週刊日本の城

お申し込みはこちら
  • 松本城
  • 竹田城
  • 大坂城
  • 津山城
  • 岡城
  • 江戸城
  • 山中城
  • 名古屋城
  • 五稜郭
  • 八王子城
  • 苗木城
  • 彦根城

写真だけでなく、復元CGや鳥瞰図など、豊富なビジュアルで城の魅力に迫る!

週刊『日本の城』は、現存する天守から、櫓、門、わずかに残っている
山城や砦まで、日本全国に残る数々の城を詳細に解説。
当時の姿を再現した復元CGや内部の断面図、古絵図、
現存していた頃の古写真など、貴重なビジュアルを多用しながら、
あらゆる角度から城の魅力をつぶさに伝えます。

近刊予告

  • 1号
  • 2号
  • 3号
  • 4号
  • 5号
お申し込みはこちら

日本全国に分布する7千あまりの城を紹介

記録によると、日本全国には2万以上もの城が築かれたことになりますが、その中には言い伝えのみ残るものも多く、歴史的資料や遺構などを考慮すると、その姿のわかる城は約7千あまりに絞られます。このシリーズでは、それらの城をすべて網羅します。
写真をクリックすると拡大画像が表示されます。

山形城 東大手門 弘前城 天守 五稜郭 箱館奉行所 金沢城 石川門 富山城 本丸 仙台城 大手門脇櫓 白河小峰城三重御櫓と前御門 名古屋城 清洲櫓 浜松城 天守門石垣 江戸城 天守台 甲府城 天守台 小田原城 銅門枡形 西日本へ
お申し込みはこちら

マガジンは7つの章で構成されています。

天守をはじめ、櫓、門、御殿といった建造物を紹介。現況の写真に加え、当時の姿がわかる復元CGを用いて外観や内部について詳しく解説。豊富なビジュアルで徹底解剖します。

天守の内部断面をCGイラストで紹介。

当時の姿を再現したCGイラスト。現存しない建物の様子もわかる。

最新の調査・研究によって新たに発見された事実や解明された謎を随時紹介。

堀や天守、櫓や石垣などを含めた城全体のプランである縄張を、古絵図や鳥瞰図を用いて解説。城主の意向を反映したこだわりの配置や特徴など、城の構造がわかります。

当時の縄張の姿を記す貴重な古絵図。

鳥瞰図で全体を紹介。掲載されている写真の場所がひと目でわかる。

築城から現状に至るまで、その城のルーツと変遷を時代を追って紹介。その城に関係する著名な人物や出来事などもまじえ、名城の歴史をたどります。

城を舞台とした歴史的な合戦を取り上げ、その真相をひも解きます。合戦の背景や戦略などを、貴重な写真やイラストを使ってわかりやすく解説します。

城巡りのおすすめルートや見所、周辺の史跡・名跡など、実際に訪れる際に役立つ情報を紹介します。さらに、鳥瞰CGでかつての城全体の姿を復元。現在の城跡の写真と照らし合わせて見ることができます。

実際に訪れる際に役立つ見所マップ。

現況の航空写真。

当時の城全体の姿を復元したCG。

城内だけでなく城下町の情報も満載。

城の情報をコンパクトにまとめた県別の城一覧。城柵や山城なども含め、最新の調査・研究成果をもとに、日本全国の城を取り上げます。

城の所在を探すのに
便利な座標区分

城と深く関わりのある武将を毎号ひとり取り上げ、城との関わりを通してその人物像に迫ります。
※この章はエリア別ではなく
ひとつの章としてファイリングします。

小和田哲男(文献史学)

1944年生まれ。静岡大学名誉教授。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了、文学博士。日本中世史を専攻、戦国時代を中心に多数の書籍を執筆。

三浦正幸(建築史学)

1954年生まれ。広島大学大学院文学研究科教授。東京大学工学部建築学科卒業、工学博士。一級建築士。専門は日本建築史および文化財学。

中井 均(考古学)

1955年生まれ。滋賀県立大学人間文化学部准教授、織豊期城郭研究会代表。龍谷大学文学部史学科卒業。米原町教育委員会、長浜市長浜城歴史博物館館長を経て現職。中世城郭の第一人者。

便利なファイリング機能と誌面構成

週刊『日本の城』は毎号、専用リングバインダーを使って項目ごとにファイリングしていく雑誌です。全号集めると、日本全国の城の情報を網羅したビジュアル図鑑が完成します。

都道府県別、城別に特製バインダーにファイリングするので、探しやすくとても便利です。
毎号、本誌からページを切り離して、きれいにファイリングできます。

お申し込みはこちら

直送定期購読のご案内

※追加用バインダーには、ディバイダーはついておりません。
※小社直送の定期購読と合わせてご注文の場合、送料は無料です。 (本誌とは別にお届けいたします。)

直送定期購読を今すぐお申し込み

カンタン検索、バインディング機能、
ふせん機能
など便利な機能がいっぱい

デジタル版の詳細はこちら

日本の城は2013年1月8日創刊!

発売日お知らせメール