HOME > ラリーカーコレクション > コレクション一覧

コレクション一覧

各画像はクリックすると拡大します。

本誌号数 内容

創刊号

スバル・インプレッサ WRC2003
一時代を築いたスバルインプレッサ。2003年にはペター・ソルベルグがスバル3人目の世界チャンピオンになった。

第2号

ランチア・ストラトスHF(1977)
ラリーで勝つことだけを目的に設計されたランチア・ストラトス。1977年のモンテカルロを勝ちとったマシンだ。

第3号

スバル・インプレッサ WRC2008
インプレッサWRC2008はスバルにとって初めての5ドアWRカーであり、そして最後のWRカーとなった。

第4号

三菱・ランサーエボリューション VI(1999)
トミ・マキネンは、1999年にランサーエボリューションVIでモンテカルロ初優勝を飾った。

第5号

トヨタ・セリカ GT-FOUR(1990)
カルロス・サインツをWRC初優勝に導いた歴史的マシン、それがトヨタ・セリカGT-FOURだ。

第6号

ランチア・デルタ HFインテグラーレ16V(1989)
グループAデルタの第三世代にあたるデルタHFインテグラーレは、一戦限りの真紅のボディが鮮烈な印象を残した。

第7号

三菱・ランサーWRC(2005)
ラリーの名門チーム三菱が起死回生をかけて送り出したWRカー、それがランサーWRCだ。

第8号

プジョー206WRC(2002)
プジョー初開発のWRカー206WRCで、マーカス・グロンホルムは2000年と2002年の世界チャンピオンに輝いた。

第9号

ランチア・デルタS4(1985)
ランチア・デルタS4は80年代中盤に猛威をふるっていたプジョーやアウディに打ち勝つべく開発された。

第10号

スバル・インプレッサWRC(1998)
WRカーへの変化の波が加速するなか、スバルはエンジンを大幅にアップデートした1998年仕様車を開発した。
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • デアゴスティーニ セレクト通信販売
  • 隔週刊 ラリーカーコレクション 特設ページはこちら
  • DeAGOSTINI書店
  • カンタン会員登録


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑