必殺仕事人DVDコレクション

HOME > 必殺仕事人DVDコレクション > 最新号・バックナンバー

「必殺仕事人DVDコレクション」第67号

必殺仕事人DVDコレクション第67号

画像を拡大

発売中

商品概要

  • 必殺仕事人Ⅳ 第12話 勇次鼠小僧と間違えられる 他

  • 号数:第67号
  • 発売日:2017-11-21発売
  • 通常価格:本体1,666円+税
  • お気に入りリストに追加
67

作品を紐解く

必殺仕事人Ⅳ 第12話 勇次鼠小僧と間違えられる
【作品を紐解く】庶民の味方? 鼠小僧次郎吉の実体に迫る

大名屋敷から大金が盗まれた。主水らが取り調べに行くと、その家の奥女中・浪路と側用人・青山が、蔵の鍵が壊され、国元から送られてきたばかりの五千両がなくなっていると証言。そして金の代わりに「鼠小僧参上」という書き置きが残されていたという。数年前、鼠小僧は与力・服部に捕らえられ、獄門送りになったはずなのだが…。


必殺仕事人Ⅳ 第13話 お加代りつの殺しを頼まれる
【作品を紐解く】絶妙な染料で生まれた、江戸時代の流行カラー

ある日、加代のもとに若い娘が訪れ、仕事人にある人を殺してもらいたいと依頼をしてきた。その相手はなんと、主水の妻・りつ。事情を聞こうとする前に、娘は金だけ渡して去ってしまった。加代から話を聞いた主水だが、りつが恨まれるような心当たりはない。変化があったとすれば、りつは奉仕をする会に参加するようになったくらいだった。


必殺仕事人Ⅳ 第14話 主水節分の豆を食べる
【作品を紐解く】悪を屠る切っ先を生み出す「砥石」

秀は、道中で偶然仕事人同士の対決を目撃する。六部に扮した男を倒した若い仕事人は、殺しの現場を見られたことに気付き口封じのため秀に襲い掛かる。やむなく応戦する秀だが、簪を折られて苦戦。間一髪の場面にお民が姿を現し、危うく命拾いする。翌日、殺された男を調べていた主水は、現場近くで折れた簪を発見。秀を訪ね、殺しは仕事人・小平次の仕業だと告げる。

江戸の仕事人たち

塩屋~しおや~
在庫無し
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 『隔週刊 必殺仕事人DVDコレクション』 特設ページへ


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑