映画の中のR2D2

映画のなかのR2-D2

R2-D2は、「スター・ウォーズ」7部作すべてに登場するドロイドだ。登場人物たちと共に勇敢に戦い、愛嬌に溢れた一面に魅せられる。

“恐れ入りますが旦那様、このR2ユニットは最高の状態です。掛け値なしの掘り出し物でございます「C-3PO」” “こいつめが申しますには、自分の主人はこの近くに住むオビ=ワン・ケノービなのだそうです「C-3PO」” “R2が申しますには、生存の可能性は725分の……1だそうでして「C-3PO」”
# 数々の歴史的な戦いを経験する勇士
宇宙戦闘におけるR2-D2は、飛行しながらも機体の修理を継続する、ルークの名パートナーだ。 反乱軍のデス・スター攻撃ではルークの副操縦士を務めたR2-D2。損傷を受けながらも果敢に戦った。

R2-D2は、ナブー王室保安隊のドロイドとしてアミダラ女王を載せた宇宙船に搭乗していた。その際、敵の攻撃を意ともせずに宇宙船を修理し、女王一行の危機を救うほどの勇敢な心の持ち主だ。そんなR2-D2にとって、C-3POは大切なパートナー。C-3POがお世辞上手で用心深いいっぽう、R2-D2は迷うことなく行動に移す。軍事用ドロイドは定期的にメモリーを消去されるのが一般的だが、R2-D2は製造されてから記憶を消去されたことが一度もなく、スター・ウォーズを語るうえでの大事な証人だといえる。

# R2-D2活躍のタイムライン

32BBY~ 共和国の危機

  • 宇宙空間での見事な修理

    トレード・フェデレーションのドロイド・スターファイターの攻撃によりアミダラ女王の乗る宇宙船が攻撃を受ける。R2-D2はレーザーの飛び交う宇宙空間で修理を行い、アミダラ女王たちが逃げるのを助ける。

  • アナキンとの出会い

    モス・エスパの町でアナキンと出会い、C-3POと共に母親のシミに紹介される。アナキンはR2-D2と共にパドメ(アミダラ女王)の宇宙船でタトゥイーンを離れるが、シミとC-3POは砂漠の惑星に残る。

  • 宇宙での戦闘

    敵から逃れるためにナブーの宇宙戦闘機に隠れたアナキンとR2-D2は、宇宙空間からトレード・フェデレーションのドロイド・コントロール・シップを攻撃する。

  • タトゥイーンへの帰還

    タトゥイーンでシミを弔ったあと、アナキンとパドメとR2-D2は、C-3POと共にラーズ一家の農場を去る。

  • ドロイド工場へ潜入

    R2-D2とC-3POはアナキンたちとジオノーシスのドロイド工場に潜入。その後、ジェダイと分離主義勢力の戦いに巻き込まれる。

22BBY~ クローン大戦

  • ガンダークとの闘い

    アナキンの副操縦士を務めるR2-D2は、ヴァンコアのガンダークのような捕食生物と戦う際にも活躍する。

19BBY~ 帝国の時代

  • パドメを医療センターへ運ぶ

    アナキンがダークサイドに堕ち、ジェダイ騎士団を破滅する。気を失ったパドメをポリス・マサの医療センターに運ぶオビ=ワンをR2-D2が助ける。

  • デス・スターの設計図を託される

    クローン大戦後、パドメの娘のプリンセス・レイアは、反乱軍が盗んだ帝国軍のバトル・ステーション、デス・スターの設計図をR2-D2に託し、タトゥイーンのオビ=ワンに届けさせる。

  • デス・スターの破壊

    反乱軍のデス・スター攻撃時に、R2-D2がルークの副操縦士を務める。ルークはデス・スターの破壊に成功し、修理されたR2-D2は勝利の祝典にも参加した。

  • ヨーダとの再会

    ホスの戦いののち、ジェダイ・マスターのヨーダを探して沼の惑星ダゴバに向かうルークに同行する。ヨーダとR2-D2は昔会ったことがあるそぶりを互いに見せなかった。

  • ミレニアム・ファルコンの修理

    反乱軍の仲間たちが帝国軍に囲まれたあと、R2-D2がミレニアム・ファルコンを急いで修理する。

  • ハン・ソロの救出

    ジャバ・ザ・ハットの宮殿に侵入し、ハン・ソロを救うルークやレイアを手伝う。

  • イウォークと出会う

    イウォーク族と仲良くなり、彼らがエンドアの帝国軍を打ち負かす手助けをする。

34ABY~ ファースト・オーダーの台頭

  • スリープモード~再起動

    ルークの失踪後、スリープモードとなっていたが、スターキラー基地の戦いの後、BB-8と接触して再起動した。ルークの居場所を示す地図を投影し、レイを惑星アク=トゥーへと導いた。

※ヤヴィンの戦いを基点とし、以前をBBY(Before the Battle of Yavin)、以後をABY(After the Battle of Yavin)とする。
# アストロメク・ドロイドとは

宇宙船の維持や修理、それらに関するテクノロジーに使われる多目的ロボットのことを指す。多くのアストロメクは、コンピューター・システムを経由して出力する文字や特殊なクリック音やビーム音などの音声を用いた会話しかできない。異なる種族間の言語を通訳して仲立ちするプロトコル・ドロイドのC-3POとは役目が異なる。R2-D2はインダストリアル・オートマトン社製のR2シリーズ・アストロメク・ドロイドで、低コスト型のR5シリーズなども存在する。

送料無料 定期購読お申し込みはこちら