週刊ロボゼロ

男のロボット部掲示板

【ご注意】投稿内容は、掲示板管理者が内容の確認の後、掲載いたします。
本誌の内容に関するご指摘、ご質問は、お問い合わせフォームからお願いいたします。

ただいま組立て中

目が光りました。(70号)

この書き込みへの評価 2Point

投稿日時:2012-07-04 17:27:11

このスレッドへの返信はこちら
スレッド主 ボンバー

始めまして。

目が、ようやく光りました。

この掲示板を見て、参考にさせていただきました。

ハンドユニットも、自分なりにガタを無くしました〔ボールペンの芯をカットしました〕

これからも参考にして、改造していきたいと思います。
皆様ありがとうございます。


クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

返信No.1 投稿者:CHA

投稿日時:2012-07-04 21:41:09

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

こんばんは。

なるほど。ボールペンの芯ですか!
近場のお店にちょうどいいものなくて困っておりました。

目からウロコです、参考にさせていただきます。

返信No.2 投稿者:iz12

投稿日時:2012-07-06 01:17:16

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

作動中のモニタランプが背中のオレンジランプだと、正面からは見づらいですよね。
その補完として、頭部にLEDを仕込みたいとはおもうのですが、
その電源は何処からとっているのでしょう?
LEDはもっているし、スイッチ部に配線を当てて点灯するのは確認したのですが…。

どこからとっているのでしょう?

指の「ボールペン」のアイデアは、素晴らしいですね。
今度、ボールペンが書き終わったら作ってみようと思います。
ありがとうございました。

返信No.3 投稿者:次郎

投稿日時:2012-07-06 10:31:15

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

ボンバーさん、こんにちは。   

目を光らせたのですね。綺麗ですね、やはりブルーは、映えますね

指のガタつきの解消に、ボールペンの芯ですか、考えましたね。

いろいろと、トライしてみて下さい。

返信No.4 投稿者:ボンバー

投稿日時:2012-07-06 21:02:11

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

CHA様、iz12様、次郎様

ありがとうございます。

配線ですが、スイッチと連動させる一番簡単方法にしました。
(+)を、スイッチから出ている所に半田付けしました。
(-)は、電源コネクターの黒い方に挟む様にしました。


ジャイロセンセーと、赤外線センサーを頼みました。





クリックすると拡大します

返信No.5 投稿者:iz12

投稿日時:2012-07-09 21:18:50

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

ボンバーさん、ありがとうございます。

やっぱり!でした。
半田付け…かぁ。これからまた、あのサーボの配線を抜いて…となると、少し憂鬱になっちゃいます。

でも、せっかく教えていただいたので、チャレンジしてみたいと思います。
ありがとうございました。

返信No.6 投稿者:三四郎zz

[WEBサイトURL]  投稿日時:2012-07-10 11:25:09

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

ボンバーさん、初めまして。
ちょっと気になる内容の記載があったのでアドバイスをさせて戴きます。
私も目のLED発光改造で、ボードのスイッチと連動させるといいな、と
思ってスイッチ足に直接半田で、+出力を、コネクターのー端子と同一
位置からー出力を取り出し、LEDを発光させました。抵抗は、3.3kΩ
を入れました。
眼の発光はスイッチと連動し、成功しましたが、「RXコントローラ」の
操作で障害が出ました。どうやらLED回路が、ボードのバイパス回路
になってしまったらしく操作が出来なくなりました。
不具合:「ポーズエディータ」を起動し、「オンライン」にチェックを入れ、
「ホームに戻す」をクリックすると、正常なら、ROBOXEROが立ち上がる
のですが、「オンライン」のチェックが消え、何の動作もしません。
私は、ボードの半田付け回路と、眼のLED回路を別のコネクターで接続
していたので、そのコネクターを抜く(接続を切る)と正常に「ポーズエディ
ーター」が戻りました。
不具合の原因は解りませんが、ボードに回路を追加する場合、危険が
伴います。結果、眼のLEDは「釦電池」で発光させました。
ボードは「コントローラ」の操作上で、どんな不具合が発生するか未知
ですので止めることにしました。
私のRoboxeroだけの個体差ならいいのですが、ご注意下さい。

返信No.7 投稿者:よっしい

投稿日時:2012-07-11 20:17:27

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

三四郎zzさん 始めまして

 私もはじめからLEDを組み込んでいました
 どこから電源を取ろうかと思っていましたが
 三四郎さんと同じところからとりました
 今日動かして見ました
 目はきれいに光りますが
 最初に挨拶の動作はうまくやれましたが
 その後はビービーとなってまったく動きません
 今試したばかりなので良く分かりませんが
 別の電源を作らなければ  かな~
 と思っています
 何か良い方法があれば教えてください

返信No.8 投稿者:ボンバー

投稿日時:2012-07-12 09:43:36

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

三四郎zz様
ご指摘ありがとうございます。


僕のロボゼロは、今の所異常なく動いています。
LEDは、秋葉原で抵抗付きのを買ったので何Ωかわかりません。
(+)を、スイッチのセンターよりの所から取りました。
(-)は、電源コネクターの黒い配線の方に繋いであります。

返信No.9 投稿者:shiogig

投稿日時:2012-07-12 18:19:54

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

私も、目ん玉を光らせようと奮闘中です、電源の取り出しについて・・・

スイッチのセンター端子と電源端子の黒は判り易く無難な場所と言えるでしょう、
ただし直流的に見た場合はOKでも交流的に不可となって障害が発生していると考えられます

コンピュータはAMラジオの周波数よりも高い高周波パルスで動いています、パソコンのCPUは
GHz台ですよね、基盤内に流れる電流のルートが変わったり接続したケーブルがアンテナの
役目を果たして動作不安定になっている可能性が大きいと思われます。

対策としてはインピーダンスを下げるためのコンデンサの両端からですが「判りずらい、半田が難しい」
次は、サーボの電源と同じ場所、外部に電源を供給しており対策が取られている。「半田付け、やや難がある」

スイッチの端子でも良いが、フェライトビーズ等を使って高周波が流れ出ないように阻止する、
またLEDまでの電線に撚りをかけて周囲からと周囲への影響を軽減させる等でしょうか。

参考事項
電気が流れると磁界が発生しますよね、2本の電線を接近させ行きと帰りの電流を同じ値にすると
磁界を打ち消させることが出来る、他所で発生した磁界の影響を軽減できる等です

サーボのケーブルも原理的には制御信号用に+と-、モーター用に+と-の4本必要ですが省略して
-側を一本で済ませている (制御信号の電流が極めて微弱なため影響が少ない、
平行ケーブルで長さが短い等が省略の理由でしょうね、コストもあるけど。)

USB(内部は4本)やLAN(内部に8本)ケーブルもペア同士で撚りがあるんですよ(一部例外もあるが)

返信No.10 投稿者:kukuhati

投稿日時:2012-07-12 23:18:16

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

ここを見ていて、まずいことをなさっているなと思っていました。
理由は、shiogigさんが 書いてくださいました。

ここでの課題はCPUボードの電源スイッチ連動でLEDを発光させる電源ということですが
サーボのケーブルで長さに余裕のあるものを 途中で分岐するのが
良策と思います。

高額なCPUボードの加工はしなくてすみます。
実際にやっていない者が このように述べるのはどうかとも思いますが
投稿させていただきます。

返信No.11 投稿者:ボンバー

投稿日時:2012-07-13 13:36:53

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

皆様こんにちは。
僕のスレッドでこんなに、盛り上がるとは、おもいませんでした。

shiogig様
貴重なご意見ありがとうございます。
電気関係は、素人ですので、参考になります。

kukuhati様
元々改造なので、正解は、ないと思います。
サーボからの電源は、僕は思い付かなかったので。
今考えれば、その方が安全でしたね!

今のところ、僕のロボゼロは、RXコントローラーでの作業もリモコンでも問題無く動いております。
先日、雲梯も組み立てて試しました。

返信No.12 投稿者:よっしい

投稿日時:2012-07-13 20:10:19

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

皆さまこんばんは

 私は目を光らしたくてスイッチから電源を取りましたが
 うまくいかなかったので、バッテリーの直後から
 プラスとマイナスを取り出しました
 常時点灯させるのも無駄なので
 途中のスイッチをつけました
 今のところ、うまくいっています

※健全な掲示板運営のため必ずルールをご覧下さい。

ご利用のルール

本誌の内容についてのご質問、ご要望、ご指摘などに関しましては、お問い合わせフォームよりお願いいたします。
本誌内容についてのご意見やご質問等をいただいた場合は削除の対象になります。
弊社から返答を希望されるご意見、ご質問は必ずお客様サポートセンターにお願いします。
当掲示板の書き込みへの返答はできませんので、ご了承ください。



Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑