TOP > マイページ

antlia4532さんのマイページ

antlia4532さんの最近の投稿


  • 以前つ〜さんさんが、リアクターの前に付いている短いケーブル(115-B)が、ミスターフュージョンに付け替える時干渉するという問題を書き込まれてましたね。
    とりあえず完成してやる事もないので、この問題に挑戦してみました。
    つ〜さんさんが紹介されている海外の情報は、新たに穴を開ける方法でしたが、ピンバイスで穴を開けるにはあちこちパーツを外す必要があり、今となっては難しいので、思い切って115-Bの取付けピンをニッパーで切り取り、ミスターフュージョンと干渉しない位置に瞬間接着剤で接着しました。
    ケーブル115-Bと土台の112-B及びCの接地面積が小さく手こずりましたが、何とか写真のように固定出来ました。
    ミスターフュージョンに取り替える時、ケーブルに当たって接着が取れないかすごく気を使います。
    112-B、Cへの接続は、115-Bのピンを切り取らずにやはり穴を開けてやれば良かったかな、とちょっと後悔してますが、ケーブルが余るよりは良いかなと思います。


  • つい先日、130号の目覚まし時計を劇中の位置に置くと傾いてしまうと投稿しましたが、さっき何気なく調整してみたら、ちゃんと水平に置けました!

    コツは、目覚まし時計を指でつまんで、足をダッシュボード脇の赤いコードの束の上とヒートシンクの縁の上に来るように置きます。
    ヒートシンクの縁は下のラジオより一段高いので、ここに足を置ければ水平になります。

    時計ははじめピンセットを使ってましたが、微妙な力加減が出来ないので、指でつまんでやった方が良いと思います。

  • 目覚まし時計の置き場所 2019-08-11 21:09:17

    21


    2年半かけて完結したデロリアンのラストの130号は、プルトニウムとドクが車内に置いた目覚まし時計でしたね。
    この目覚まし時計の置き場所なんですけど、3枚目の劇中の写真だと、ダッシュボードの端とラジオの間に置いてます。
    この位置に置こうとすると、1枚目と2枚目の写真のように、時計が傾いてしまいます。
    接着するにしても、もう少し調整が必要ですね。


  • リアライトボックスの助手席側LEDが点灯しないため、点灯する運転席側LEDの配線から分岐して接続するように、一度配線をカットしてハンダ付けし、余っていた絶縁用の黒ステッカーを巻きました。

    これで上手くいくかちょっと不安でしたが、写真の通りちゃんと両方とも点灯してくれたので、そのままリアライトボックスを組立てました。

    ところが、組み立て時に一度ボディを裏返したのが原因なのか、それまでちゃんと点灯していたスイッチ6番のヘッドライトとテールライト等が、また点灯しなくなりました。
    どこかの接触が悪くなったのかなとは思いますが、ここまでくるといっそ電源を独立させるしかないかも知れません。


  • 106号の組み立てで、LEDを接続するケーブルが短くてコネクターを接続出来るか気になったので、リアセクションを一度外して接続してみたところ、運転席側は問題なく点灯しましたが、助手席側が点灯しませんでした。

    LEDの不良かも知れないと思い、左右を入れ替えて試してみたら問題なかったので、シャーシ側のケーブルが断線しているのかも知れません。

    これを解決しようとすると、かなり分解して戻らないといけないんですが、ここまで組み立てが進んでいては、ちょっと手を付けるのを躊躇してしまいます。
    今更ですが、電飾の組み立ての際にテスト用のLEDケーブルを1本付けておいて、組み立て時に点灯テストが出来るようにしてもらっておいた方が良かったかも知れませんね。

    どっちみちパワーコイルの光量が足りないなあと思っているので、皆さんやられているようにELワイヤーへの交換を考えてみようかと思います。


  • ヘッドライトの1つとウインカーのLEDが接続部から取れてしまったので、バックナンバーを注文して新しい物と交換しました。

    すると、ヘッドライトとウインカーの配線を繋いでセンターコンソールの6番のスイッチを押すとちゃんとオンオフ出来るんですが、フロントフェイシェアに取り付けてボディと合わせると、何故か4番のスイッチで点灯するはずの次元転移装置とタイムサーキットが同時に点灯するようになりました。

    逆に4番を押したら、6番で点灯するはずの電飾が点灯します。
    どうもボディに取り付ける際の配線の接触が、ボディの密着やネジの締まりに応じて不具合を起こしているようなんですが、詳しい原因が分かりません。
    しまいには、6番のスイッチを押しても電飾が点灯せず、点灯したと思ったら今度は点灯しっ放しでスイッチを押しても消えなくなりました。

    これが解決しないと、次のフラックスバンドの取り付けに進めないので、どうしたものかと困ってます。
    何か良い対処法があるでしょうか?


  • ブレーキランプを点灯させる金具の上下が少しずれていてうまく点灯しなかったので、調整して何とかうまく点灯するようになりました。

    リアセクションのLEDも全部点灯したので、リアセクションに取り付けて再度確認したら、写真1枚目の通り右のウインカーと左の後退灯が点灯しなくなりました。

    どうもLED基盤をリアセクションに取り付ける時に、少しギュッと押し付けたのがいけなかったようで、またまたパーツ注文ですね。

  • リア右側のシリンダー 2018-09-10 12:50:14

    02


    エンジンシュラウド右側に取り付ける前後2本のシリンダーのパーツは、届いたものは2本とも同じ大きさなんですが、実車はリアの形状に合わせたのか、後ろ側のシリンダーが前側に比べて小型のものになっているんですね。
    仮組みすると、シリンダーはリアパネルの内側にセットされるようなのでクリアランスは大丈夫だと思いますが、実車を見てしまうとちょっと気になります。

  • 発光テストしてみました 2018-04-18 23:28:17

    23


    内装の電飾と電池ボックスの配線が終わったので、我慢できず発光テストをしてみました。
    とりあえずダッシュボード、スピードメーター、タイムサーキット、次元転移装置、運転席後ろの通称クリスマスツリーは無事点灯したのでほっとしました。
    次元転移装置のLEDが青なのはサンプル写真で分かってはいたんですが、やっぱり青より白の方が劇中に近いかな~と思います。

  • 次元転移装置完成 2018-04-11 12:46:57

    03


    工程の約半分の所で、ようやく次元転移装置の組み立てです。
    付属のパーツには、Y字のパーツから出ている赤と黄色のコードが無いので、皆さんの投稿を参考に追加しました。
    やっぱりこれが無いと締まりませんね。

  • タイムサーキット良いですね 2017-11-28 12:34:16

    02


    タイムサーキットが意外と大きくて驚きました。
    開封した時、コンパスが斜めに接着されていたので、一度デザインナイフではがして接着剤を削り、真っ直ぐになるように再接着しました。

    あと、シフトレバーの後ろに取り付けるタイムサーキットのスイッチですが、センターコンソールに取り付ける際ネジをしっかり締めると、6つ並んだスイッチとスイッチ番号が書かれたプレートが干渉するようで、1番と3番のスイッチが押しても押し込めなくなりました。
    ここはセンターコンソールから微妙に浮かせて固定すると、ちゃんとスイッチがカチッと押せるようになりました。

    余談ですが、タイムサーキットと次元転移装置の発光は、劇中通りにY字型のハンドルでオンオフ出来ると最高なんですけどね~。
    ハンドル基部の金色のパーツがワンパーツで可動しないので、流石に難しいでしょうかね。

  • ヘッドライトスイッチのマーク 2017-11-23 23:51:57

    03


    デロリアン、いよいよ内装ですね。
    ちゃんとノーマル装備の上からタイムサーキットを取り付けるようになっているので、エアコン周りのパネルは完成したら見えなくなりますが、一点ミスを見つけてしまいました。

    パネル左上にあるヘッドライトスイッチのヘッドライトのマークが、よく見ると実物とは上下逆(あるいは左右反転)になってますね。

    実物はライトのマークが左向きなのに、パーツに貼ってあるシールは右向きに貼られてます。
    あまりに小さくて、はがして貼り直すのも難しいのでこのままにしますが、これは惜しいです。


  • デロリアンは完成すると全長52cmにもなるので、完成までの間どうやって保管しようかとずっと考えてました。
    今日アルミサッシのクレセントを修理しようとホームセンターに行ったら、幅57cm×奥行39cm×高さ5cmのちょうど良いサイズのガーデニング用トレイを売っていたので、即購入してみました。
    デロリアンを入れてみると、適度に余裕があっていい感じです。
    これなら、後の号で取り付けるパーツがある場合にも一緒に保管出来ますね。

  • ホバーコンバージョンの電飾 2017-10-07 19:48:33

    02


    メェーレオンさんのホバーコンバージョンの電飾についての書き込み後、改めて映像を見返してみました。
    すると、流れるように光る電飾は、後輪側ではなく前輪側の内側でした。
    おまけに流れる方法も前から後ろでことごとく逆でしたね、失礼しました。

    デロリアンのシャーシは、ホバーコンバージョンを付けてからノーマルではなくなっているので、今製作中のデロリアンのシャーシにパーツを付けていく事になるのかな、と思います。
    ちなみに、アオ●マのプラモデルのシャーシはしっかりホバーコンバージョン仕様になっていて、中央のスリットから出ているレバーを動かすとタイヤが倒れてホバーモードになるという、画期的なギミックがありました。

  • フロントグリルのパーツ 2017-09-20 08:06:45

    11


    つーさんさんの書き込みにあったフロントグリルのパーツ、僕は牽引して撮影するためのパーツかなと思います。
    それか、タイムマシンとして何かの機能があるとか。

    以前アップしたハリウッドSFX博物館で展示されたパート3バージョンのデロリアンには、例のパーツはありません。
    と言うか、このデロリアンそもそもラジエーターが付いてない?


  • ちょっと作らないでおくとあっという間に溜まってきたので、先週から手を付けました。

    パート3でガス欠になって、ガソリンの代わりに酒場で一番強い酒でエンジンをかけようとしたら爆発して部品が飛び出して来ますけど、あれってこのフューエルディストリビューター周りですよね。

  • デロリアンバイヤーズガイド 2017-04-18 07:52:39

    25


    デロリアンバイヤーズガイド、アマゾンで見て即注文しました。
    デロリアンオーナーの維持管理や、これからデロリアンを購入しようと考えている人に向けて、各部の説明や起こり得る不具合の対処法などが写真付きで詳細に解説されています。

    その中に、ちょうど今組み上がってる状態に近いデロリアンのメインフレームの写真がありました。
    デロリアンの燃料タンクって、二等辺三角形なんですね。

  • #

    ネジの封入ミス 2017-04-17 00:37:07

    02


    6号の右フロントサスペンションを組み立てようと部品を確認したら、何とBMネジが入っていませんでした!

    幸い最新の11号までが手付かずで積んであったので、過去の号と10号の予備から持って来て無事に組み立てられました。

    あと9号では、逆に使用しないAMネジが何故か入っていたので、もう少し品質管理をしっかりやって貰いたいですね。


  • かれこれ27年前の1990年5月に大丸で開催された、「ハリウッドSFX博物館-バック・トゥ・ザ・フューチャーのすべて」という展示会の目玉として公開されたパート3仕様のデロリアンです。
    福岡の博多大丸で開催された時の写真になります。

    本来は、ボンネットにショートした日本製マイクロチップの代わりとなる真空管等で作った装置が載ってますが、こちらは展示会場で見る事が出来ました。

※健全なコミュニティ運営のため必ずルールをご覧ください。 ※健全なコミュニティ運営のため必ずルールをご覧ください。

本誌の内容についてのご質問、ご要望、ご指摘などに関しましては、 お問い合わせフォームよりお願いいたします。
本誌内容についてのご意見やご質問等をいただいた場合は削除の対象になります。
弊社から返答を希望されるご意見、ご質問は必ずお客様サポートセンターにお願いします。
当掲示板の書き込みへの返答はできませんので、ご了承ください。 ご利用のルール


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑
Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN. All Rights Reserved.