HOME > ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション > コレクション一覧

コレクション一覧

本誌号数 内容

創刊号

アビイ・ロード
『アビイ・ロード』の重要な要素は、質の高いハーモニーである。「マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー」でのコミカルなバック・ヴォーカル。「ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー」「サン・キング」で披露されるデリケートな合唱。そしてなんといっても「ビコーズ」でのハーモニーは最も強く心を打たれるはずだ。

第2号

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」「ホエン・アイム・シックスティ・フォー」、そして「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」といった名曲から聴き取ることのできる、実にさまざまな音楽的質感を内包する革新的なLPアルバム。

第3号

ラバー・ソウル
1965年に2枚目のアルバムが発表された。このアルバムには画期的な曲作り、アレンジ、そしてレコーディング技術が込められている。「ミッシェル」、「ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド)」、「イン・マイ・ライフ」、「ドライヴ・マイ・カー」など珠玉の名曲を収録。

第4号

『ザ・ビートルズ』(ホワイト・アルバム)
「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」、「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」、「ディア・プルーデンス」、「ヘルター・スケルター」、「レボリューション1」など、サウンドと音楽スタイルに眩いばかりの多様性を見せる一作。

第5号

ヘルプ!(4 人はアイドル)
シングルでもヒット・チャート1 位を飾った「ヘルプ!」、「涙の乗車券」を含む7曲の同名映画サウンドトラックを収録。そしてポップ音楽史上、他のアーティストに最もカヴァーされたあの名曲「イエスタデイ」も。

第6号

リボルバー
このLPは曲ごとに雰囲気が変わっていく。楽しげな「グッド・デイ・サンシャイン」や「イエロー・サブマリン」から、サイケデリックな「トゥモロー・ネバー・ノウズ」に「アイム・オンリー・スリーピング」、そして物憂げな「エリナー・リグビー」と辛口な「タックスマン」まで。

第7号

マジカル・ミステリー・ツアー
サイケデリック音楽として『サージェント・ペパーズ』と対をなすこのアルバムは、ビートルズが監督したテレビ映画から「フール・オン・ザ・ヒル」「アイ・アム・ザ・ウォルラス」を含む6曲と、さらにシングル・ヒットを収録。満足絶対保証!

第8号

プリーズ・プリーズ・ミー
ダイナミックな「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」から始まり、刺激的な「ツイスト・アンド・シャウト」でクライマックスを迎える。このビートルズのデビュー・アルバムには、選ばれたオリジナル・ソングと当時ライヴでカヴァー演奏していたR&Bソングが収録されている。

第9号

ア・ハード・デイズ・ナイト(ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!)
「アンド・アイ・ラヴ・ハー」「恋におちたら」「キャント・バイ・ミー・ラヴ」、タイトル曲他、ビートルズの初主演映画挿入歌を収録。

第10号

レット・イット・ビー
同名ドキュメンタリー映画のサウンドトラックで、USシングル・チャート1位に輝いた「ゲット・バック」「レット・イット・ビー」「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」の3 曲を含む、ビートルズ最後のアルバム。
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • デアゴスティーニ セレクト通信販売


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑