HOME > 必殺仕事人DVDコレクション > DVD一覧

DVD一覧

本誌号数 内容

第51号

必殺仕事人Ⅲ 第8話 窓際族に泣いたのは主水
【作品を紐解く】家康との因縁深い、妖刀「村正」

窓際に追いやられている主水の同僚・島田忠信は、前途有望な一人息子・信一郎の成長だけを楽しみに日々を過ごしていた。その信一郎、恋人・お糸の病身の弟に薬を飲ませるため、家宝の刀を武具商・八州屋に売ってしまう。その後、金の工面ができた信一郎は、買値の二両を持って八州屋へ。しかし八州屋は、売値は三十両だといって信一郎を追い返す


必殺仕事人Ⅲ 第9話 年末賞与を横取りしたのはせんとりつ
【作品を紐解く】日本各地のフルーツ、江戸に勢ぞろい!

江戸城の畳替えは、毎年入札によって決められる。ここ数年は、安くて腕もいい畳問屋・泉屋が一手に引き受けていた。ところが今年は、泉屋と能登屋が指名された。入札を取り仕切る佐竹藩江戸詰め家老補佐・加島によると、後日どちらかに決定するという。その頃、泉屋が信頼を置く職人・政吉の息子が誘拐されてしまう。


必殺仕事人Ⅲ 第10話 子供にいたずらされたのは主水
【作品を紐解く】体にも懐にもあったかい「炭団」

呉服商・伊勢屋の息子・考平は大人達をからかう悪質な悪戯を繰り返していた。ある日順之助は偶然、悪戯に引っ掛った浪人の真辺紳之進が怒りに我を忘れ、考平を斬殺するところを目撃する。驚いた順之助はその報告をしようと仕事人を招集するが、軽率な行動を逆に責められるのだった。一方、伊勢屋は息子の仇討ちをしたいと町の顔役である松五郎に泣きつく。
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 『隔週刊 必殺仕事人DVDコレクション』 特設ページへ


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑