HOME > 東映任侠映画傑作DVDコレクション > DVD一覧

DVD一覧

本誌号数 内容

第11号

昭和44年公開
緋牡丹博徒 鉄火場列伝
明治の中頃、お竜(藤純子)は刑期を終える子分を迎えに徳島を訪れる。かつて徳政一家の二代目だった江口(待田京介)の顔利きで特産品の藍の小作農家に世話になったお竜は、住み込みで働くことになる。現場は小作料を巡る争議の真っ只中。要望に応じない問屋の旦那衆は、大尽博打を財源とする徳政三代目の武井(名和宏)に、このままでは大尽博打は開けないと迫る。武井の義兄弟の鳴門川(天津敏)は小作争議を収めるため、非道な手段に打って出た。お竜は己の筋を通し、鳴門川と敵対していく。徳政の客人“仏壇三次”(鶴田浩二)、大尽博打に来た小城(丹波哲郎)、お馴染みの熊虎親分(若山富三郎)も登場し、それぞれの生き様が交錯する『緋牡丹博徒』シリーズ第5弾!


スタッフ
監督:山下耕作
脚本:笠原和夫/鈴木則文
企画:俊藤浩滋/日下部五朗
撮影:古谷伸
音楽:渡辺岳夫

キャスト
藤純子、若山富三郎、丹波哲郎、待田京介、里見浩太郎、河津清三郎、天津敏、鶴田浩二 他

第12号

昭和41年公開
網走番外地 南国の対決
竜神一家の先代親分の死に疑問を抱いた橘真一(高倉健)は、二代目を名乗る関森(沢彰謙)に会いに沖縄へ向かう。途中の船で橘は殺し屋の南(吉田輝雄)と出会う。沖縄では関森が豪田組と結託し、先代親分と親交のあったギボ建設を潰そうと企んでいた。橘はギボ建設に義理立てし、関森の企てを阻んでいく。関森は橘を殺すよう南に命じるが、橘に好意を抱く南はともに姿を消す。関森は先代親分の死の真相を知る佐竹(谷隼人)とその恋人の夏子(大原麗子)を捕えるが、鬼寅(嵐寛寿郎)が現れ2人を救出。生き延びた橘は佐竹や豪田組に潜入していた網走仲間と会い、先代親分の死の真相に迫る……。白銀世界はどこへやら、網走野郎が南国沖縄の地で仁義を貫く人気シリーズ第6弾!

スタッフ
監督・脚本:石井輝男
企画:植木照男
原案:伊藤一
進行主任:白浜汎城
音楽:八木正生
撮影:稲田喜一

キャスト
高倉健、田中邦衛、由利徹、千葉真一、谷隼人、大原麗子、沢彰謙、三原葉子、嵐寛寿郎 他

第13号

昭和41年公開
昭和残侠伝 一匹狼
武井繁次郎(高倉健)は病死した弟分の妻・加代(扇千景)に前橋で出くわす。 武井は病身の加代を連れて、銚子近くの港町に暮らす加代の父・潮政親分(島田正吾)を 訪ねるが、許婚だった網元の浜田(御木本伸介)を袖に武井の弟分と駆け落ちした 加代を、潮政は拒絶する。浜田は川銀一家に商売を邪魔されており、潮政と武井は 浜田への負い目から助力していく。そんなある日、武井は小料理屋で女将の 美枝(藤純子)の兄・桂木龍三(池部良)と出会う。龍三は川銀の客人となり武井と 対決するが、一味が手出ししたため川銀を見限る。数々の悪行に加え、 遂にマグロ漁を控える浜田の船を沈めた川銀に、武井の怒りは頂点に。 意を決して敵地へ向う武井を待っていたのは龍三だった……。
 高倉健と池部良が男を魅せ合うシリーズ第3弾!


スタッフ
企画:俊藤浩滋/吉田達
監督:佐伯清
脚本:山本英明/松本功
撮影:林七郎
音楽:菊池俊輔

キャスト
高倉健、藤純子、扇千景、沢彰謙、河津清三郎、島田正吾、雪代敬子、池部良 他

第14号

昭和46年公開
緋牡丹博徒 お命戴きます
明治中期、お竜(藤純子)は群馬県伊香保の久保一家の賭場に立ち寄る。すると、因縁をつけられ騒ぎとなるが、結城(鶴田浩二)と大前田親分(嵐寛寿郎)の尽力で事なきを得る。結城のいる軍御用の鉛製錬所のある大子村に足を運んだお竜は、農作物を枯らす製錬所からの煙と排水の問題に直面する。結城は農民のため製錬所に掛け合うが、陸軍大尉の畑中(大木実)に暴行される。製錬所の利権に着目した富岡(河津清三郎)は製錬所長や畑中と癒着。製錬会社からの補償金を着服し、それを請求する結城を殺す。見かねたお竜は熊虎(若山富三郎)の手引きで陸軍大臣に直訴。そして、富岡たちの参列する結城の法事に乗り込んでいく……。名匠・加藤泰が描く、人気シリーズ第7弾!

スタッフ
監督:加藤泰
脚本:大和久守正/鈴木則文/加藤泰
企画:俊藤浩滋/日下部五朗
撮影:わし尾元也
音楽:木下忠司

キャスト
藤純子、若山富三郎、待田京介、内田朝雄、河津清三郎、大木実、名和宏、嵐寛寿郎、鶴田浩二 
他

第15号

昭和41年公開
網走番外地 大雪原の対決
野外作業中の転落事故に乗じて、白熊(内田良平)と呼ばれる男が脱獄。橘真一(高倉健)と大槻(田中邦衛)、一一0番(由利徹)は難を逃れるが、看守はその腹いせに秀(砂塚秀夫)を折檻死させる。秀の実家に遺骨を届ける道中、橘は吉岡(吉田輝雄)と出会う。美羽烏にある秀の実家に着くと、父親は娘(大原麗子)の反対も意に介さず、庭から石油を発掘する夢に憑かれていた。その土地に、かつて吉岡組を乗っ取り、今は「鬼寅」を騙る権田(上田吉二郎)が目を付ける。白熊とともに悪事を働く権田を、一旦は鬼寅(嵐寛寿郎)が阻むが、秀の家族は悲惨な目に。憤激した橘たちは、権田のもとに殴り込むのだった。

スタッフ
監督:石井輝男
脚本:石井輝男/松田寛夫/神波史男
企画:植木照男
原作:伊藤一
撮影:稲田喜一
音楽:八木正生
進行主任:白浜汎城

キャスト
高倉健、田中邦衛、由利徹、吉田輝雄、上田吉二郎、大原麗子、沢彰謙、小松方正、嵐寛寿郎 他

第16号

昭和43年公開
博奕打ち 総長賭博
昭和10年春、天龍一家の総長が倒れ跡目相続が急がれた。推挙された中井信次郎(鶴田浩二)は辞退し、妹(藤純子)の亭主で一家のため服役中の兄弟分・松田(若山富三郎)を代わりに薦める。だが総長舎弟の仙波(金子信雄)の根回しにより、中井と松田の五厘下がりの兄弟分である石戸(名和宏)が二代目に。仙波は引退・襲名披露の大花会を企画。出所した松田は面子が立たず、誤解と行き違いが重なったことで退くに退けなくなり石戸の殺害を期す。そんな松田と、一家のため石戸を支えたい任侠道一筋の中井、石戸の傀儡化を目論む仙波が三つ巴に――。大花会の開催が迫る!三島由紀夫が大絶賛した、邦画史に残るシリーズ第4弾!

スタッフ
監督:山下耕作
脚本:笠原和夫
撮影:山岸長樹
企画:俊藤浩滋/橋本慶一
音楽:津島利章
進行主任:並河正夫

キャスト
鶴田浩二、藤純子、金子信雄、桜町弘子、名和宏、佐々木孝丸、曾我廼家明蝶、曾根晴美、若山富三郎 他

第17号

昭和42年公開
昭和残侠伝 血染の唐獅子
昭和初期、浅草の建設工事元請けの鳶政一家は、上野の東京博覧会場建設工事を受注する。阿久津建設を興したやくざの阿久津(河津清三郎)は、実績を得るためその工事の横取りを画策。阿久津組代貸の風間重吉(池部良)は、親友で鳶政組頭の花田秀次郎(高倉健)との間に軋轢を生む。鳶政の一升舛の音吉(山城新伍)は阿久津が言い寄る芸者にホの字で、その身請け金のため一家の纏を入質。阿久津はその纏を質屋から入手し芸者と交換との条件を出すとともに、圧力をかけて鳶政を人足不足に陥らせる。怒りが頂点に達した秀次郎は、阿久津に破門された重吉とともに、阿久津建設に乗り込んで行く――。下町・浅草で男高倉が堅気の根性を見せる、人気シリーズ第4弾!


スタッフ
監督:マキノ雅弘
脚本:鈴木則文/鳥居元宏
企画:俊藤浩滋/吉田達
撮影:星島一郎
音楽:菊池俊輔
進行主任:伊藤源郎

キャスト
高倉健、藤純子、金子信雄、津川雅彦、山城新伍、清川虹子、河津清三郎、天津敏、池部良 他

第18号

昭和45年公開
緋牡丹博徒 お竜参上
お竜(藤純子)は数年前に生き別れたお君を捜し、道中で出会った一匹狼の渡世人・青山(菅原文太)から、似た娘が浅草にいると聞く。お竜は六区の興行主である鉄砲久(嵐寛寿郎)一家に身を寄せ、青山も生き別れの妹捜しを続ける。浅草では鮫洲(安部徹)の一家が鉄砲久の利権を狙っていた。そこでお竜はお君と再会。青山は再びお竜に会い、西尾一家が妹を死に追いやったため西尾を斬ったと話す。西尾の兄弟分の鮫洲は青山を庇護した鉄砲久を襲う。その手打ちの席で鮫洲は幅を利かすが、熊虎(若山富三郎)が現れ鮫洲に指を詰めさせる。収まらない鮫洲はお竜に決闘を挑み、受けて立つお竜に青山が同道するのだった――。明治末期の浅草でお竜が女意気地を見せる、シリーズ最高名篇の呼び声も高い第6作!

スタッフ
監督:加藤泰
脚本:加藤泰/鈴木則文
企画:俊藤浩滋/日下部五朗
撮影:赤塚滋
音楽:斎藤一郎
進行主任:福井良春

キャスト
藤純子、若山富三郎、三原葉子、名和宏、山城新伍、安部徹、天津敏、嵐寛寿郎、菅原文太 他

第19号

昭和39年公開
日本侠客伝
東京の深川木場の材木運搬は、木場政組が仕切っていた。それに取って代わろうと、沖山組を構える沖山仁三郎(安部徹)は運送会社を興し、弟の剛造(天津敏)とともに木場政の運び手に暴行や引き抜きを仕掛け、妨害する。木場政が病死すると、兵役から戻った辰巳の長吉(高倉健)が木場政の小頭に就く。沖山は安値などを売りに木場政を干していく。木場政客分の渡世人の清治(中村錦之助)は、沖山の横暴に耐えかね殴り込んで命を落とす。さらに沖山組は報復として、木場政の運び手の荷車を全焼させるのだった。亡き親分の言「男の喧嘩は一生に一度、命を捨てるつもりの喧嘩」覚悟で、長吉らが乗り込む! 名匠マキノ雅弘が描く、任侠映画のひな型となった人気シリーズ第1弾!

スタッフ
監督:マキノ雅弘
脚本:笠原和夫/村尾昭/野上龍雄
企画:俊藤浩滋/日下部五朗
撮影:三木滋人
音楽:斎藤一郎
進行主任:並河正夫

キャスト
高倉健、藤純子、松方弘樹、津川雅彦、三田佳子、長門裕之、田村高廣、安部徹、中村錦之助 他

第20号

昭和38年公開
人生劇場 飛車角
大正の中頃、遊女のおとよ(佐久間良子)と逃げた飛車角(鶴田浩二)は、東京の小金一家に草鞋を脱ぐ。小金は敵対する一家への殴り込みを決め、弟分の奈良平のもとに飛車角が身を隠すよう差配。しかし飛車角は志願し小金一家の宮川(高倉健)らと殴り込む。敵の親分を討った飛車角は自首する前日、青成瓢吉(梅宮辰夫)宅で吉良常と出会う。おとよは奈良平の厄介になるが、その一味が眼前で小金を殺す。逃げたおとよは宮川と出会い身体を許すものの、2人は互いの素性を知り苦悩する。飛車角は2人を許し小金殺しの黒幕を尋ねるが、宮川は知る由もない。しかし、おとよから真相を聞いた宮川は……。情愛より侠気に生きる2人の男が、覚悟のドスを抜く!尾崎士郎の人気小説を映画化し、飛車角の生き様を描くシリーズ第1弾!

スタッフ
企画:岡田茂/亀田耕司/吉田達
原作:尾崎士郎
監督:沢島忠
脚本:直居欽哉
撮影:藤井静
音楽:佐藤勝
進行主任:白浜汎城

キャスト
鶴田浩二、佐久間良子、梅宮辰夫、村田英雄、月形龍之介、沢彰謙、水島道太郎、高倉健 他
©東映 style=

※創刊日を2015年1月6日(火)に予定しておりましたが、多くのお客様からの反響をいただき、そのご期待にお応えしたいと考え、2014年12月26日(金)から全国書店(一部地域を除く)及び、当社ホームページで創刊日を前倒して発売します。

定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 本誌の魅力を徹底解説!! 特設ページはこちらから
  • DeAGOSTINI書店


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑