作ってみました

【全般】

多摩モン

投稿日時:2019-12-18 12:26:20

完成品を見せてください

こんにちは。
R2-D2が完成して各地で悲喜こもごもの報告があるようですね。

うちのR2-D2も
ライトセーバーが動かなくなった
音声認識が上手くできない
など定番の事象が起きていますが、もう分解する気力は無いので諦めました(笑)

さて、不具合報告ばかりでも面白くないので、皆さんの完成したR2-D2を見せてくれませんか?

こんなウェザリングをした、とか
こんな加工をした、とか
オリジナルカラーにした、とか。

同じウェザリングでも人によって違うと思いますのでそういうのも色々見られたら面白いと思います。

ぜひ見てみたいです。

私のはウェザリングマスターとトップコートによる汚しのみです。
頭部のステンレスもメタルプライマー塗布後、ウェザリングマスターとトップコートをかけています。

ちなみに100号のウェザリング方法の中で、定着剤(トップコート)は使わないように、というような記載があります。

本体がABS製なので、もちろん大量にトップコートなどを吹き付けるとパーツ割れの原因になりますが、うっすら少しづつ吹く分には特に問題ないと考えます。
(当然ながら自己責任となりますが)

【トピックス】 完成

クリックすると拡大します

返信No.1 投稿者:トルパパ

投稿日時:2019-12-19 15:50:13

多摩モンさんへ

僕も同じ事を考えてました!!
無事完成している方、まだ不具合の真っ只中の方・・・、
不具合箇所と仲良く付き合っていくと決意した方・・・。
様々いらっしゃいますが、不具合の報告ばかりも淋しいですもんね。
※まだご苦労なさってる方、スイマセン。。。

多摩モンさんとのR2、すごく“男前”な感じがしますねーーー!!
頭部もボディもススけたようなウェザリングが、
エピソード8あたりのR2の感じがします!!
全体のつや消しのマット感に統一性があって、
「劇中使用のプロップ」と言われても信じてしまいそうです!!
LCDディスプレイがリアルさを一層引き立てているーーーーーーっ^^b

私は、頭部のウェザリング作業のみ残しています。
頭部ドームは、ウェザリングマスターで汚し、
適度に艶も残そうと思っています。
※組み立て前の段階でドームに、半つや消し塗装をしてあります。

ただ、全てのブルー部分を艶ありに処理してあるので、
トップコートをスプレーする際、面倒なマスキング処理が必要になってくるので、
(艶あり、艶なし部分を残すため)頭部ドームへのトップコートは省きます。
なので、ウェザリングマスターは定着しないとは思いますので
そこは、水性のサインペンか何かで汚れを表現しようかなーーーと考えております。

多摩モンさんのような、スタジオで撮ったようなキレイな写真は撮れませんが、
のちのち画像もupしたいと思います!!

返信No.2 投稿者:多摩モン

投稿日時:2019-12-19 17:33:38

トルパパさん
ブルー部分がつやありなのはメリハリがあって良さそうですねー!
ぜひぜひ見せてくださいね!

>>スタジオで撮ったような

えーとですね
この背景は
画用紙です(笑)

返信No.3 投稿者:トルパパ

投稿日時:2019-12-20 15:53:55

ウチの子です^^;

ボディ部へのウェザリングは、基本エナメル塗料のブラックとブラウンとホワイトの混合で、
場所により配合を変えております。
ウェザリングマスターは、所々にはアクセントで使用しております。

頭部ドームは、メタルプライマーをスプレー後、半つや消しスプレーを噴き、
※細かい割れが発生したためオススメ出来ません。
最終的に(今回撮影にあたり)、ウェザリングマスターにて汚しを加えました。

ボディ&頭部ドームのブルーのパーツは、組み立て段階で艶ありスプレーにて
艶を出しております。

以前の投稿でも書いたのですが、
こだわった点は・・・
①胴体前部中央の上下に並ぶ超音波センサー部(部品で言うと「センサーハウジング」)をブラックで塗装。
②左右の肩部分「ショルダープレート」を入れ替えて「潤滑バルブ」が前になるように加工。
③3箇所のプロジェクターシェルを若干短く加工。←ほとんど判りません^^;
④3本の脚の足首部分の関節が可動するかのように、塗装で可動域を表現。
⑤モーター音を少しでも抑える為に、フューセルカバー内にクッション材で防音処理。←比較対象がないので
効果が判りません。
⑥みなさんもされてますが、頭部とボディの隙間を狭めてます。
⑦よっちゃんパパさんのを参考に、中央脚の収納部をケガキでなんちゃって再現。

そんなところでしょうか^^

毎日、息子に弄ばれているR2。。。
いつまで機嫌よく動いてくれるのやら(笑)

クリックすると拡大します
クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

返信No.4 投稿者:多摩モン

投稿日時:2019-12-20 17:52:22

トルパパさん
数々のこだわりが素晴らしいですね!
脚の可動風の塗装は真似したかったですね~

ツヤと汚しのコントラストも引き立ってます。

それとクッション材は確かに入れたい(笑)

返信No.5 投稿者:ポル

投稿日時:2019-12-20 20:01:26

多摩モン様
トルパパ様

ウエザリング、素晴らしいですね。
見てると、ますますやる気が、みなぎってきます。

私がやると、モット汚くなるでしょうね(笑)
どちらも、参考になります。

返信No.6 投稿者:多摩モン

投稿日時:2019-12-23 11:55:06

ポルさん
がっつりウェザリングされたR2もぜひ見せてくださいね!
100号に載っていたサンプルも相当汚してましたけども( ^_^ ;)

返信No.7 投稿者:トルパパ

投稿日時:2019-12-23 14:41:17

ポルさんへ

お褒めのお言葉、ありがとうございます!!
ひと手間加えるだけで、グッとリアル感が増しますよ。
100号のサンプル画像を見た時は、焦げてるのかと思いました^^;

101号、102号・・・届くはずのない号を心のどこかで期待したこの週末・・・
あーーー、終わっちゃったんだーーーと実感しました(涙)

返信No.8 投稿者:<SQUARE>

投稿日時:2019-12-30 22:06:46

みなさん綺麗にウエザリングされてますね。
私は・・・どうも頭の中のイメージは泥がコッテリ、または砂でジャリジャリ。
綺麗な場面ってあまり記憶にないので泥だらけ風になってます(;^_^A
「ちょっとメンテ含めて洗い流したよ」風になる様に修正中でございます。
完成してからも色々と楽しみながら付き合ってます♪
映画の方にも行きましたが、ちょっと都合悪くてR2はお留守番でした。
年明けに連れて行きたいです。

返信No.9 投稿者:ポル

投稿日時:2020-01-16 18:26:55

とうとう、汚しはじめました。

ちなみに、最初は、グレーと脚や本体の底部分は、オレンジを塗り始めました。本体は、グレーで汚し、徐々に黒、茶色で汚し、最後には、ウエザリングマスターを使って仕上げようと思ってます。
何日掛かるやら(笑)

嫁に、やっぱり、白のままにしなかったんだ。
汚い‼️
と、怒られちゃいました。
墨入れしてたら所々ラッカーで、割れちゃいましたが、そのまま残して(笑)

返信No.10 投稿者:多摩モン

投稿日時:2020-01-17 21:16:12

SQUAREさん
ジャリジャリ泥だらけR2、ぜひ見せてくださいね!
映画に連れていった風景なんかも見たいですね(笑)

ポルさん
色々な色調でウェザリングするようでとても楽しみです!
やはり汚すと家族には理解してもらえないですね( ^_^ ;)

返信No.11 投稿者:ポル

投稿日時:2020-01-19 17:21:25

ウエザリング二日目です。
今日は、黒と茶色を入れました。
次は、もう少し汚れるかな(笑)
足元と本体の底を、サンド着けるか考え中です。

クリックすると拡大します

返信No.12 投稿者:多摩モン

投稿日時:2020-01-20 20:06:16

ポルさん
なかなか思い切りましたね!(≧w≦)
これから更にどうなって行くのか興味津々です。
またアップお願いします!

返信No.13 投稿者:トルパパ

投稿日時:2020-01-21 11:30:15

ポルさんへ

R2は絶対、多少汚れている方がイイですよーーー(←あくまで個人的な意見です)
頭部もガッツリいってますねーーー^^b
各ドア部分などのスミ入れはバッチリじゃないですかーーー!!
汚し塗装は、乾く直前にティッシュで拭き取るのが僕のやり方です。
濃く残したいところは強めに拭き取る、薄めに残したいところは念入りに拭き取る。
そして出来れば、参考になる劇中に登場するR2の写真を用意して、
にらめっこするのがいいかなーーーと思います。
ネットでいくらでも見つかりますので^^
更なる進化を楽しみにしていまーーーす!!

返信No.14 投稿者:ポル

投稿日時:2020-01-21 13:42:54

多摩モン様

ありがとうございます。
本体は、今のをベースに。
出来上がりは、多分泥んこになるかも。
頭も、泥かぶり状態にする予定です。

トルパパ様
ありがとうございます。
ですよね。
私の頭の中も、真っ黒か、泥々に汚れてるイメージしかないので。
最終的に、綿棒に薄め液を染み込ましてボカシていく予定です。
今は、油絵の要領で描いてます。
遠く離れて見ながら。
更にパワーアップする予定です。



Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑