HOME > 大映特撮DVDコレクション > DVD一覧

DVD一覧

本誌号数 内容

第51号

昭和29年公開
怪猫逢魔が辻
女歌舞伎の座頭・市川仙女は、仙女に代わって座頭になる野望を抱く坂東染若の 奸計にはまる。花道から転落し、負傷した仙女は、傷薬と偽った毒薬により無惨 な形相となった挙句、斬殺された。だが、どこからか現われた仙女の愛猫・美乃は 主人の残血を舐める。それ以降、次々と怪異が起こり、仙女を陥れた者たちが襲 われていく……。入江たか子主演の戦後大映怪猫映画第四作!

スタッフ
監督:加戸敏
脚本:木下藤吉

キャスト
入江たか子、勝新太郎、村田知栄子、坂東好太郎、阿井美千子、霧立のぼる、橘公子、大美輝子、金剛麗子、香川良介 他

第52号

昭和33年公開
白蛇小町
安藤家の主・佐門は若いころ、お巳年という侍女と恋仲だったが、良縁を優先した親の策謀により、お巳年は不義者と貶められた挙句、無惨な死を遂げた。だがその後、お巳年の亡霊が現われ、安藤家を末代まで呪うとの呪詛を遺す。時が経ち、佐門の息子・新之助が祝言をあげることになったが、花嫁は忽然と姿を消し……。大映が怪猫映画にかわる新路線を企図した“蛇”シリーズ第1弾!

スタッフ
監督:弘津三男
脚本:土屋欣三

キャスト
梅若正二、中村玉緒、千葉敏郎、和泉千太郎、小町瑠美子、毛利郁子、羅門光三郎、荒木忍、南部彰三、志摩靖彦 他

第53号

昭和32年公開
怪猫夜泣き沼
九州佐賀藩主・鍋島丹後守は、近習頭・小森一馬と鼓の秘伝をかけた打合せを行うが、これに敗れたことから裁定を下した盲目の入道・竜造寺閑斎を手討ちにしてしまう。その裏には閑斎の存在を疎ましく思っていた悪家老・磯早豊前の奸計があったのだ。だが、閑斎の怨霊は愛猫に乗り移り、やがて丹後守の娘にとり憑き怪異をもたらしていく……。入江たか子による怪猫ものの最終作!

スタッフ
監督:田坂勝彦
脚本:民門敏雄

キャスト
勝新太郎、三田登喜子、阿井美千子、千葉登四男、浜世津子、細川俊夫(新東宝)、入江たか子、荒木忍、大邦一公、小林加奈枝 他

第54号

昭和35年公開
透明天狗
勘定奉行・青江武太夫は身に覚えのない罪を着せられ切腹、無念のまま命を絶った。その一年後、目に見えない何者かによる斬殺事件が頻発する。犯人は透明天狗を名乗り標的に殺人通知を送りつけていく。真相解明に乗り出した浪人・松平新八郎は、透明天狗の影に武太夫切腹事件と武太夫の一子・数馬の存在にたどり着くが……。透明人間ものを時代劇に採り入れた興趣満点の娯楽篇!

スタッフ
監督:弘津三男
脚本:吉田哲郎

キャスト
中村豊、近藤美恵子、島田竜三、真城千都世、綾英美子、荒木忍、夢路いとし(大宝)、喜味こいし(大宝)、南部彰三、尾上栄五郎 他

第55号

昭和27年公開
怪談深川情話
男嫌いで通った踊りの師匠・若柳吉登世は、年下の青年・相良新吉と深い仲となるが、熱愛のあまり愛弟子・お久と新吉の仲を疑うようになり、その嫉妬はかえって若い二人を結びつかせてしまう。一方、請負師の熊本傳次郎は、吉登世に食指を動かし始めるが、そんなある日、吉登世は新吉と言い争い、顔面に傷を負ってしまう……。戦後初めて製作された本格怪談映画!

スタッフ
監督・脚本:犬塚稔

キャスト
水戸光子、長谷川裕見子、堀雄二、進藤英太郎、市川小太夫、星ひかる、潮万太郎、上田寛、石原須磨男、藤川準 他

第56号

昭和33年公開
執念の蛇
江戸の両替商・伊勢屋の一人娘・千代は、手代の清二郎と結婚することになったが、これを快く思わない踊りの師匠・歌次は、番頭の彦六らと組んで伊勢屋乗っ取りを企み、千代を惨殺する。計画どおり伊勢屋に入り込んだ歌次は、口封じのため次々と人々を殺めていくが……。蛇女優と誉れ高い毛利郁子を起用した『白蛇小町』に続く蛇もの怪奇路線映画の第2弾!

スタッフ
監督:三隅研次
脚本:土屋欣三

キャスト
島田竜三、近藤美惠子、毛利郁子、美川純子、和泉千太郎、水原浩一、寺島貢、荒木忍、市川謹也、福井隆次 他

第57号

昭和31年公開
怪猫五十三次
参勤出府中の三州岡崎五万石の城主・本多三河守は、お家の秘宝である茶碗を将軍家に献上することとし、家老の娘・浪路とその婚約者で一刀流の達人・南三次郎を護送役に任命した。だが、家老失脚を謀る御留守居役・大高伝蔵の配下によって二人は襲撃され……。戦後、大映が新興キネマ時代の同題怪猫映画を再映画化、道中もののテイストで描いた勝新太郎主演の怪奇娯楽編!

スタッフ
監督:加戸敏
脚本:八尋不二

キャスト
勝新太郎、三田登喜子、林成年、若松和子、浜世津子、入江たか子、市川小太夫(松竹)、三井弘次、水原浩一、南條新太郎 他

第58号

昭和37年公開
怪談夜泣き燈篭
豪商の一人息子・又三郎は、水茶屋の女・お絹と駆け落ちした。だが、金に困窮した又三郎は同じ長屋に住む植木職人の由之助に相談をもちかける。お絹に目がくらんだ由之助は世間知らずの又三郎に対して、瀕死を装い家から金をだましとれとそそのかすのだが……。『座頭市物語』で知られる名脚本家・犬塚稔のオリジナルシナリオによる怪談映画。

スタッフ
監督:田坂勝彦
脚本:犬塚稔

キャスト
小林勝彦、藤原礼子、名和宏、中村鴈治郎、南条新太郎、堀北幸夫、横山文彦、橘公子、小林加奈枝、小柳圭子 他

第59号

昭和34年公開
青蛇風呂
料理茶屋“白藤”で、主人の清吉の弟・佐助は盗みの咎で奉行所へ引き立てられてしまう。さらに佐助の部屋から盗品の香炉が見つかり罪は確実と思われたが、店の安泰を謀る内儀のおえんは、証拠を見つけた源七を口封じのため殺そうと清吉に持ちかける……。“蛇女優”の異名をとる女優・毛利郁子を起用した、大映「蛇」シリーズ第三弾にして最終作!

スタッフ
監督:弘津三男
脚本:吉田哲郎

キャスト
島田竜三、毛利郁子、伊沢一郎、小町瑠美子、中田ダイマル、中田ラケット、荒木忍、市川謹也、高倉一郎、横山文彦 他

第60号

昭和34年公開
四谷怪談
世をすねて生活する小並請組・民谷伊右衛門は、ある夜、武家の娘・お梅を助けたことから彼女に見初められるが、伊右衛門の悪友である秋山長兵衛らはこれを利用し金づるにしようと画策する。一方、伊右衛門の妻・お岩は夫に献身するも、伊右衛門は忠僕・小平とお岩の仲に疑いを抱いていく……。長谷川一夫が初めて怪談映画に挑戦した、名匠・三隅研次監督による四谷怪談決定版!

スタッフ
監督:三隅研次
脚本:八尋不二

キャスト
長谷川一夫、中田康子(東宝)、浦路洋子、近藤美恵子、鶴見丈二、林成年、高松英郎、村田知栄子、杉山昌三九、須賀不二男(松竹) 他
カンタン会員登録発売日お知らせメール
©KADOKAWA1953 / ©KADOKAWA1956 / KADOKAWA1957 / ©KADOKAWA1958 /  ©KADOKAWA1960 / ©KADOKAWA1962 / ©KADOKAWA1965 / ©KADOKAWA1966 ©KADOKAWA1967 / ©KADOKAWA1968 / ©KADOKAWA1969 / ©KADOKAWA1970 / ©KADOKAWA1971 / ©KADOKAWA1980 / ©1995KADOKAWA NH / ©1996KADOKAWA NHFN / ©1999 KADOKAWA TNHN ©2005「妖怪大戦争」製作委員会 / ©2006 「小さき勇者たち~ガメラ~」製作委員会
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 特撮カタログ2016
  • 本誌の魅力を徹底解説!! 特設ページはこちらから


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑