HOME > 日本の名峰 DVD付きマガジン > DVD一覧

DVD一覧

本誌号数 内容

第11号

海洋冒険家 白石康次郎
赤石山脈にある甲斐駒ヶ岳は、古来より人々に信仰され、聖徳太子が白馬で駆け上がったという伝説が残っている。山梨県北杜市側からの登山道である黒戸尾根は、鎖場や梯子が連続する難所と呼ぶに相応しい場所である。日本三大急登の一つである甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根に海洋冒険家・白石康次郎が挑む。

第12号

海洋冒険家 白石康次郎
長野県と岐阜県の県境、北アルプスの西穂高岳と奥穂高岳の縦走路途上にそびえ立つジャンダルム。「衛兵」の意味がつけられたジャンダルムは、標高3,163m、来る者を拒むかのような険しいドーム型の岩峰だ。様々な名峰に挑戦してきた海洋冒険家の白石康次郎が、その集大成としてジャンダルムに挑む。

第13号

俳優 永井大/フリーアナウンサー エッセイスト 住吉美紀
標高2,500m級の山々が南北30kmに連なる八ヶ岳連峰は、北は針葉樹林が広がり苔むす緑の山、南は噴火の痕跡を残す荒々しい岩の山と異なる表情をもつ。登山は初めてというフリーアナウンサーの住吉美紀と、海外の登山経験をもつ俳優の永井大が、美しい紅葉の中、八ヶ岳縦走に挑む。

第14号

モデル 仲川希良
長野県と山梨県にまたがる仙丈ヶ岳。標高3,033mの山頂直下に日本三大カールの一つ「薮沢カール」をもち、優美でなだらかなその山容は「南アルプスの女王」と称される。「山ガール」のパイオニア的存在、モデルの仲川希良が初めての南アルプスで仙丈ヶ岳の魅力に迫る。

第15号

プロスキーヤー博士(医学)三浦豪太/女優 馬渕英里何
山形県のほぼ中央に位置する出羽三山は、月山を主峰とする羽黒山・湯殿山の三つの山の総称だ。それぞれ前世、現世、来世を意味し、今なお白装束の参拝者が山を行き来する信仰の地である。プロスキーヤーで博士(医学)の三浦豪太と女優の馬渕英里何が霊峰に挑む。

第16号

俳優 深水元基
中央アルプスの最高峰、木曽駒ヶ岳(2,956m)。高山植物が咲き乱れる夏は華やかな雰囲気に包まれるが、冬は大陸からの猛烈な風が吹き荒れる、厳冬の地となる。雪山初挑戦の俳優、深水元基が雪上トレーニングを行い、千畳敷カールから木曽駒ヶ岳にアタックする。

第17号

海洋冒険家 白石康次郎
厳冬期の北アルプス、西穂高岳。標高2,909mと3,000mに満たないとはいえ、険しい岩稜が続く難ルート。夏山とは違う、吸い込まれるような威厳と美しさに満ちた雪山は、本来人間が踏み込めないであろう神の領域を思わせる。絶景を求め、海洋冒険家・白石康次郎が挑む。

第18号

野球選手兼監督タレント 片岡安祐美/プロスキーヤー博士(医学) 三浦豪太
長野県北東部に位置する志賀高原。スキー場から一歩奥に入ると、自然の宝庫と言われる程の世界を臨むことができる。茨城ゴールデンゴールズ選手兼監督の片岡安祐美と世界の山を知り尽くした三浦豪太が、雪で覆われた志賀の山々に挑み、未だ見ぬ志賀高原のもう一つの顔に迫る。

第19号

タレント・スポーツ解説者 宮下純一
鹿児島県、薩摩半島の南端に位置し、海に乗り出すようにそびえる開聞岳は、古くから船頭たちの道標として信奉されてきた。また、その秀麗な山容から「薩摩富士」と呼ばれ、地元の人々に愛されている。鹿児島県出身の宮下純一が自分の原点に戻るため、開聞岳の頂を目指す。

第20号

俳優 池田努/エッセイストモデル 華恵
厳冬の南八ヶ岳の壮大な白い頂は、登山者たちの憧れだ。しかし、そこに至る道には、いくつもの試練を乗り越えねばならない。俳優・池田努とエッセイストでモデルの華恵が、入笠山でピッケルやアイゼンを用いた冬山登山の訓練を行った後、厳冬の南八ヶ岳縦走に挑む。
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み



Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑