「はやぶさ2」プロジェクトの情熱に触れる
関係者特別インタビュー!!

応援団体編4

宇宙広報団体 TELSTAR

「宇宙への興味を、0から1へ」——
現役大学生が贈る高校生へのメッセージ

文・理・美、あらゆる学部生が集まる宇宙広報団体TELSTAR。彼らが制作する高校生向け宇宙フリーマガジンは、今や1号当たりの発行部数1万部を超える。彼らの活動の原動力になっているものとは−−?

−−「宇宙広報団体」ということですが、どのような団体なのでしょうか?

広崎さん(以下、広崎) 私たちが活動理念に掲げているのは「宇宙産業を日本の誇る基幹産業にする」ことです。中高生のなかには「宇宙と自分はあまり関係ない」「宇宙に関わっていくのは理系だけ」といった固定観念のある人がいて、それが宇宙産業を日本の基幹産業にする隔たりになっているのではないかという問題意識を、TELSTARは抱えているのです。その固定観念を打破するには、「中高生の宇宙への興味を、0から1にすること」と考え、それを具体化したものが、宇宙フリーマガジン『TELSTAR』という活動です。『TELSTAR』は年に4回発行し、高校生に配布して読んでもらうための活動にも並行して取り組んでいます。

山田さん(以下、山田) 宇宙関連の大学の進学先を考えたとき、ネットで検索すると「航空宇宙科」にヒットすることが多いです。でも大学に入ってみると、機械工学科や、私が学ぶ医用工学も宇宙とつながりがあることを知りました。そういった違う角度からでも宇宙への接点があることを、今の高校生に知ってもらいたいと考えています。

広崎 私たち関東支部は冊子の制作が中心ですが、昨年は関西支部も誕生して、そちらではイベント運営を中心に活動しています。

−−団体設立の経緯を教えていただけますか?

山田 創設者の城戸さん(※1)は、実は高校では文系のコースにいました。当時、宇宙にはあまり興味がなかったようです。そのころ、国際宇宙ステーションにスペースデブリ(=宇宙ゴミ)がぶつかる、というニュースを見て、綺麗な夜空がゴミで汚されるなんて許せない、と感じたそうです。その問題をどうにかしたいということで理系に移転、その後、スペースデブリが研究できる首都大学東京へと進学しました。
そういった経験があって、もっと早い段階で高校生に「宇宙のおもしろさ」を知ってもらいたい!という思いが生まれ、どうやってかたちにするか模索を始めたようです。「宇宙に関する仕事」と聞くと、どうしても宇宙飛行士やJAXAさんを思い浮かべがちですが、実際は大小関係ない企業の方々が関係しています。技術者たちに話を聞きに行くと、彼らはすごくエネルギッシュで、仕事に誇りを持っていて、キラキラしているんです。そんな彼らの話をみんなに伝えるためにも、メディアというかたちに行き着きました。

−−現在はどのようなメンバーがいらっしゃるんですか? 役割なども決まっているのでしょうか?

吉田さん(以下、吉田) 関東支部が40人ほど、関西支部が20〜30人、それと海外留学中のメンバーも2人ほどいます。大学はバラバラで、理系もいれば文系もいます。デザインやイラストに携わっているのは美大生です。

山田 支部は一応分かれていますが、南は九州から北は北海道まで、日本全国にメンバーがいます。自分たちがアプローチしなくても、ウェブサイトを見て「やりたい」と手を上げてくれる学生も増えました。そういった意味では、だんだん知名度も上がってきたのではないかと感じますね。

吉田 所属する部門は、広報、渉外、営業渉外、配布マーケティング、調査マーケティング、総務の6つに分かれています。冊子の制作には全員が関わりながら、プラスしてこれらの仕事も行っています。

山田 私たち3人の担当は営業渉外で、フリーマガジンの発行に必要な資金集めが主な仕事です。企業ロゴや紹介文、1ページ広告を掲載して協賛金をいただいています。

−−冊子の制作はどのように行われているのでしょう?

広崎 制作は毎号、だいたい発行の3〜4カ月前にスタートします。

吉田 まずはメンバー全員で、その号の特集テーマを決めます。高校生はどんなことに興味をもつのか、どうすれば宇宙の魅力を感じるきっかけを得てくれるのか、ということを話し合い、アイデアを出します。そのなかでも、1年生メンバーの意見は貴重ですね。ついこの間まで高校生だったので、いち読者の生の声を聞く気分です。
特集テーマが決まると、次は記事の企画書をメンバーそれぞれに出してもらって、企画のプレゼンを行います。みんなで話し合い、企画をブラッシュアップしたうえで内容を決め、各チームを作って制作が始まります。
チームメンバーはその都度変わりますが、記者と編集者、進行を管理するデスク、それとデザイナーの4〜5人で編成されます。全体ミーティングが週に一度、日曜日にあり、チーム内の話し合いもそこで行われます。基本的には大学も住んでいる場所も違うので、平日に会うこともありますが、会えなければメールや電話で話して進めていく、といった感じです。

−−冊子はどのように配布しているのでしょうか?

広崎 ホームページからの定期購読申し込みを受け付けるほか、科学館に配布して、訪れた中高生に持って帰っていただく。それと、全国の高校に直接配布もしています。受動的な高校生にも、学校を通じて『TELSTAR』を直接行き届かせる、という方法です。そのほかに、SNSを使った広報も展開しています。発行部数は、1000部から徐々に増やしていって、現在は1万2000部になりました。

吉田 新規配布先としては、理科に特化した「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」や、グローバル・リーダーの育成を目的とした「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」を中心に、直接電話をかけて冊子を置いていただけないか交渉しています。多いときには80校ぐらいに電話しますね。継続的に置いていただいている高校には、私たちのイベントへの参加も呼びかけています。そこで高校の先生と会った際、他校の先生を紹介していただいて広がっていく、というかたちも増えてきました。

山田 私たちが直接高校に電話をすると、怪しい団体だと思われることもあるんです。高校の先生が他の高校を紹介してくれるようになり、少しずつ交渉のハードルが下がってきましたね。

−−冊子の発行だけでなく、イベントも開催されているんですね。

山田 イベント活動は関西支部が主体となって行います。大阪開催の第1回目は、高校生30人を集め、ブロックを使って月面基地を作るというイベントでした。京都嵐山で毎年行われる「宙フェス(※2)」では、ワークショップもできるブースを出店しています。ほかにも、関西の技術者たちの講演会を開くイベントを企画したりと、幅広く展開しています。
関東支部でも小規模ですが、「TELSTAR CLUB」というイベントを行いました。これは、取材に行ったり記事を書いたりといった私たちの活動に、高校生にも参加してもらうというものです。

広崎 TELSTARの活動を高校生に体験していただくことで、宇宙好きの高校生同士、横のつながりを深めてほしいという狙いなんですよ。
そのほかに、「宇宙兄弟Official Web」のほうで、大学生の宇宙活動の広報を目的とした「宇宙学生」という記事も展開しています。

−−そういった活動の手応え、そして今後の展望などはありますか?

吉田 今まで私たちが発信してきた冊子を見ていた高校生が、大学生になったときに発信する側へ回ってきてくれたことが一番嬉しいですね。

広崎 私も受信側から発信側になった一人です。高校生のころに、「宇宙×高校生100人サミット」と題したTELSTAR主催のイベントがあったんです。それに参加したことがきっかけで、大学へ進学した際、この団体に入りました。
『TELSTAR』を読んだ中高生が自分の進路を考えるとき、自分の興味のある分野と宇宙を掛け合わせて、自分のやりたいことを選択するようになってほしいですね。

山田 科学館に置かせてもらっているフリーマガジンは、大人の方が手にとってくださるケースもあります。その人が家で読んでいると、お子さんも興味を持つかもしれませんし、それをきっかけに宇宙の会話が生まれたらすごく素敵だと思います。

−−皆さんが最初に宇宙に興味を持ったきっかけはなんでしたか?

山田 書店のサイエンスコーナーにあった綺麗な宇宙図鑑や、「ダークマター」「ブラックホール」といったかっこいいキーワードに心惹かれたんです(笑)。それにつられて読んでみると、漠然とですが「宇宙って知らないことがある。未知だからこそ知りたい」という気持ちが生まれました。

吉田 私は小さいころから星が好きでした。物理学科に進もうと考えていたのですが、あるときふと、宇宙旅行をしたいと思うようになりました。それで、宇宙旅行に行くための宇宙開発をしたくて、今は航空宇宙工学科に属しています。

広崎 私は父の影響もあって、『ガンダム』と『宇宙戦艦ヤマト』が大好きなんです。それらを見て、宇宙のスケールの大きさに感動したことがきっかけですね。高校に入ってからは興味が少し薄れていたのですが、TELSTARのイベントに出会ったことで宇宙への思いが再燃しました。

−−冊子で「はやぶさ2」も何度か取り上げられていますね。

山田 創刊号で「はやぶさ2」を特集しました。「はやぶさ」の帰還で感動の渦があって、それが次の「はやぶさ2」につながるという期待が、当時の制作メンバーにもあったのだと思います。
宇宙に興味を持つようになる分岐点で、一番多いのが「はやぶさ」ではないでしょうか。いろいろなトラブルがあったなか、何年越しかで帰還するというドラマは、私も本当に感動しました。今、「はやぶさ2」がミッションに挑もうとしていますが、「はやぶさ」では成し遂げられなかった「ミネルバ」の着陸や弾丸を撃ち込んでのサンプルリターンをぜひ成功させてほしいです。

吉田 リュウグウへの到着も楽しみですね。タイミングよく冊子で特集するのは難しいですが、WEBやSNSで情報を発信していきたいと思います。

用語解説
※1
現在は宇宙ビジネス向けの情報提供団体『宙畑』の代表を務める城戸彩乃さん。2013年2月28日、首都大学東京の3年生のときにTELSTARを設立し、その1カ月後にフリーマガジン『TELSTAR』を発行した。
※2
宇宙や星空の様々な楽しみ方を集めた「サイエンス」と「カルチャー」の融合イベント。
たいせつにしますプライバシー 10190770(05) Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.