HOME > 必殺仕事人DVDコレクション > DVD一覧

DVD一覧

本誌号数 内容

創刊号

必殺仕事人 第1話 主水の浮気は成功するか?
【作品を紐解く】左遷されていた主水、江戸に舞い戻る

八王子に左遷されていた町奉行所の同心・中村主水に突然、江戸への帰還命令が下される。勘定奉行の稲葉が、主水の活躍を知りぜひ会いたいと言っているためだという。しかし昼行灯として有名な主水には、もちろんそんな心当たりはない。そして江戸に戻った主水は老人・鹿蔵に声をかけられ、ある人物を暗殺する“仕事”を依頼される。


必殺仕事人 第2話 主水おびえる!闇に光る眼は誰か?
【作品を紐解く】友人のため奔走する秀に迫る仕事人たち

押し込み強盗に夫を殺された井筒屋の内儀・おいせは、鹿蔵に仕事を依頼する。恨みを晴らしたい相手の強盗は横堀の庄兵衛と、鹿蔵は特定した。一方、秀の友人で同じ錺り職人・宗次は、三原屋の小間使い・恋人のおゆきに頼まれて三原屋の蔵の合鍵をつくっていた。だが実は、おゆきは庄兵衛の愛人で、宗次は強盗のために利用されていたのだ。


必殺仕事人 第3話 仕事人危うし!あばくのは誰か?
【作品を紐解く】殺しの依頼に隠された、一網打尽の罠

恋人の与之介から暴行を受けたお衣。与之介は渡り火消だが、裏では殺人・脱藩を犯し、秋月藩士の古賀源内から追われていた。度重なる非道にお衣はついに鹿蔵へ与之介殺しを依頼する。しかしこれは主水の上司・田口と、田口に雇われた与之介や源内らの策略。殺しの依頼を利用して、田口は闇の元締めと仕事人の一網打尽を狙っていた……。

第2号

必殺仕事人 第4話 主水は三途の川を避けられるか?
【作品を紐解く】江戸に現れた上方の仕事人、その目的は…

老中・須賀遠江守が、上方の仕事人・壬生蔵人に殺害された。この緊急事態に奉行所は、浪人者らの一掃を同心に命じる。鹿蔵は、蔵人の次の狙いが老中・須賀とつながって権勢を振るっていた日寛大僧正だと掴み、主水ら仕事人たちに日寛の警護を依頼する。もし日寛が殺されたら、奉行所の取り締まりがさらに厳しくなると案じたからだったが……。


必殺仕事人 第5話 三十両で命が買えるか?
【作品を紐解く】秀が狙われる!? 殺人に使われた秀の簪

廻船問屋・井筒屋幸右ヱ門の息子の信太郎は、女遊びが荒く、訴えられても親の財力に物を言わせて、何度となく訴えをもみ消してきた。ある日、秀のつくった簪を強引に手に入れた信太郎は、小料理屋の女将・お弓を力づくで我がものにしようともみ合ううち、簪で死なせてしまう。井筒屋は息子の身代わりとして、金を必要としていた松吉に目を付ける。


必殺仕事人 第6話 主水は葵の紋を斬れるか?
【作品を紐解く】天下御免! 将軍家に挑む仕事人たち

将軍の弟・松平聖二郎は市中で悪行の限りを尽くすが、葵の御紋を前に奉行所にも打つ手はない。聖二郎を恨む唐津屋が鹿蔵へ殺しを依頼するが、仕事人たちは危険すぎると断る。だが、勘定奉行・稲葉から鹿蔵へ直々に聖二郎殺しの依頼が入る。隣人を死に追いやられた恨みで、左門と秀も仕事を決意。結束した仕事人たちと聖二郎の大勝負が始まる。

第3号

必殺仕事人 第7話 主水をあやつるバチの音は誰か?
【作品を紐解く】新・元締め登場! 仕事を受けるのか?

絵師・勘次は素人女をモデルに裸絵を描くという催しを行っていた。勘次が連れてくる女たちの美しさは評判を呼び、ヤクザの吉兵ヱに目を付けられる。ついにモデルのおさよは連れ去られ、仲間入りを断る勘次は監禁、あげく斬られてしまう。勘次の死体が打ち上げられた現場に赴いた主水は、仕事人について歌う三味線弾きのおとわと出会う。


必殺仕事人 第8話 仕事人が可愛いい女を殺せるか?
【作品を紐解く】女二人の情念が“八丁堀殺し”へ

柳原の土手で、夜鷹が仕事人を探しているという。仕事人の噂が立つことを危惧したおとわは、その出所を探る。その頃、主水が頭の上がらない上司の同心・嶋村頼母は、妾・お種と一緒になるために医者とグルになって妻・藤を薬殺しようとしていた。そのたくらみに薄々感づいている藤こそ、仕事人を探していた夜鷹だった……。


必殺仕事人 第9話 螢火は地獄への案内か?
【作品を紐解く】母子が堕ちた悪徳商人の謀略

養父である呉服屋・井筒屋殺しの罪に問われた喜市郎が、島抜けをしてきた。秀は偶然出会った喜市郎に同情し、母のおひさ探しを手伝う。実はこの養父殺しの真犯人は、井筒屋主に納まった駒造と番頭の忠助。発覚を恐れる駒造は喜市郎を斬り、おひさはおとわへ殺しの依頼を残して跡を追う。母子の恨みを請け負った仕事人たちは闇の務めを開始する。

第4号

必殺仕事人 第10話 木曽節に引かれた愛のその果ては?
【作品を紐解く】男女の逃避行を追う仕事人の出張

湊屋との縁談を控えた息子・新左に、女郎・おりえとの縁を切らせようとした忠兵ヱ。しかし新左とおりえは、おりえの故郷・木曽を目指して駆け落ちしてしまう。おりえを追って女郎屋の七兵ヱらが出動するなか、忠兵ヱは新左の身を案じ、おとわに七兵ヱ殺しを依頼。おとわは、駆け落ちした二人の仲を裂かないことを条件に仕事を引き受ける。


必殺仕事人 第11話 極悪人ほどよく眠れるか?
【作品を紐解く】将軍家御用達の金看板に巻き込まれた恋

呉服商・唐津屋清造は、側用人・柳原主膳から将軍家御用達の認可を受けた。そして、清造の息子・清一郎に、柳原の妾の娘との縁談まで持ち掛けられる。しかし清一郎にはお春という恋人がおり、柳原の縁談を断って家を飛び出す。柳原とのつながりを重視する清造は二人を別れさせ、清一郎を連れ戻そうとするが……。


必殺仕事人 第12話 三味の音は七つの柩のとむらい唄か?
【作品を紐解く】刹那、おとわが看取った昔の男

おとわは昔の男、源八郎が7人の侍を斬り、相打ちの末に死ぬ瞬間を看取る。源八郎は飯塚藩家老・松野主膳に雇われ、脱藩した藩士の7人を斬ったのだが、実は彼らは藩の汚職を暴こうとした実直な藩士。源八郎は指令の卑劣さを悟り、自ら相打ちの道を選んだのだった。おとわは源八郎の無念を晴らすべく、自らが依頼人となって主水、秀、左門へ仕事を依頼する。

第5号

必殺仕事人 第13話 矢で狙う標的は仕事人か?
【作品を紐解く】新たな仕事人集団に対峙する主水たち

元仕事人・又蔵が弓矢で殺された。その後、おとわ、秀、主水のところにも矢が放たれる。仕事人たちに緊張が走るなか、又蔵の妻・お京がおとわに接触してきた。お京は又蔵の仇を討ってほしいと依頼する。その仇は、又蔵を仕事人にスカウトするも断られたという元締め。しかしお京がその名をおとわに告げる前に、お京は矢で撃たれ死んでしまう。


必殺仕事人 第14話 情は人のためにならないか?
【作品を紐解く】秀が行方不明?偽小判づくりの強制へ

悪党一味から偽小判作りを強制されていた錺り職人・鶴蔵。しかし衰弱した鶴蔵は仕事を続けることができなかった。そこで一味は鶴蔵の弟子・秀に目を付ける。秀は偽小判作り要員として捕らわれてしまった。その頃、鶴蔵の娘・お花は、行方知れずになった父の捜索を奉行所に願い出ていた。そして、担当を押し付けられた主水が捜査にのり出す。


必殺仕事人 第15話 その仕事の依頼引け受けるのか?
【作品を紐解く】悪徳商人を追い詰めた、お上の決断

江戸は深刻な油不足で庶民は大弱り。だが、水油問屋の小津屋・殿村屋・高田屋は悪どい商売で暴利を貪る。見かねた奉行は闇の仕事人へ3人の殺害を依頼するため、主水を連絡係に命じる。一方、小津屋市兵ヱは女中・おかよの弱みにつけ込んで弄ぶ。逃げ出したおかよと偶然出会った秀は匿うが、結局、市兵ヱにおかよは殺されてしまう。

第6号

必殺仕事人 第16話 綺麗な花には何故刺があるのか?
【作品を紐解く】札差に嵌められた堅物同心の悲劇

主水の同僚・北出角之進が夜の見回りをしているとき、体調が悪くなったという若い女おふじと出会う。北出は駕籠を呼びおふじを助けるが、そのすぐ近くでは盗賊が蔵を破り金を盗んでいた。このおふじ、実は札差・坂井屋の妾であり、坂井屋が操る盗賊の見張り役だった。その後おふじは、盗賊の捜査の探りを入れるため北出に接触を図る。


必殺仕事人 第17話 鉄砲で人を的にした奴許せるか?
【作品を紐解く】"本物の恨み"を生んだ陰惨な鉄砲組

鉄砲の腕を競い合っていた大久保村の鉄砲組3人は、なんの罪もない農民夫婦を射殺した。夫婦の娘・お安はこの恨みを晴らすべく江戸の往来で座り込み仕事人を探す。これを見たおとわがお安の事情を調べるなか、主水は若い女と市中を歩く鹿蔵を見かける。鹿蔵と再会をはたした主水は、おとわには内緒にしてくれという鹿蔵に強請りをかける。


必殺仕事人 第18話 武器なしであの花魁を殺れるのか?
【作品を紐解く】教養の高い別格の遊女、花魁

花魁のあづまぢ太夫を信じて大金を貢いだ三郎兵ヱ。だが、あづまぢは裏切り、三郎兵ヱは無念の死へ追いやられる。娘のお冴は女郎に身を落として父の仇討ちの機会を狙うが、返り討ちにあい、協力した半吉とともに川に流される。一人生き残った半吉は、仕事人へあづまぢの殺害を依頼。警備の厳しさが増す吉原での仕事に、おとわたちは奇策を講じる。

第7号

必殺仕事人 第19話 仕事人が女に惚れて何故悪い?
【作品を紐解く】駆け落ちに見せかけられた男女の行く末は?

秀の恋人・お加代が、井筒屋の吉次と駆け落ちをしたという。だが実際は、廻船問屋の浜田屋徳兵ヱが若い男女を駆け落ちに見せかけてさらい、男を殺害、女をルソンへ売り飛ばすために集めていたのだ。奉行所には行方知れずになった男女の親が捜索の訴えに出るが、浜田屋と裏でつながっていた主水の同僚・野島誠之進はこれをすべてはねのけていた。


必殺仕事人 第20話 この世の地獄は何処にあるのか?
【作品を紐解く】日光街道で繰り広げられた惨状

おとわのもとに鹿蔵から手紙が届いた。そこには、鹿蔵が日光街道の旅のなかで目にした粕壁村の惨状と、村人たちに江戸の仕事人へ依頼状を出すよう道筋を付けたことが書かれていた。この惨状について主水は、将軍の日光東照宮参拝に先駆けて訪れている大目付・大日方主膳の仕業だと耳にする。村に向かった秀と半吉は村人からの依頼状を受け取るが……。


必殺仕事人 第21話 子隠しで昔の恨みを晴らすのか?
【作品を紐解く】手形無用で全国を巡る旅芸人

花川座の看板役者・花川染次は津軽屋宗兵ヱとの婚儀を控えていた。染次は裏では狐塚源三の仲間だが、一味と手を切る約束で身代金誘拐に手を貸す。だが、誘拐は殺害事件へと発展、犯人一味を恨むおみねから仕事の依頼が入った。おとわは、染次の腕にあるという、痣の形を耳にして驚愕する。なんと染次は生き別れた妹、お絹だった。

第8号

必殺仕事人 第22話 登城する大名駕籠はなぜ走るのか?
【作品を紐解く】急変! 男を狂わす大名の座

大田原藩は長男・和清が藩主の座に就き、三男の和之は絵草紙屋・伊八のところに転がり込んで自由奔放に暮らしていた。和之は檜屋のおゆきに惚れており、伊八に恋文を代筆してもらったり、屋敷から持ち出した金杯を贈ったりする。そして武士を捨て町人になるという和之に、おゆきも夫婦になることを決意。しかし、和之に藩主の座がめぐってくると急変し……。


必殺仕事人 第23話 渡る世間は鬼ばかりか?
【作品を紐解く】悪人から着せられた無実の罪と処刑

婚礼を翌日に控えた札差・板倉屋に強盗が入り、一家は皆殺しに。犯行現場で植木鋏を発見した主水の同僚・服部欽造は、板倉屋に出入りしていた植木職人・捨吉を捕らえ、ついには処刑する。そんななか、板倉屋の番頭だった忠助が新しく質屋を開いた。そこに服部が姿を見せる。実は2人は裏で手を組み、強盗と偽の犯人のでっち上げをしていたのだ。


必殺仕事人 第24話 冥土へ道連れを送れるか?
【作品を紐解く】強請りのネタになった、奉行所の調書

公事師の会田玄斉は不正に知り得た情報を利兵ヱに流し、恐喝に手を貸していた。芸者の菊千代を囲い者にするため、玄斉は過去に菊千代が受けた暴行事件をネタに汚い手を使うが、菊千代は一向になびかない。プライドが傷ついた玄斉は利兵ヱに菊千代殺害を命じる。だが、死を予感していた菊千代は密かに殺しの依頼を残していた。

第9号

必殺仕事人 第25話 裏の裏のそのまた裏に何があるのか?
【作品を紐解く】盗賊vs.仕事人、闇を制するのはどっちか?

主水の担当区域で押し込み強盗事件が起きた。犯人は盗賊・闇の十兵ヱ。そんななか、夜回りをする主水の前に十兵ヱの娘・佐和が現れる。十兵ヱは子分の已之吉に殺され、現在は已之吉が二代目十兵ヱとして荒し回っているという。佐和は父の仇・已之吉を殺すつもりだが、自分が仕損じたら代わりに已之吉を殺してほしいと主水に依頼する。


必殺仕事人 第26話 半吉は女の愛で立ち直れるか?
【作品を紐解く】半吉に迫る、幼なじみと示現流の魔の手

ある日、半吉は幼なじみのお袖と再会する。お袖は薩摩藩の奥向き女中として中臈・萩野に仕えていた。御年寄・藤波にいじめられ塞ぎ込む萩野を心配するお袖は、半吉に屋敷に潜り込んで萩野を楽しませてほしいとお願いする。そしてお袖の手はずで半吉は屋敷に潜入。しかし、萩野と半吉が楽しく話す現場を藤波に見つかってしまい……。


必殺仕事人 第27話 死を賭けて虎の尾が踏めるのか?
【作品を紐解く】底冷えの寒さを癒す、江戸の炭事情

仕置の帰り、辻斬りに偶然出くわした秀。顔を見られた犯人は秀の似顔絵を目安箱に投げ込み、秀に罪をなすりつけようとする。機転をきかせて握りつぶした主水は、「お前も相手の面を見てるだろ?」と秀に真犯人の似顔絵を描かせ、市中に正式な手配書として貼り出す。仕事人と辻斬り犯との闘いが始まった。

第10号

必殺仕事人 第28話 尼寺に鬼女は棲むのか?
【作品を紐解く】悪女のもとで暗躍する御庭番

秀が懇意にする呉服小間物屋・越中屋は、大奥御用達の金看板のおかげもあって大繁盛していた。これをおもしろく思わないのが、向かいに店を構える同業の一文字屋。その主人・万造は、大金を積んで大奥中臈の座につかせていた一人娘・雅とともに、雅の美貌と権力を利用して越中屋を失墜させようと目論んでいた。


必殺仕事人 第29話 新技 腰骨はずし
【作品を紐解く】木更津からやってきた仕事人を知る男

主水は江戸の往来で突然、初老の男に十両を渡され、旗本・松浦市之介を"仕事"するよう頼まれる。とぼける主水だったが、男は「よろしくお願いしますよ、中村さん」と声をかけ姿を消してしまった。主水、秀、左門は、仕事人という裏の顔を知るこの男を探し出して正体を暴くため、旗本・松浦の身辺を探ることから始める。


必殺仕事人 第30話 酔技 田楽突き
【作品を紐解く】縁起熊手に願いを込めた、酉の市

主水の同僚、中塚六兵ヱが盗賊・白虎を捕らえた。だが、かつて白虎に家族を殺され、白虎の顔を目撃していたお清は、磔にされた男を見て人違いだと叫ぶ。間もなく、仕事人へ「真の白虎を殺してほしい」と依頼が入る。主水は偽者の白虎を捕らえた中塚を疑い監視を続けるが、堅物の中塚の楽しみといえば、左門の屋台で一杯やる程度だ。
定期購読お申し込み

定期購読お申し込み

  • 『隔週刊 必殺仕事人DVDコレクション』 特設ページへ


Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN ALL rights reserved.
↑