「はやぶさ2」プロジェクトの情熱に触れる
関係者特別インタビュー!!

応援人編2

宇宙かふぇ
Founder/Captain
田口 智之 氏

宇宙への熱い思いが突き動かす行動力で、
「はやぶさ2」応援の輪を広げる

表参道のカフェをスタート地点に、現在は内之浦でのロケット打ち上げイベントなどの企画に携わる田口氏。「宇宙をみんなと共有したい」という思いから始まった彼の活動の軌跡とは――。

――「宇宙かふぇ」さんというのは、宇宙文化を広めるための有志の集まりとお聞きしています。これまでどのような経緯があったのでしょうか?

最初は名前のとおり、カフェを経営していました。経営者として、初期の構想段階から“宇宙をより身近に感じられるように”というコンセプトを持っていて、多種多様の形態があるカフェなら「宇宙」をテーマにした店舗があってもいいのでは?と思ったんです。それに、カフェは窓口が広くて敷居が低く、気軽にふらっと立ち寄ってもらえそうでしたしね。お店の場所として重要視したのは、情報発信力の強いエリアであること。考えていたすべての条件に当てはまったのが表参道でした。
2013年にカフェをオープンし、そこを宇宙好きの輪を創る“補助ブースター”と位置づけました。そして僕の構想を最終軌道に乗せるモノこそ、現在行っているようなイベントやPR活動です。

――現在は表参道のカフェを閉じて、イベント活動に注力されていますね?

内之浦でのイプシロンロケット打ち上げイベントでは、ワークショップやマーケット、カウントダウンパーティーなどを企画し、たくさんのパートナー企業さんと打ち上げを盛り上げています。ほかにも、今回のデアゴスティーニさんのプロジェクトのサポートなど、さまざまな活動を行っています。かける時間も労力も知識もカフェとは全然違い、トライ・アンド・エラーの繰り返しです。宇宙開発と同じですね。
こういった活動を通じて、予期しなかったうれしいことがたくさんあります。かつてカフェに通ってくれていた方々に、今も支えられているんだなと気づくこともできました。店舗という居場所はなくなりましたが、多くの出会いと、生の声を聞く機会に恵まれています。
でも、まわりから一番多い声は「もう一度、宇宙かふぇ(店舗)を」なんです。なので、またいつかお店をつくって、みんなで「地球発・宇宙行き」を目指したいと思っています。


【プラネタリウム番組 レッツスターウォッチング】に使用したトレーラー。

――ところで、「宇宙かふぇ」さんのメンバーにはどんな方がいるのですか?

“フライトディレクター”をはじめとして、プロデュース、ディレクション、宇宙開発、天文など、各分野の“ミッションスペシャリスト”がいます。また、お客様のことは“パッセンジャー”と呼んでいます。メンバーもお客様も、同じ船に乗るクルーとして共に宇宙を目指せたら、という思いで名づけました。
今後はメンバーと共に、イベント活動はもちろん、宇宙かふぇ発のブランド「EXUM実験的宇宙素材」のグッズ開発も進めていきます。

――宇宙愛にあふれる田口さんですが、宇宙に興味を持ったきっかけはなんでしょうか?

きっかけは、ボーイスカウトです。小学生のときから野営キャンプをしていて、夜空はすぐそこにありました。野営の夜、寂しくなると月を探します。母は教えてくれました、「寂しくなったら月を観なさい。私も観ているから、どこに居ても同じ月が一緒に観られるわ」と。それからですかね。ちょっと恥ずかしいですね(笑)。

――素敵なエピソードですね! 「はやぶさ2」にも特別な思いはありますか?

小惑星探査というのは、月や火星の観測との違いを知り、地球がどのようにできたかという起源、つまり過去を知ることだと思います。過去を知ることは、それを未来へ生かすとても重要なミッションであり、ロマンですよね。「はやぶさ」は、困難を乗り越えて帰還しました。古くからモノに対して感情を込める日本という国にとって、「はやぶさ」は、何事にもあきらめず奮起し邁進していく原動力そのものではないでしょうか。
もちろん、「はやぶさ2」にも注目しています。早くリュウグウの姿が見たいですね。いったいどんな形をしているのか、とても楽しみです。タッチダウン、サンプルリターン……これから数年はみどころ満載で目が離せません!

――今後も「はやぶさ2応援プロジェクト」のサポートをよろしくお願いします。

このプロジェクトのお話を最初に聞いたとき、本当にワクワクしました。映像や科学館の模型でしか見られない「はやぶさ2」が、自分のモノになるなんて!
僕が子どものころ、スペースシャトルのおもちゃで遊んだように、大人も子どもも手に取って宇宙をより身近に感じ、想いを馳せてもらえればうれしいです。


宇宙かふぇさんの情報はコチラ
https://uchu-cafe.com/

たいせつにしますプライバシー 10190770(05) Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.