idboxについて

3Dプリンターの楽しみ方

イメージをそのまま形にできるのが、3Dプリンティングの楽しみ。けれど、頭に思い描いた形がそのまま出力できるわけではありません。まずは、パソコンで3Dデータを作成します。データができたら、いよいよ『idbox!』から出力です。完成した立体作品に、さらに磨きをかけて色を付けることで、自分だけの作品に仕上げることができます。

3Dデザインが楽しく身に付く!!
CADや3DCGを使って、あなたのアイデアをカタチにする事ができます。
ダウンロード!!
お気に入りの完成データをインターネットから気軽にダウンロードする事ができます。
お気に入りの作品に仕上げましょう!!
立体作品が出力されたら表面を磨いたり、着色したりして、お気に入りの作品に仕上げましょう。

インターネットの3Dデータの共有サイトを利用すれば、データを作る手間がはぶけるよ。お気に入りのデザインをダウンロードして、自分好みにアレンジしてみるのもいいね。※個人で楽しむ場合に限られます。

3Dプリンター完成までのステップ

マガジンに掲載の組み立て手順を見ながら、毎号少しずつパーツを組み立てて完成させます。

1〜10号
周囲のアクリルパネルを組み合わせ、内部の造形テーブルを組み立てます。
11〜22号
X軸、Y軸の動きをつかさどるXYガントリー部分を組み立てます。
23〜27号
ノズルや冷却ファンなどのヘッド部分やケーブル、チューブ類を取り付けます。
28〜45号
X軸やY軸のモータやリミットスイッチを取り付け、プリンターの頭脳となるマイコンボードを取り付けます。
46〜55号
Z軸やフィーダー、造形テーブルを取り付け、最終の仕上げを行う。クリアランスの調整やメンテナンスの方法をおぼえる。

週刊「マイ3Dプリンター」Q&A

「私でも大丈夫?」
週刊「マイ3Dプリンター」に関する疑問をここで解決

3Dプリンターの組み立てって難しくないの?
組み立てはとっても簡単!!ご家庭にある一般的なドライバーとレンチだけ!!
マガジンでは毎号付録のパーツの組み立て方をわかりやすい写真付の手順で紹介しますから、ご安心ください!!
3Dデザインの知識がないのですが、大丈夫?
心配いりません。3Dデザインはテンプレートを使って、基本操作からだんだんステップアップ!!
より理解しやすいように毎号手順は専用のウェブサイトの動画でも紹介します!!
3Dデザインのソフトも付いてくるの?
3Dデザインのソフトは専用サイトから無料でダウンロード!!初心者が使いやすい2つのソフトを厳選しました。
CAD:身のまわりの小物を作るのに最適なソフト
3DCG:フィギュアやキャラクターなどの造形に最適なソフト
出力素材は?
idbox!はPLA樹脂(自然素材)とABS樹脂※(プラスチック樹脂)対応です。

※ABS樹脂で出力する時は専用シート「ビルドタック」の使用をお勧めします。

その他のご質問についてはこちら ▶

送料無料 定期購読のお申し込みはこちら →