必殺仕事人DVDコレクション

HOME > 必殺仕事人DVDコレクション > 最新号・バックナンバー

「必殺仕事人DVDコレクション」第33号

必殺仕事人DVDコレクション第33号

画像を拡大

発売中

商品概要

  • 新 必殺仕事人 第11話 主水ふてくされる 他

  • 号数:第33号
  • 発売日:2016-08-02発売
  • 通常価格:本体1,666円+税
  • お気に入りリストに追加
33

作品を紐解く

新 必殺仕事人 第11話 主水ふてくされる
【作品を紐解く】暑い日々に欠かせない夏の風物詩

小唄の師匠としても人気者の勇次は、袋物を扱う川越屋のお内儀と娘に小唄を教えていた。ところがある日、川越屋に押し込み強盗が入り、一家全員斬殺されてしまう。現場に赴いた主水は、そこで「勇」と入った手ぬぐいを発見。これは娘への御祝儀がわりに勇次が渡していた品だった。主水はほかの同心に気付かれないようその遺留品を隠すが……。


新 必殺仕事人 第12 話 主水金一封あてにする
【作品を紐解く】漢方として輸入された阿片

江戸の町に阿片が流行し、奉行所は阿片の密売組織を暴こうと躍起になる。手がかりをつかんだ者には金一封が出ると聞き、主水も捜査に精を出す。その阿片は竜神の伝兵衛一味が仕切り、おれんが運び屋を無理強いさせられていた。運び屋を辞めたいと懇願するおれんを危ぶむ伝兵衛らは、かわりの運び屋として、何でも屋の加代に目を付ける。


新 必殺仕事人 第13 話 主水体を大切にする
【作品を紐解く】江戸よりも栄えた? 仙台藩の内情

米問屋・千住屋の後妻・お光は、先妻の子・以蔵と折り合いが悪く、主人の儀平は心労が絶えなかった。だが実は、お光と以蔵は男女の仲。2人は密会しながら儀平殺害を計画する。その様子を天井裏から覗いていたのが絵師の英泉。お光と以蔵の計画を知った英泉は、後をつけて目撃した儀平殺害の現場を絵に起こし、お光を強請る。

表裏人物帖

大石内蔵助~おおいしくらのすけ~
在庫無し
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 『隔週刊 必殺仕事人DVDコレクション』 特設ページへ


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑