロントタイヤも連動して稼動。

Hボタンとレバー

シフトレバー脇に、ギズモ号を操作するための専用パネルを搭載。

ドア

ドアの内側には開閉用レバーの代わりにワイヤーを設置している。これも、当時のレーシングカーには一般的に使われていた仕様だ。

テールライト

ヘッドライトと連動してテールライトが点灯。ちなみに外側がテールライトで、内側はエキゾーストパイプにつながるマフラーになっている。

ナンバープレート

ナンバープレートは全3種類を用意( 番組タイ トル/日本仕様/欧州仕様)。マグネットで着 脱することができる。

助手席の足元とシート裏に消火器(2種類)を設置できる。トランクにはスペアタイヤと燃料タンクを搭載!!

5つの章で広がる
『マッハGoGoGo』の世界

レースの主役となるマシンや個性豊かな登場人物、さらに関係者が語る秘蔵情報まで。
本マガジンでは『マッハGoGoGo 』の尽きせぬ魅力を多角的に紹介・解説している。

◎をクリックすると各部の詳細を表示します。

MACHINE CATALOGマシンカタログ

全長、全幅、車高といった車両スケールからエンジンの排気量まで。タツノコプロ監修の下、公式に決定したマシンの各種スペックデータを毎回発表する。

毎号、紹介するマシンのイラストを大判で掲載。当時のアニメ設定のラインを引き直し、新たに着彩して、今によみがえらせている。

アニメ制作に使われた資料や設定画はできる限り、当時のままの姿で紹介。なかにはお宝級の貴重な資料を本マガジンで初公開することも。

掲載したマシンに関する情報を関係者にインタビュー。今だからこそ話せる秘蔵情報や、スタッフしか知らないマル秘話の数々を掲載する。

三船剛の愛車・マッハ号をはじめ、ライバルや敵の車といった本編に登場する数々のマシンをピックアップ。基本スペックや性能を検証する。

今後、登場するマシン
  • ・覆面レーサーの愛車、流星号
  • ・ライバル、元三のイナズマ号
  • ・ブラック& 部下のスパイ・カー
  • ・変幻自在のマシン、忍者カー
  • ・最強のマシン、ブラックタイガー号 etc.

STORY DIGESTストーリーダイジェスト

各話タイトルとあわせて、初回放映データや製作スタッフを紹介。

レース中のアクシデントや手に汗握る事件、思わず笑ってしまうギャグシーンなど、物語の見どころを取り扱う。

物語に深いかかわりを持つ主要人物をピックアップ。顔写真とともに性格や行動パターンといった特徴的なデータも掲載する。

マッハ号のハイライトシーンを特集。とくに7つの特殊機能の使いどころを詳細に解説。

物語をさらに楽しくするエピソードの数々を紹介。レースのルールや当時の世相を反映したシーン、タツノコ作品らしいギャグなど多種多様なエピソードを扱う。

原作アニメを1話ずつ紹介。
物語だけでなく、見どころにも触れていく。

CHARACTER GUIDEキャラクターガイド

キャラクターのプロフィールとあわせて、担当声優に関する情報を併記したデータ欄を用意。

キャラクターの特徴をいくつかのカテゴリーで分析。性格や行動パターン、代表的なエピソードを詳細なテキストと画像で解説する。

マシンと同様、設定画を修正・着彩したイラストを掲載。当時の雰囲気をそのまま残しつつ、キャラクターの魅力を演出する。

アニメ制作に使われたキャラクターのポーズ集や表情集、服装などの設定画を掲載。なかにはボツ案になった貴重なデータもあるかも。

ピックアップしたキャラを中心とした登場人物たちの関係図。複雑な人間関係や隠れた間柄もひと目でわかる。

キャラクターにまつわるエピソードや誕生秘話、アフレコスタジオでの出来事など、関係者しか知りえない貴重な情報を本マガジン用に入手。

三船剛と家族、ガールフレンドだけでなく、各話に登場するゲストキャラをピックアップ。詳細な資料と線画で人物像を浮き彫りにする。

今後、登場するキャラ
  • ・夢は最速レーサー、三船剛
  • ・剛のガールフレンド、志村美智
  • ・たよりになるメカニック、サブ
  • ・トラブルメーカー、三船クリ夫
  • ・三船家のマスコット、三平 etc.

MAKINGメイキング

製作スタッフのインタビューだけでなく自筆テキスト、雑誌記事やニュースサイトの情報などから貴重な情報を調べ出し、新たな読み物記事として掲載。

記事の中心となる人物の画像を掲載。プロフィールも載せることで、作品との関連性を明確にする。

わかりにくいキーワードを解説する注釈欄を用意。

テキスト内容に関連する資料映像やアイテムなどがある場合、それらも掲載する。

アニメ製作サイドにスポットを当て、作品誕生にかかわる情報を特集。

メイキングで取り上げる内容

製作秘話
吉田竜夫(原作)、笹川ひろし(総監督)、森功至(声優)、九里一平(コミカライズ) など、テレビ放送当時の関係者の貴重な話から作品誕生の秘密に迫る。
作品とその時代
作品が放映されていた1960年代を振り返り、当時の世相が作品に与えた影響や、作品から巻き起こったムーブメントなどを検証する。
トリビア情報
作品を見ただけではわからない小ネタや限られた人しか知らない情報を可能な限り収集。知っていると自慢できる関連情報を多数紹介する。

COLUMN巻末コラム

テレビアニメ作品として誕生した『マッハGoGoGo 』だが、原作の吉田竜夫が漫画家だったことから、各種イメージボードやイラストが生み出された。そこで巻末コラムでは、それら貴重なイラストを毎号1 枚掲載。作品の世界観を広げるギャラリーとして、美しい色使いと大胆な構図で描かれたイラストの数々を紹介していく。

レース中のアクシデントを捉えた一枚。ステアリングを握る剛の瞳から緊迫感が伝わる。
コミックの表紙用に描き下ろされたイラスト。剛の活躍に当時の子どもたちは熱狂したものだった。
危険なレースに挑むマッハ号。ライバルとの対決シーンは『マッハGoGoGo 』の見どころのひとつとなった。
  • 創刊記念!「特別DVD」にアニメ第一話の
    DVD(創刊号に前編、2号に後編)がついてくる!

    第1話
    「飛ばせ!マッハ号」

    テレビアニメ『マッハGoGoGo』(HD版)の続きをご覧になりたい方は、YouTube(※有料)で視聴することができます。下記よりアクセスしてお楽しみください。
    ※料金は1話につき108円(税込み)になります。

    YouTubeで視聴する
  • 情報満載の
    マガジンを収納できる
    『専用バインダー』
    近日発売!

    マガジン10冊を収納可能。マガジンを傷つけず、きれいな状態のままで保存することができます。※バインダーのデザインは変更になる場合があります。

送料無料 定期購読お申し込み

  • 2019年5月21日創刊 創刊号特別価格490円(消費税8%消費税込み) 第2号以降通常価格1,780円+税
  • 特製バインダー 近日発売予定! ※デザインは変更になる場合がございます。ご了承ください。

定期購読なら【売り切れ】【買い忘れ】の心配がありません♪

今お申し込みいただくと!

創刊号~第15号のご購読で 読者全員プレゼント!「オリジナルマッハ号ミニチュア(クリアケース付き)」

WEBから定期購読をお申し込みいただくと、第15号発売時に自動的にお届けします。※お届け時に継続中の方に限ります。※海外への発送はできません。※デザイン・仕様等は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください

『週刊『マッハGOGOGO マッハ号をつくる』』は、2019年5月21日創刊!

商品に関するよくあるご質問

送料無料 定期購読お申し込み >
Pagetop
たいせつにしますプライバシー 10190770(05)Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.