必殺仕事人DVDコレクション

HOME > 必殺仕事人DVDコレクション > 最新号・バックナンバー

「必殺仕事人DVDコレクション」第42号

必殺仕事人DVDコレクション第42号

画像を拡大

発売中

商品概要

  • 新 必殺仕事人 第38話 主水女の節句に遠慮する 他

  • 号数:第42号
  • 発売日:2016-12-06発売
  • 通常価格:1,833円(税込)
  • お気に入りリストに追加
42

作品を紐解く

新 必殺仕事人 第38話 主水女の節句に遠慮する
【作品を紐解く】芸は売れど色は売らない、辰巳芸者

ある日、秀は店先で見かけた鍛冶職人・車坂の庄吉作の道具に惚れ込む。道具屋の主人は「才蔵一味には決して売らないように」と庄吉に念を押されていたが、才蔵の手下が無理矢理買っていってしまった。才蔵は代々の宮大工だが、現在は博打に手を染めるヤクザもの。そしてその道具が、殺人の凶器に使われてしまう。


新 必殺仕事人 第39話 主水友達を気にする
【作品を紐解く】寺院が集まる谷中、門前町で大賑わい

おりくと勇次は、女郎が芸で身を立てられるようにと、谷中の女郎相手に三味線を教え始めた。もう少しで年季が明けるお弓と大照も、熱心に稽古を受けていた。これに頭を悩ませていたのが、稼ぎ頭の2人を引き止めたい女郎屋の主・和助だ。和助は、女郎客を奪われ稼ぎが減った口寄せ巫女・おりんと組んで、互いの利益になるような策を講じる。


新 必殺仕事人 第40話 主水ケチに感心する
【作品を紐解く】おりくが魅せる、博打の壺振り

金貸しの吉兵衛はドケチで有名で金の隠し場所を娘にも教えない。吉兵衛は幼い頃、貧しさゆえに母親を亡くし、その悔しさが金の亡者へと駆り立てていた。一方、奉行所では頻発する押し込み強盗の探索に躍起になっていた。怯える吉兵衛の元へ居合斬りの剣客・藤巻が訪れ、用心棒として雇うようにと持ちかける。実は藤巻には策略があり、金の隠し場所を探そうとしていた。

江戸の仕事人たち

瓦師 〜かわらし〜

在庫は残りわずかです

在庫無し
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 『隔週刊 必殺仕事人DVDコレクション』 特設ページへ


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑