HOME > 必殺仕事人DVDコレクション > DVD一覧

DVD一覧

本誌号数 内容

第51号

必殺仕事人Ⅲ 第8話 窓際族に泣いたのは主水
【作品を紐解く】家康との因縁深い、妖刀「村正」

窓際に追いやられている主水の同僚・島田忠信は、前途有望な一人息子・信一郎の成長だけを楽しみに日々を過ごしていた。その信一郎、恋人・お糸の病身の弟に薬を飲ませるため、家宝の刀を武具商・八州屋に売ってしまう。その後、金の工面ができた信一郎は、買値の二両を持って八州屋へ。しかし八州屋は、売値は三十両だといって信一郎を追い返す


必殺仕事人Ⅲ 第9話 年末賞与を横取りしたのはせんとりつ
【作品を紐解く】日本各地のフルーツ、江戸に勢ぞろい!

江戸城の畳替えは、毎年入札によって決められる。ここ数年は、安くて腕もいい畳問屋・泉屋が一手に引き受けていた。ところが今年は、泉屋と能登屋が指名された。入札を取り仕切る佐竹藩江戸詰め家老補佐・加島によると、後日どちらかに決定するという。その頃、泉屋が信頼を置く職人・政吉の息子が誘拐されてしまう。


必殺仕事人Ⅲ 第10話 子供にいたずらされたのは主水
【作品を紐解く】体にも懐にもあったかい「炭団」

呉服商・伊勢屋の息子・考平は大人達をからかう悪質な悪戯を繰り返していた。ある日順之助は偶然、悪戯に引っ掛った浪人の真辺紳之進が怒りに我を忘れ、考平を斬殺するところを目撃する。驚いた順之助はその報告をしようと仕事人を招集するが、軽率な行動を逆に責められるのだった。一方、伊勢屋は息子の仇討ちをしたいと町の顔役である松五郎に泣きつく。

第52号

必殺仕事人Ⅲ 第11話 恋の重荷を背負ったのは秀
【作品を紐解く】死者を弔う「卒塔婆」の変遷

秀が大坂にいた頃に世話になった人の娘・お六が、秀を訪ねて江戸にやってきた。二人は再会を喜び、お六は秀の家に居つかせてもらうことに。その頃、市中では押し込み強盗が続発しており、町方が夜の見回りを強化するも犯人を捕まえられずにいた。それもそのはず、主水の同僚・岡田が盗賊一味とつながっていたからだった。


必殺仕事人Ⅲ 第12話 つけ文をされたのは主水
【作品を紐解く】歌舞伎の陰の立役者、「狂言作者」

狂言作者・伝吉と組んで恋文代筆業を始めた加代。伝吉を訪ねていると、そこへ長崎屋の一人娘・お波がやってくる。伝吉は長崎屋の元奉公人で、お波に頭が上がらない。そんなお波から、歌舞伎役者の山下菊弥に惚れたので会わせてほしいと頼まれてしまう。実は菊弥は義賊という裏の顔を持っており、伝吉からの話を聞いてある計画に利用しようと企む。


必殺仕事人Ⅲ 第13話 上役の期待を裏切ったのは主水
【作品を紐解く】料亭ひしめく江戸のにぎわい処「柳橋」

主水はタレコミ屋の捨松から船宿・川波屋で賭場が開かれるネタを仕入れる。勇んで踏み込むが、川波屋にその気配はなかった。主水は文句を言おうと捨松の長屋を訪ねたところ、死体を発見。ネタを知らせた捨松が何者かに消された事を怪しんだ主水は、加代に命じて川波屋を探らせる。そんな中、主水は奉行所の中で与力の小田切が切腹して死んでいるのを発見する。

第53号

スペシャル ㊙必殺現代版 主水の子孫が京都に現われた 仕事人vs暴走族
【作品を紐解く】
(1)仕事人たちの職業の系譜、江戸~昭和
(2)「必殺現代版」に見る、懐かしの昭和

保険勧誘員の中村主水、アクセサリー手作り販売の村上秀夫、個人タクシー運転手の長谷川加代、ピアノ調律師の山田勇次は、スナックのカラオケ仲間。互いに先祖が裏の仕事人だったことを知り、悪徳産婦人科医の仕置を計画する。仕事料は被害者たちから募ることにし、運良く事故に見せかけて始末できたが、金はもらい損ねる。そんなある日、主水が保険の勧誘をした仙田吾助が、暴走族の被害にあった妻子を亡くしてしまう。
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 『隔週刊 必殺仕事人DVDコレクション』 特設ページへ


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑