HOME > ラリーカーコレクション > コレクション一覧

コレクション一覧

各画像はクリックすると拡大します。

本誌号数 内容

第71号

フィアット124アバルト(1974)
1974年WRC初戦ポルトガルで、フィアット124アバルトは見事な1-2-3フィニッシュを飾った。

第72号

ミニ・ジョンクーパーワークスS2000(2011)
2011年3月のWRCポルトガルは、ミニが約50年ぶりの本格的な参戦を果たした。

第73号

シトロエン・C2 S1600 (2008)
2008年ラリー・デュ・ヴァール、ローブは妻のセブリーヌをコ・ドライバーに迎え、総合3位でマシンの性能を証明した。

第74号

ジャガー MkII(1960)
ベルナール・コンスタンはジャガーMkIIを駆り、ツール・ド・フランスで1960年から4年連続優勝を果たした。

第75号

シュコダ・オクタビア WRC(2003)
シュコダ初のWRカーであるオクタビアには、元WRC王者オリオールのノウハウが投影された。

第76号

ランチア・デルタS4(1986)
ランチアが持てる技術力をすべてつぎ込んだデルタS4はプライベーターにとっても強力な武器となった。

第77号

トライアンフ・TR7 V8(1978)
1978年のマンクスラリーは、トニー・ポンドのトライアンフ・TR7 V8が勝利を飾る。

第78号

フィアット・プント S1600(2003)
2003年のJWRCラリー・サンレモは、プントS1600をドライブしたサンマリノ人のミルコ・バルダッチが制した。

第79号

ルノー 5 ターボ(1982)
小さな5を大改造してミッドにエンジンを搭載したルノー 5 ターボが、ツール・ド・コルスで大活躍。

第80号

三菱・ランサー WRC 04(2004)
かつて無敵を誇った三菱は、起死回生をはかるべく2004年に新開発のWRカーを投じた。
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • デアゴスティーニ セレクト通信販売
  • 隔週刊 ラリーカーコレクション 特設ページはこちら
  • DeAGOSTINI書店
  • カンタン会員登録


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑