必殺仕事人DVDコレクション

HOME > 必殺仕事人DVDコレクション > 最新号・バックナンバー

「必殺仕事人DVDコレクション」第52号

必殺仕事人DVDコレクション第52号

画像を拡大

発売中

商品概要

  • 必殺仕事人Ⅲ 第11話 恋の重荷を背負ったのは秀 他

  • 号数:第52号
  • 発売日:2017-04-25発売
  • 通常価格:本体1,666円+税
  • お気に入りリストに追加
52

作品を紐解く

必殺仕事人Ⅲ 第11話 恋の重荷を背負ったのは秀
【作品を紐解く】死者を弔う「卒塔婆」の変遷

秀が大坂にいた頃に世話になった人の娘・お六が、秀を訪ねて江戸にやってきた。二人は再会を喜び、お六は秀の家に居つかせてもらうことに。その頃、市中では押し込み強盗が続発しており、町方が夜の見回りを強化するも犯人を捕まえられずにいた。それもそのはず、主水の同僚・岡田が盗賊一味とつながっていたからだった。


必殺仕事人Ⅲ 第12話 つけ文をされたのは主水
【作品を紐解く】歌舞伎の陰の立役者、「狂言作者」

狂言作者・伝吉と組んで恋文代筆業を始めた加代。伝吉を訪ねていると、そこへ長崎屋の一人娘・お波がやってくる。伝吉は長崎屋の元奉公人で、お波に頭が上がらない。そんなお波から、歌舞伎役者の山下菊弥に惚れたので会わせてほしいと頼まれてしまう。実は菊弥は義賊という裏の顔を持っており、伝吉からの話を聞いてある計画に利用しようと企む。


必殺仕事人Ⅲ 第13話 上役の期待を裏切ったのは主水
【作品を紐解く】料亭ひしめく江戸のにぎわい処「柳橋」

主水はタレコミ屋の捨松から船宿・川波屋で賭場が開かれるネタを仕入れる。勇んで踏み込むが、川波屋にその気配はなかった。主水は文句を言おうと捨松の長屋を訪ねたところ、死体を発見。ネタを知らせた捨松が何者かに消された事を怪しんだ主水は、加代に命じて川波屋を探らせる。そんな中、主水は奉行所の中で与力の小田切が切腹して死んでいるのを発見する。

江戸の仕事人たち

鋳掛屋 ~いかけや~
在庫無し
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 『隔週刊 必殺仕事人DVDコレクション』 特設ページへ


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑