隔週刊 空から日本を見てみよう DVDコレクション

よくあるご質問

Q.『隔週刊 空から日本を見てみよう DVDコレクション』を購入したいのですが?

最新号はお近くの書店にてお求めになれます。
店頭で売り切れになっている場合でも在庫があればご注文いただけます。
創刊号は特別価格:500円(8%消費税込)、2号以降は1,499円(8%消費税込)となっております。

Q.『隔週刊 空から日本を見てみよう DVDコレクション』のバインダーの発売日と値段をおしえて下さい。

特製バインダーは2016年9月末日まで、創刊記念特別価格、本体647円+税(1冊)で販売いたします。
2016年10月以降は、通常価格:本体1,230円+税にてお求めいただけます。
バインダー1冊に、本誌約20号分をファイルできます。
※バインダーは2016年3月22日発売です。

Q.何号まで続くのですか?

本シリーズは全100号で完結予定です。

Q.定期購読はできますか?

はい、可能です。本誌に挟み込まれた申込書をご郵送いただくか、またはWEBサイトからもお申し込みいただけます。送料は無料となっております。
→定期購読のお申し込み

Q.定期購読申し込み者と配送先が異なるのですが?

お買い上げいただいた商品は別送お届けの指定が可能です。WEBサイトからお申し込みの際は所定の項目にご記入ください。
WEBサイト以外からお申し込みの場合は別送先をお電話、FAXまたはE-mailでお客様受注センターまでお知らせ願います。

◆お客様受注センター◆
フリーダイヤル:0120-300-851(受付時間:9:00~21:00 年末年始を除く)
フリーFAX:0120-834-353(24時間受付)
→WEBからのお問い合わせ

Q.配送先を変更したいのですが?

引越し等でお届け先が変わる場合は必ず事前に新しい住所をお電話、FAXまたはE-mailでお客様受注センターまでお知らせください。

◆お客様受注センター◆
フリーダイヤル:0120-300-851(受付時間:9:00~21:00 年末年始を除く)
フリーFAX:0120-834-353(24時間受付)
→WEBからのお問い合わせ

Q.購読を中止(解約)したいのですが?

ご購読を中止(解約)される場合、お電話、FAXでお客様受注センターへご一報ください。尚、ご一報前に既に発送手続きが完了している商品につきましては、ご解約前のお届け分として取り扱わせていただきますので、ご了承願います。また、ご解約のお知らせをくださいましても、口座自動引き落としの解除にはお時間がかかりますので、予めご承知おきください。

◆お客様受注センター◆
フリーダイヤル:0120-300-851(受付時間:9:00~21:00 年末年始を除く)
フリーFAX:0120-834-353(24時間受付)
→WEBからのお問い合わせ

Q.DVDを再生するとTV画面に文字が正しく表示されない/再生に不具合がある。

文字が正しく表示されない、字幕が切れるなど再生画面上に不具合がありましたら、再生機器の設定を変更すれば解決できる場合がございます。まずは再生機器の取り扱い説明書をご確認いただくか、販売店あるいは再生機器のメーカーにお問い合わせください。

Q.落丁や不良品はどうすればいいですか?

弊社では細心の注意を払って商品をお届けしておりますが、万が一ご迷惑をおかけしました場合は、心よりお詫び申し上げます。
※「DVDが再生されない」といった問題の場合、下記に掲載します「ディスクのクリーニング」を行っていただくことにより改善される場合がございます。お手数ですがお試しいただくことをお勧めいたします。

【ディスクのクリーニング方法】
■ディスクが汚れた時は、やわらかい布でディスクの中心部から外部に向かって放射状に軽くふき取ってください。(レコード面などを丸くふき取る場合とは異なります。)
■シンナーやベンジン、研磨剤、静電気防止剤、レコード用クリーナー、溶剤系クリーナーは絶対に使用しないで下さい。

不良品または部品に不足がございましたら弊社が送料を負担してお取り替え、再送を承りますので、大変お手数ですが下記お客様サポートセンターまでお電話ください。
その際
◆商品名、号数
◆不具合について
◆ご住所
◆お電話番号
◆お名前
を担当者にお伝えいただきますと速やかに良品と着払い伝票をお送りいたします。
恐れ入りますがこの伝票で不良品をご返送願います。
※できうる限り迅速に対応しておりますが、在庫僅少等の場合には代替品の送付に2~3週間のお時間をいただくことがあります。ご了承下さい。

◆お客様サポートセンター◆
電話:0570-008-109 (営業時間:月~金 10:00~18:00 ※祝祭日を除く)
※お問い合わせの際は、番号をよくお確かめください。
※間違い電話が大変多くなっております。 おかけ間違いのないようご注意ください。
→WEBからのお問い合わせ


もどる