マイ3Dプリンター公式サポートページ

FAB 3D CONTEST2016

● idbox!で出力した作品を写真に撮って、投稿ジャンル「作品募集」を選んで投稿してください。
● モデリングデータの画面キャプチャの投稿も歓迎です。
● 投稿の際に、作品のアピールポイント、苦労したところなども、ぜひお書きください!
● 投稿作品は、「週刊マイ3Dプリンタープリンター実践編」の誌面にて、掲載する場合があります♪
● 優秀作品には誌面にて講評を付けて掲載します。豪華プレゼントも予定!

ご応募はこちらから

作品募集

YS-11用エンジン・カットモデル (自作品)(全般)

この書き込みへの評価 1Point

投稿日時:2017-06-20 19:25:23

このスレッドへの返信はこちら
スレッド主 konchan

1962年8月初飛行以来、ほぼ半世紀にわたり活躍してきた初の国産旅客機YS-11が、2017年3月日本の空から退役しました。
同機に搭載されているロールスロイス製「ダート(DART)」ターボプロップ・エンジンは、1960年、1962年に相次いで全日空にて運用開始された日本初のガスタービン式旅客機「ピィッカース 744, 828 バイカウント」「フォッカー F-27 フレンドシップ」に搭載されていた 「ダート-7」のパワーアップ型で「ダート-10」と呼称されました。
両型とも基本構造は同じです。
これらの全てにかかわってきた者として、退役を惜しみ、記念として「カット・モデル」に挑戦しました。
今回は、モデリング、造形、組立まで全て自作しました。

前回の2作品 (ジェット・エンジン系)との相違は・・・
 ① 遠心式圧縮機 (インペラ、ディフューザー) ← 軸流圧縮機(ブレード、ベーン)
 ② 缶(カン)型燃焼器             ← 環(アニュラー)型燃焼器
 ③ 減速歯車装置・プロペラシャフト(減速比=約0.1)  ← (無し)
 ④ 空気取入れ口付きエア・インレット・カウリング ← (無し)

断面図、外観図と記憶を手がかリに、モデリングに取り掛かったので、試行錯誤の連続でした。
何とか出来たのですが、どうやってモデリングしたのか、思い出し難いものもあります。
その内、復習してみたいと思っています。

部品点数は、約70点 (STLファイル数)。 (ベアリング、アルミチューブ、マイクロネジ、ボルトは除く)

モデリング・ソフトは、殆ど「123D Design」を使いましたが、歯車のデザインには「Fusion 360」の30日間無料アドイン「Spur Gear」を利用しました。(モジュール = 1 を使用)

【造形条件】
  ・フィラメント: PLA (白・黒・銀・赤・黄)  
  ・簡単設定 (PLA一般)
  ・ノズル:  0.4mm
  ・積層:  部品により 0.1, 0.2, 0.3mm (とくに翼形状部品、歯車 = 0.1mm)
  ・密度:  部品により 20, 40, 100% (とくに翼形状部品、歯車 = 100%)
  ・プラットフォームシート+スティックのり
  ・ヒートベッドは不使用

回転できることを狙い、ボールベアリング (全12個、内減速歯車装置に9個) を使いました。・・・一部、「idbox」の X/Y軸から取り外したものを再利用出来て良かったです。

このような作品を作れるようになったことに対し、デアゴスチィーニ社、コミュニティサイト、ダウンロードサイトの皆様に感謝します。
尚、現在同機に取り付ける「可変ピッチ・プロペラ (中央部)」を製作中ですので、完成次第投稿します。

クリックすると拡大します
クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

返信No.1 投稿者:pacchim

投稿日時:2017-06-24 13:10:08

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

konchanさん

ジェットエンジンのカットモデル、ダウンロードデーターを習作としてオリジナル品を一から自作とはすごいです。
私はエンジン等のメカには詳しくないので細かいところはよくわかりませんが伝わるものはあります。

それにしても3Dプリンターはおもしろいですね。
私は主に日用品というか実用品ばかり自作していますがデーター作成含め、良い買い物(投資?)をしたと思っています。

返信No.2 投稿者:konchan

投稿日時:2017-06-25 10:08:30

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

YS-11用エンジン・カットモデル (その2)「可変ピッチ・プロペラ」

同機に取り付ける「可変ピッチ・プロペラ (中央部)」を自作しました。
可変ピッチ機構として、各ブレードの「平歯車」が「面(フェース)歯車」と連動する構造にしました。
「面(フェース)歯車」の軸受には、3mm径のボールを使い、回転し易くしました。
本品は予想より大きく、エンジンを含む全長は 345mm になりました。
エンジンは、後ろから見て時計方向に回りますが、プロペラは減速歯車により反時計方向に回ります。
実機プロペラの直径は、約4mあります。

【造形条件】
  ・フィラメント: PLA (白)・・・黒色は塗装  
  ・簡単設定 (PLA一般)
  ・ノズル:  0.4mm
  ・積層:  0.2
  ・密度:  40% (歯車部品は100%)
  ・ラフト: なし
  ・サポート: キャップのみあり
  ・プラットフォームシート+スティックのり (ラフト/サポートなし)
  ・ヒートベッドは不使用

これで、今回の作品は一応完成ですが、気が向けば手直しをするかもしれません。
閲覧ありがとうございました。

クリックすると拡大します
クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

返信No.3 投稿者:konchan

投稿日時:2017-06-26 10:38:55

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

pacchim さん

ありがとうございます。
いつも貴投稿を楽しみに拝見させてもらっています。
「idbox」への思いは全く同感です。
「idbox」に出合わなければ、私の晩年は寂しいものになったと思います。1年前には想像もつかなかった変化です。
おかげで充実した毎日を過ごしています。
今回「Thingiverse」に会員登録しダウンロード作品への感謝をこめて順次作品を投稿します。
又、同サイトに上記に類する作品が見当たりませんので、アップロードを試みたいと目下データ整理、翻訳勉強中です。
今後ともよろしくお願いいたします。

返信No.4 投稿者:konchan

投稿日時:2017-06-28 08:12:06

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

昨日、「Thingiverse.com」へ本作品の「エンジン」を下記のようにアップロードしました。

Thing No.: 2406596
Title: Turboprop Engine
Category: Learning - Engineering
Search term: Turboprop

初めてのアップロードだったので、他例を参考にデータを整理し何回も点検しましたが、やはりアップロードボタンをクリックするときは非常に緊張しました。
無事にアップロードできて安心しています。もしご興味のある方は一度閲覧ください。
次に「プロペラ」も追ってアップロードの予定です。

クリックすると拡大します

返信No.5 投稿者:konchan

投稿日時:2017-06-28 17:09:20

この書き込みへの評価 0 Point GOOD!

先程「Thingiverse.com」へ本作品の「プロペラ」を下記のようにアップロードしました。

Thing No.: 2408242
Title: Turboprop Propeller
Category: Learning - Engineering
Search term: Turboprop

もしご興味のある方は一度閲覧ください。

クリックすると拡大します
idbox!をとことん楽しみ尽くす! モデリングコートセット 超音波カッター ハンディ3Dスキャナー フィラメント ご購入・詳細はこちら

※健全なコミュニティ運営のため必ずルールをご覧下さい。

ご利用のルール

本誌の内容についてのご質問、ご要望、ご指摘などに関しましては、お問い合わせフォームよりお願いいたします。
本誌内容についてのご意見やご質問等をいただいた場合は削除の対象になります。
弊社から返答を希望されるご意見、ご質問は必ずお客様サポートセンターにお願いします。
当コミュニティの書き込みへの返答はできませんので、ご了承ください。

DMM 3Dプリントはじまる。



Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑