必殺仕事人DVDコレクション

HOME > 必殺仕事人DVDコレクション > 最新号・バックナンバー

「必殺仕事人DVDコレクション」第60号

必殺仕事人DVDコレクション第60号

画像を拡大

発売中

商品概要

  • 必殺仕事人Ⅲ 第32話 誘拐犯の娘に惚れたのは秀 他

  • 号数:第60号
  • 発売日:2017-08-12発売
  • 通常価格:本体1,666円+税
  • お気に入りリストに追加
60

作品を紐解く

必殺仕事人Ⅲ 第32話 誘拐犯の娘に惚れたのは秀
【作品を紐解く】御用だ! 悪人を召し捕る「捕物道具」

老舗の札差・若松屋で幼い一人息子が誘拐される事件が発生。若松屋に診察にきていた医師・服部道庵は、賊に縛り上げられ子供をさらわれたと、かけつけた同心に証言する。実はこの誘拐、同心・石川と岡っ引き・亥吉、そして道庵がグルになって仕組んだことだった。その頃、秀はお夕という娘に出会う。彼女の寂しそうな様子が気になり声を掛けるが…。


必殺仕事人Ⅲ 第33話 囮になったのはおりく
【作品を紐解く】安眠はそっちのけ、髪型維持のための「枕」

江戸に戻ってきたおりくは、到着早々3人組に襲撃される。その場はなんとか逃げるが、手練れの相手を見て同業の匂いを感じ取る。おりくはその3人の始末を依頼されており、主水ら 事情を話すも、しばらくは様子を見ることに。その翌日、主水は奉行所で勘定奉行留守居役・川中市兵衛が自害したことを聞かされる。この件と3人組には関係があった。


必殺仕事人Ⅲ 第34話 大名になったのは同級生
【作品を紐解く】悪事はお任せ、暗躍する「お城坊主」

順之助の塾仲間・弥八郎が、遠縁の小大名・堀家の家督を急遽継ぐことになり、名も忠尚と改めるという。しかし堀家の財政は窮迫しており、建て直しが求められていた。大名暮らしに慣れない忠尚は、江戸城内で幅を利かせる茶坊主たちや諸大名から馬鹿にされる。そんななか、意外にも奥坊主組頭の宗渓が忠尚に耳寄りな話を持ってくる。

江戸の仕事人たち

飛脚~ひきゃく~
在庫無し
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 『隔週刊 必殺仕事人DVDコレクション』 特設ページへ


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑