必殺仕事人DVDコレクション

HOME > 必殺仕事人DVDコレクション > 最新号・バックナンバー

「必殺仕事人DVDコレクション」第56号

必殺仕事人DVDコレクション第56号

画像を拡大

発売中

商品概要

  • 必殺仕事人Ⅲ 第20話 厄払いしたかったのは主水 他

  • 号数:第56号
  • 発売日:2017-06-20発売
  • 通常価格:本体1,666円+税
  • お気に入りリストに追加
56

作品を紐解く

必殺仕事人Ⅲ 第20話 厄払いしたかったのは主水
【作品を紐解く】時代とともに進化を遂げた雛人形

新興宗教の教祖・正胤は厄を払うことができると江戸で大評判。ある日、その正胤のことを悪く書いた瓦版売り・正吉が信者と喧嘩を起こす。実は、この瓦版を書いたのは正吉の父・文三。正胤は昔、まむしの源次と呼ばれた悪党で文三の弟分だった。正胤は与力・工藤と組んで文三を捕らえさせ、その隙に文三の妻・とよを手篭めにしていたのだ。


必殺仕事人Ⅲ 第21話 赤ん坊を拾ったのは三味線屋おりく
【作品を紐解く】吉原遊郭の「羅生門河岸」はどんなところ?

おりくが赤ん坊を拾って旅から帰ってきた。里親探しを頼まれた加代は、最終的に中村家に赤ん坊を置いてくる。主水が子供を抱いて市中を歩いていると、見知らぬ女が「私の子よ!」と叫んで奪っていってしまった。この女はおゆうといい、植木職人・吉造の妻。人から恨まれる覚えはないが、何者かに子供をさらわれていたのだ。


必殺仕事人Ⅲ 第22話 湯女に惚れられたのは勇次
【作品を紐解く】勇次の腕を救った、鍼治療

このところ勇次は右腕に原因不明の痛みを感じ、表稼業の三味線屋を休んでいた。裏稼業にも支障が出るのではないかと不安が募る勇次だったが、気晴らしにと出掛けた湯女風呂で、気性の激しい湯女・ゆきと親しくなる。その頃、幇間の平助は主で気の強い女をいたぶるのが好きな、異常性欲者の大角屋・治兵衛に紹介しようと、ゆきに目を付けていた。

江戸の仕事人たち

初鰹売り ~はつがつおうり~
在庫無し
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 『隔週刊 必殺仕事人DVDコレクション』 特設ページへ


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑