『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

主人公、マーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)とエメット・ブラウン博士(通称ドク、クリストファー・ロイド)がタイムマシン「デロリアン」で過去や未来に旅するSFコメディアクション映画。1985年の公開当時、アメリカではブームが生まれるほど大ヒットしました。続編のパートⅡは1989年、パートⅢが1990年に公開されています。監督はロバート・ゼメキス。脚本、ボブ・ゲイル。スティーヴン・スピルバーグも製作総指揮として関わっています。数ある魅力の一つが、作中のあちこちに張り巡らされた伏線やパロディなど。何度見ても飽きない、SFアドベンチャー映画の傑作です。

デロリアンでたどるダイジェスト

パートⅠ

【デロリアン登場――1955年にタイムトラベル】

タイムトラベルの実験後、過激派が襲撃。ドクは殺されてしまい、マーティは1955年に……。過去に行ったマーティは、未来に戻るためドクのもとに。両親の恋愛に巻き込まれるなど、トラブル続きのドタバタ劇の始まりです。

「リアクター」、「タイムサーキット」、「フラックス・キャパシター」など、タイムトラベルに必要な機器を搭載!

【無事に1985年に――"未来型"デロリアン登場】

時計台の落雷を利用してマーティは1985年にタイムトラベル。ラストシーンに現れたのは、2015年からやって来たデロリアンでした……。

ゴミなどを動力に変換する「ミスター・フュージョン」、飛行可能な「ホバー・コンバージョン」を搭載!

# 「ミスター・フュージョン」は、ゴミなどを分子レベルまで分解して動力に。

パート Ⅱ

【デロリアン2015年に】

"未来型"デロリアンで2015年に向かったマーティ。犯罪に関わろうとする息子を助けます。

【再び1985年へ――ビフが支配する世界】

息子を救い、1985年に戻ったマーティ。しかし、そこはビフ・タネンが支配する悪夢のような世界でした。

【世界を戻すべく1955年へ】

歴史が変わった原因は未来のスポーツ年鑑。ビフが過去の自分に渡したことがきっかけでした。1955年に戻ったマーティの年鑑を巡る戦いが始まります。

【デロリアン、落雷のショックで1885年に】

年鑑をビフから取り戻したマーティとドク。しかし、落雷を受けたショックでドクの乗ったデロリアンは1885年にタイムスリップ。行方不明に……。

タイムサーキットとホバー・コンバージョンが故障

パート Ⅲ

【デロリアン発見――1885年に】

1955年に留まるマーティにドクからの手紙が。鉱山に隠されたデロリアンを探し出し、1885年に向かいます。

タイムサーキットを修理。古くなったタイヤを交換

【デロリアン、最後のタイムトラベル】

パートIIIの主な舞台は開拓時代の1885年。タネンとの決闘、ドクの恋愛……。ドクを救ったマーティは、蒸気機関車で押されたデロリアンで1985年に戻ります。

ガソリンが漏れ出すなどして自走不能に。車輪を線路用に交換し、機関車で押すことに