HOME > 日本の名峰 DVD付きマガジン > DVD一覧

DVD一覧

本誌号数 内容

創刊号

プロスキーヤー・冒険家 三浦豪太
富山県東部にそびえる霊峰、立山。主峰雄山(3,003m)をはじめとして、県最高峰の大汝山(3,015m)、富士ノ折立(2,999m)の三つの峰々からなり、その標高から夏でも雪が残る。死後の世界を象徴する山として古くから人々に畏れられ信仰されてきた。旅人は冒険家、三浦豪太。世界の名峰を征服してきた山の男が信仰の山で出会った絶景とは…。

第2号

国際山岳ガイド 鈴木昇己
その名の通り天に槍を突く形が特徴の槍ヶ岳( 3,180m)。この名峰に挑むのは、1983年、日本人初の無酸素エベレスト制覇など、世界の高峰を舞台に々の偉業を成し遂げてきた日本屈指の登山家、鈴木昇己である。江戸時代の終わり、初めて槍の穂先に立ち、日本アルペン界の祖とも言われる念仏僧・播隆上人へ思いを馳せながら、頂を目指す。

第3号

海洋冒険家 白石康次郎
太古の昔から日本の象徴として畏れ崇められてきた山がある。標高3,776m、日本最高峰の富士山。近年の登山ブームで夏は大勢の登山客で賑わう。しかし、冬を迎えた富士山は、雪と氷と突風の吹き荒れる山へとガラリと表情を変える。かつて冒険家、植村直己がトレーニングのために登った冬の富士山に、海洋冒険家の白石康次郎が1合目手前の馬返しから出発。標高約3,000mを登りきるハードな行程に挑む。

第4号

海洋冒険家 白石康次郎
「岩と氷の殿堂」と呼ばれる日本屈指の名峰・剱岳は標高2,999m。富山県東部、立山連峰北部に位置する。一般的な登山ルートは、室堂~雷鳥沢~別山乗越~剱沢~別山尾根~剱岳という2泊3日のコース。北アルプスの中で最も峻険な山として知られ、最高難度の岩稜コースとされている。かねてから剱岳に登りたいと願っていた白石康次郎がアタックする。

第5号

スポーツキャスター 荻原次晴
標高3,190m、北アルプスの盟主、奥穂高岳。その懐に巨大な谷「涸沢カール」を抱える奥穂高岳は、アルピニストたちの憧れの地である。4月下旬、山小屋が開かれると共に、山に春が訪れる。奥穂高岳の頂を目指すのはノルディック複合元日本代表の荻原次晴。厳冬期を越え、深い眠りから目覚めの時を迎える山。その様々な表情を追う。

第6号

女優 春馬ゆかり
標高3,193m、富士山に次いで標高が高い北岳。北岳、間ノ岳、農鳥岳からなる「白峰三山」の一番北に位置することから、その名が付けられた。「白峰」とは「雪で覆われた白い山」という意味で、「甲斐の白根」として古くから和歌にも詠まれ、その名は広く知られていた。標高差1,600m以上、しかもそのほとんどが直登という、根気と体力が必要とされる登山に女優の春馬ゆかりが挑戦する。

第7号

歌手 姿月あさと/女優 渚あき
稀少な動植物を有し、国の特別天然記念物に指定されている尾瀬。この尾瀬のシンボルとされる雄々しき燧ヶ岳(標高2,356m)と、山上の楽園とも呼ばれる高層湿原を擁する優美な会津駒ヶ岳(標高2,133m)。尾瀬を代表する二つの頂を元宝塚のトップスター、姿月あさとと渚あきが目指す。

第8号

俳優 深水元基
長野と富山の県境に位置する、標高2,932mの白馬岳。豊富な高山植物から花の名山としても知られている。夏山シーズン直前、木々が芽吹き、山が動き始める頃。俳優の深水元基が、特に人気が高い猿倉からスタートし、全長3.5km、標高差600mの日本一のスケールを誇る白馬大雪渓を経て、山頂を目指す。

第9号

女優 馬渕英里何
北アルプスの後立山連峰の中でも、ひときわ重厚な存在感を放つ五竜岳。日本百名山の一つで、長野県と富山県にまたがる標高2,814mの山だ。その岩稜を制し、頂に立った者だけが、立山をはじめ、剱岳、鹿島槍ヶ岳など名だたる山々を間近に望むことができる。男性的で威厳のある五竜岳に、女優・馬渕英里何が挑む。

第10号

俳優 田中幸太朗
群馬と新潟の県境にある谷川岳は、標高1,963mの「トマノ耳」と標高1,977mの「オキノ耳」、二つの頂からなる双耳峰だ。年間登山者数は約5万人と人気が高く、日本三大岩場の一つ「一ノ倉沢」はクライミングの聖地として知られる。俳優の田中幸太朗が一ノ倉沢で沢登りを体験するほか、紅葉の谷川岳山頂を目指す。
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み



Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑