HOME > コンバット・タンク・コレクション > コレクション一覧

コレクション一覧

各画像はクリックすると拡大します。

本誌号数 内容

創刊号

VI号戦車ティーガーE型〈ドイツ〉
ドイツ陸軍大ドイツ師団“グロスドイッチュラント”の重戦車中隊に配備された車両。ダークグレイRAL7021に塗装され、車体の側面と後面にバルカン・クロスが描かれている。

第2号

61式戦車〈日本〉
緑オリーブ色の上に茶色の迷彩模様を施した第10師団所属の61式戦車。砲塔側面には同師団のシンボル「シャチホコ」が描かれている。

第3号

M48A3パットン2〈アメリカ〉
アメリカ第1海兵戦車大隊所属のM48。茶褐色がかったオリーブグリーンであるオリーブドラブ9番に塗装されている。アメリカ軍は19世紀末から1970年代まで、オリーブドラブを使用した。

第4号

レオパルト2 A5〈ドイツ〉
コソヴォ国際安全保障部隊のレオパルト2 A5。RAL6031、RAL8027、RAL9021のNATO戦車迷彩で塗装されている。

第5号

VI号戦車ティーガーII B型 〈ドイツ〉
1944年12月のアルデンヌ攻防戦に投入されたティーガーIIを再現。オリーブグリーン、ロートブラウン、ドゥンケルゲルプの迷彩が施されている。

第6号

M1A1HAエイブラムズ 〈アメリカ〉
第1海兵戦車大隊所属の車両。塗装色は、砂漠の風景にとけ込むサンド(砂)FS33446。塗料の成分には車両の汚染を除去する物質が含まれている。

第7号

M4A3シャーマン 〈アメリカ〉
1945年2月にフランスで戦ったアメリカ陸軍のM4A3シャーマンを再現。オリーブドラブ9号の塗装に、識別用の白い星をまとっている。

第8号

メルカヴァMkIII 〈イスラエル〉
イスラエル北部の砂漠地帯を基地とする第118“バラク”機甲旅団のメルカヴァMkIII。ヘブライ文字で「マハツ(攻撃)」と描かれている。

第9号

ヤークトパンター〈ドイツ〉
1944年12月のアルデンヌ攻勢に投入されたヤークトパンターを再現。オリーフグリューン、ロートブラウン、ドゥンケルゲルプのヒンターハルト(伏撃)迷彩に塗装されている。

第10号

チャレンジャー1 〈イギリス〉
オリーブグリーンの基本色に黒いまだら模様というイギリス陸軍伝統の迷彩をまとった本土師団所属のチャレンジャー1を再現。
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 隔週刊 コンバット・タンク・コレクション 特設ページ
  • デジタル版サービス「デアゴスティーニ書店」
  • カンタン会員登録
  • 発売日お知らせメール


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑